本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

調子の対照的な2チーム


※ラツィオの以前のマッチ・下降気味と上昇気味との戦い(2013年4月21日の雑記)

※インテルの前節・負傷者続出のインテルは(2013年5月6日の雑記)

 スカチャン1セリエA 2012/13 第36節 インテル×ラツィオを見る。 2013年5月8日現地時間20時45分キックオフのナイトゲーム。ミラノ、スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ。解説/実況:名波浩/八塚浩

 インテル4-3-2-1、ストラマッツョーニ監督
  1ハンダノヴィッチ
  42ジョナタン、23ラノッキア、40ユアン・イェスス、31ペレイラ
  17クズマノヴィッチ、10コヴァチッチ、19カンビアッソ
  14グアリン、11アルヴァレス
  18ロッキ

 ラツィオ4-4-2 ペトコヴィッチ監督
  22マルケッティ
  29コンコ、27カナ、3ディアス、26ラドゥ
  87カンドレーヴァ、24レデスマ、8エルナネス、19リュリッチ
  11クローゼ、99フロッカリ

 1位ユヴェントス83点、2位ナポリ72点、3位ミラン65点、4位フィオレンティーナ61点、5位ローマ58点、6位ウディネーゼ57点、7位ラツィオ55点、8位インテル53点

 前節ラツィオのクローゼが5ゴールで大勝な上、完勝だそうな。観客席に座るインテリスタのレプリカ・ユニフォームのスクデットマークがもの悲しいね。ファーガソンが今シーズンで勇退決定の報道があったと八塚さん。1分間の黙祷。インテルはいつもの青黒縦縞シャツに黒パン黒シャツ。ラツィオは白シャツに水色パン水色ソックス
 1分、立ち上がりはインテル悪くない。ミドルシュートに行き、キーパーセーブ。4分、味方同士が接触してハンダノヴィッチが倒れる。倒れたときに右肩を強打。ラツィオの選手も倒れている。6分、プレー再開。8分、ラツィオがロングボールを左サイドで胸トラップし、そのまま前へ進みクロスにクローゼが飛び込み流れでのシュートは弾かれる。左のコーナーキック。零れてのルーズボールはオフェンスファール。9分、コヴァチッチのスルーパスにロッキがラインを突破してすかさずのシュートはキーパーがセーブ。10分、ラツィオのカウンターはいなされる。11分、ゴールに迫るインテル。最後ジョナタンのシュートはブロックされる。15分、ラツィオの右からのファインクロスはうまくシュートまでいけず。18分、右からのジョナタンの折り返しのクロスはシュートまで行けず。19分、インテルの左からのコーナーキック。弾かれインテルがキーパーまで戻す。20分、ラツィオの右からのクロスにハンダノヴィッチが飛び出し、そこにフロッカリが詰め、他ディフェンダー二人と交錯し、ボールがゴールマウス左に転がる。0-1でラツィオの先制。リプレイではオウンゴールっぽい。22分、ラツィオのカウンターでバイタル右からのシュートまでいくが左に流れる。おしい! 24分、ラノッキアのオウンゴールに訂正。27分、インテルの選手が倒れている。29分、ボックス左へのスルーパスはカット。左からのコーナーキック。ジョナタン→24ベナッシ交替。19歳だそうで。31分、ラツィオの右からのシュートにキーパー弾き、それに詰めてボレーシュートをするが空振り、インテルが助かる。37分、左からのクロスにアルヴァレスが中央でジャンプしヘディングシュート。左上に飛びバーに当たりゴールラインを割る! 1-1でインテルが追い付く。35分、ロッキのミドルシュートはハンダノヴィッチがファインセーブ。36分、左のコーナーキックにロッキのボレーシュートは空振り。41分、インテルのミドルフィード。左奥のグアリンのマイナスのクロスにロッキが飛び込みそれが零れ、アルヴァレスが飛び込むもその前にクリアされる。45分、ボックス右奥からグアリンの折り返しのクロスから決定機が生じるがシュートまで行けず。しかしインテル攻めるね。47分、ラツィオのボックス右へのパス、そのニアに飛び込んでボールをキープ。足を掛けられファール。ペナルティキック! 48分、ハンダノヴィッチが反応したが届かず、エルナネスが左上に決める。1-2でラツィオリードのまま前半終了。
 ディアス→2シアニ交替。48分、グアリンが左からバイタル中央へ切り込みミドルシュート。惜しくも右に逸れる。51分、インテルの左からのクロスにファーでグアリンが頭を合わせるも左に流れる。ラノッキアがその場で座り込む。52分、続行が無理のようだね。ラノッキア→28パサ交替。58分、インテルの右からのクロスが中途半端に弾き、左からのグアリンのシュートは右に逸れる。59分、フロッカリ→15アルバロ・ゴンザレス、レデスマ→23オナジ交替。60分、ラツィオの左からのコーナーキック。そこからインテルのカウンターからのシュートが弾かれる。組み直し。65分、ロングボールをボックス内で落とし、それをグアリンが右で拾い、カットインしてのシュートは足元でカットされる。69分、グアリンがパスを受け、左からボックスへカットインしたときに足を引っかけられペナルティキック。69分、アルヴァレスがキッカーだか滑って、吹かせる。キーパーも反応していた。70分、エルナネスのミドルシュートはハンダノヴィッチのファインセーブ。75分、ラツィオの良い位置でのフリーキック。一回、素通りしたあとにカンドレーヴァがシュート。それが壁に当たり、零れたところをオナジがミドルシュート。それが右上に真っ直ぐにすすみハンダノヴィッチがジャンプし指先で触れるがそのままゴール! 1-3でラツィオが差を付ける。オナジはナイジェリアの選手でセリエで初ゴールだそうな。80分、コンコが倒れている。ラツィオの1点目はハンダノヴィッチのオウンゴールに変更。82分、ペレーラがイエローカード。累積で次節出場停止。アディショナルタイム4分。91分、右からのクロスに零れたところ、ボックス内でロッキがフリーになりシュートを打つが、マルケッティがセーブ。92分、再びボックス内でボックス左からのシュートはマルケッティが再びファインセーブ。1-3でラツィオの勝利で終了。

※インテル以降のマッチ・インテル応援のはずだが(2013年5月20日の雑記)

※ラツィオの以降のマッチ・史上初の決勝でのローマ・デルビー(2013年5月27日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22