三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
146 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【3079】[投稿者削除]

【3225】Re:BS熱中夜話で三国志 おりふ 2008/9/26(金) 0:27
┗ 【3227】Re:BS熱中夜話で三国志 清岡美津夫 2008/9/28(日) 22:14 雑談
┗ 【3252】第1夜 劉備 -蜀-編 清岡美津夫 2008/10/23(木) 20:30 ひと言

【3225】Re:BS熱中夜話で三国志
 おりふ WEB  - 2008/9/26(金) 0:27 -

引用なし
パスワード
   レスありがとうございます!

▼清岡美津夫さん:
>▼おりふさん:
>>収録に参加してきました。
>>ご意見番には明大教授の加藤徹さん
>>http://www.geocities.jp/cato1963/
>>が出演していました。加藤先生の研究テーマは京劇とのこと。
>>京劇って東洋史研究の中に入らないのですか?
>>文化史とかになるのでしょうか。
>
>そうですね。言われてみれば東洋史のような気がしてきました。実際のところは知りませんが、私のは軽率な素人判断であったことは間違いないですね。
>[#3220]では、例えば現在の大学において『三国演義』の研究者が「東洋史」にカテゴライズされるんじゃなくて「中国文学」にカテゴライズされるというようなニュアンスで使っていました。

いえいえ、私も社会学専攻の全くの門外漢なので素人判断なのです。
史学に京劇が含まれるかはわかりません、、識者の方にご意見いただきたく、、
中国文学と言われれば正にそんな気がします。

>>ちなみに番組の趣旨は愛好家が熱く語ることによって、そのジャンルを
>>知らない視聴者が興味を持つこと、なので史実ばかりの話を
>>するわけではありませんでした。その観点からするとドラマとしての
>>三国志に精通しており、非常にテレビ慣れしてそうな感じだった加藤教授
>>はよい人選だったのではと個人的には思いました。
>
>「史実ばかりの話をするわけではありませんでした」という辺りに『三国志』が受容されにくい素地が視聴者に依然として根強くある、あるいは依然としてあると思われているのだな、と個人的に感じました。
>『三国演義』やその他創作物に全く触れない、とまでは想定していませんが、『三国志』及びそれに記述される時代に関連した文献グループ単体で採り上げられることは未だないんだな(これからもない?)、という寂しさが私にはありますね。
>(今回のこととは別に一般的な話として、やはり『三国志』を採り上げるとすると、創作物というオブラートに包んで飲みやすくしないといけない状況なんだなぁ、と改めて感じました)

やっぱり一般向けなので厳密な区別を毎回はしていなかったですね〜
(やつい氏も加藤教授ももちろんそのことを説明しながら話していましたが
受け取るほうが意識していないとあまり気がつかない点かもしれません。)
むしろ個人的には歴史としての三国志と物語としての三国志の違いがあることに
一般の方に気づかせて、その違いが実は深くて面白いんだとアピールできれば
それだけでも三国志ファンの裾野を広げる意味で成功なんじゃないかなと
思ってます。(身近な日本史にすらその違いがあることに気づいていない人は
多いわけですし)

ただそれとは別にNHKの方と休憩時間に話していてエンターテイメントとして
三国志を楽しむこともいいけどきちんと史学的、アカデミックな面も
番組として強調していきたいと言っていました。史学科出身でもなく完全に
エンターテインメントとしてしか三国志を捉えていない自分にとってはテレビの
方からそのような指摘を受けることは新鮮でもあり戒めになったことも事実です。

【3227】Re:BS熱中夜話で三国志
雑談  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2008/9/28(日) 22:14 -

引用なし
パスワード
   こんばんわ。
どうも返信ありがとうございます。

▼おりふさん:
>>>ちなみに番組の趣旨は愛好家が熱く語ることによって、そのジャンルを
>>>知らない視聴者が興味を持つこと、なので史実ばかりの話を
>>>するわけではありませんでした。その観点からするとドラマとしての
>>>三国志に精通しており、非常にテレビ慣れしてそうな感じだった加藤教授
>>>はよい人選だったのではと個人的には思いました。
>>
>>「史実ばかりの話をするわけではありませんでした」という辺りに『三国志』が受容されにくい素地が視聴者に依然として根強くある、あるいは依然としてあると思われているのだな、と個人的に感じました。
>>『三国演義』やその他創作物に全く触れない、とまでは想定していませんが、『三国志』及びそれに記述される時代に関連した文献グループ単体で採り上げられることは未だないんだな(これからもない?)、という寂しさが私にはありますね。
>>(今回のこととは別に一般的な話として、やはり『三国志』を採り上げるとすると、創作物というオブラートに包んで飲みやすくしないといけない状況なんだなぁ、と改めて感じました)
>
>やっぱり一般向けなので厳密な区別を毎回はしていなかったですね〜
>(やつい氏も加藤教授ももちろんそのことを説明しながら話していましたが
>受け取るほうが意識していないとあまり気がつかない点かもしれません。)
>むしろ個人的には歴史としての三国志と物語としての三国志の違いがあることに
>一般の方に気づかせて、その違いが実は深くて面白いんだとアピールできれば
>それだけでも三国志ファンの裾野を広げる意味で成功なんじゃないかなと
>思ってます。(身近な日本史にすらその違いがあることに気づいていない人は
>多いわけですし)

どうもポジティブな意見ありがとうございます…というか先の私の書き込みが恥ずかしい感じですね(笑)
そうですね、まず(優先順位が最も高く)、一般の人にきっちり理解とまでは言わないまでも、史書の『三国志』と白話小説の『三国演義』があるんだなぁ、と何となくでも心のどこかに留めて貰うようになってほしいな、と個人的には思います。
おそらく、三国志のことなど知らない多くの人が「何かジョン・ウー監督が中国歴史ものの映画をやっている」→「それは三国志が元になっているらしい」(※実際の映画は『三国演義』メインですが、日本の配給会社が「『三国志』を完全映画化」と喧伝しています)って感じですから、上記の違いってのは軽くスルーされそうなので、1三国志ファンとしてここらへんが先決かなと思いました。

今日、知ったんですが、まずは10月8日放送の『その時歴史が動いた』の第339回「三国志クライマックス!〜激動の英雄たち 3つの「その時」〜」を見届けたいと思います。
タイトルからして、前回の三国志もの[#T1561]のようにならないとは思いますが(というよりそう思いたいのですが)、そこらへんも見極めたいですね。
それと『BS熱中夜話』「三国志ナイト」を見比べたいです。

>ただそれとは別にNHKの方と休憩時間に話していてエンターテイメントとして
>三国志を楽しむこともいいけどきちんと史学的、アカデミックな面も
>番組として強調していきたいと言っていました。史学科出身でもなく完全に
>エンターテインメントとしてしか三国志を捉えていない自分にとってはテレビの
>方からそのような指摘を受けることは新鮮でもあり戒めになったことも事実です。

なるほど、作り手にそういう意向があるのですね。
それを聞いて少し安心しましたし、仮に今回が個人的にイマイチに感じても次以降の機会に希望が持てます。

ここらへん、どうも私は基準を見失いあやふやな感じなので、他の歴史ものである城愛好家ナイト、戦国武将ナイト、新撰組ナイトと比較し、相対化していきたいかと思います。

【3252】第1夜 劉備 -蜀-編
ひと言  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2008/10/23(木) 20:30 -

引用なし
パスワード
   劉備ナイトを見ました。
あまりとやかく書くのも野暮ったいので、一点だけ書き残しておきたいことを書きますね。

空城の計をご意見番が創作であるとコメントを残していなかったんですが、好意的に捉えきっとカットされたんだと思っていました。
続く諸葛亮のところで、何か引っかかることを耳にしたもので、思わず手元の電子文献で『華陽國志』や『晉書』を確認してしまいました。

・『華陽國志』後賢志
散騎常侍文立表呈其傳、武帝善之、再為著作郎。呉平後、壽乃鳩合三國史、著魏・呉・蜀三書六十五篇、號三國志、又著古國志五十篇、品藻典雅、中書監荀勗・令張華深愛之、以班固・史遷不足方也。

・『晉書』陳壽傳
撰蜀相諸葛亮集、奏之、除著作郎、領本郡中正。撰魏・呉・蜀三國志、凡六十五篇、時人稱其善敘事、有良史之才。夏侯湛時著魏書、見壽所作、便壞己書而罷。

確認した直後、ご意見番だしそんなことを発言するわけはなく、きっと私の聞き違いだと思い、撮ったビデオを見返し確認することはなかったんですが、番組公式サイトの「第1夜 劉備 -蜀-編」のページで私が気になった部分がばっちり載ってますね。

http://www.nhk.or.jp/nettyu/2008/sangokusi/1016/index.html

上記ページから下記へ該当部分を引用します。

--引用開始-----------------------------------------------
そんな仲達の子孫の命を受け、『正史三国志』が作成された。
--引用終了-----------------------------------------------

陳寿は晋武帝により著作郎に任じられましたが、『三国志』作成を命じられているという記述はないですね。
もしかすると『三国志』とは別の、私の知らない『正史三国志』というものがあるのかもしれませんが。

こういったことが残りの二夜全体の出来に響かないか部外者ながら心配になりました。
<sage>

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
146 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
474,231
(SS)C-BOARD v3.8 is Free