本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

派手さはないがイタリア重要な一戦


※イタリア前節・代表戦の活躍がクラブのにも繋がるか(2012年10月17日の雑記)

※イタリア前戦・6月への前哨戦でもある(※2013年3月21日の雑記)

※関連・放送しないね(※2013年3月27日の雑記)

Rai Sport - Calcio - Malta - Italia 0-2
※結果がバレバレなページタイトルにページ本文ではあるが、日本からの正規ルートだとここでしか観戦できない。まぁ、結果は知っているが

 現地時間2013年3月26日 20:45キックオフ、ナイトゲーム。ワールドカップ2014 ヨーロッパ予選第5節 マルタ×イタリアを上記サイトで見る。2013年6月2日視聴。
 ピッチ上の実況陣、ボナセーラ、ボナセーラ、言っている。シャーラウィ、バロテッリ言ってる。イタリア国旗にパレルモと書いてあったり、応援いろいろだね。ステファン・エル・シャーラウィがしんがりで入場。マリオ・バロテッリが隣同士でイタリア国歌熱唱。あとリッカルド・モントリーヴォアバーテも。やっぱり合唱が盛り上がるね。

 マルタは赤ベースで肩から胸の上まで白のシャツ白パン赤ソックス

 イタリア4-3-1-2、プランデッリ監督
  1ブッフォン
  7アバーテ、15バルザッリ、19ボヌッチ、3デ・シリオ
  18リッカルド・モントリーヴォ、21ピルロ、8マルキージオ
  23ジャッケリーニ
  9マリオ・バロテッリ、14ステファン・エル・シャーラウィ

 マルタ4-4-1-1

 キックオフ、イタリアボール。いきなりのスルーパスがボックス左奥のマリオに通るが滑ってゴールラインを割る。ゴールキックは落ち着いてはらってキーパーに戻す。1分、ピルロが中盤でボールテイク。右からのミドルフィードがバイタル中央のステファンに通ったと思ったがトラップ後、ボールロスト。左からのシリオのパスにトラップ後、転ぶ。右からのアバーテのクロスをステファンがボックス左で折り返すもオフサイド。何かミランっぽい布陣。3分、マルタから中盤でカウンターをくらうが最終ラインに一人残っていて事なきを得る。4分、マルタのターン。右から一人抜かれるもフォローが入り、そこからのカウンター。前に進めず。5分、イタリアの右からの攻めがカットされ、ミドルフィードでマルタの決定機。しかしブッフォンがボックスから出てカット。マルタの攻め。ピルロがもう一人と挟むように中央でボールテイク。6分、マリオが中盤でステファンにパス。さらにマリオが中盤で左に張り、ステファンが左奥へ行く動き。コンビネーションだね。左に張ってからのクロスは弾かれるが、マリオの足元に戻り、ボックス左で起点になる。その後ろから回り込むようにステファンがカットインし、ドリブルし、足をひっかけられる。ペナルティキックを誘う。7分、マリオがキッカー。例のワンテンポ溜めるようなリズムでキーパーが左に飛ぶのを見てから右へ入れる。0-1でイタリアの先制! そしてステファンとマリオのコンビネーションでの得点だ。マリオにステファンがハグしにいき、その後、リッカがハグしにいく。8分、ボールを回すイタリア。9分、一度とられるもやはりボールを回す。9分、ボックス左に飛び込みミドルフィードを受けようとするシリオ。しかし合わず。10分、ミドルフィードにマリオがボックス内にて胸で落とし、ジャッケリーニが飛び込むも触れる前にカットされる。右サイドアバーテのコンビネーション。戻す。11分、ボックス左でステファンが戻しのパス。マリオがそれをワンタッチで返し、ワンツー成立。バイタル中央でステファンがシュートをするも惜しくも右へ逸れる。入れ! 13分、ピルロがフィルター役でボールテイク。ピルロのミドルフィードで左のステファンへ。戻してマリオ。しかし戻し右から。バイタル右からアバーテが浮き球。ボックス右でマリオが抜け出しトラップするが、オフサイド。14分、マルタのカウンターで、ボックス右に抜け出し、ブッフォンが飛び出す。ブッフォンの手が相手の足にかかりペナルティキックを与える。15分、左に蹴るもブッフォンが読み切りセーブ。拍手! ボヌッチが祝福でブッフォンの頭を叩く。16分、右でのスルーパスにアバーテが飛び出しそこからのクロスはカットされる。惜しい。17分、シリオへのスライディングで足を痛める。一旦、ピッチ外へ。18分、リッカが右サイドへ零れるボールを追い付き、中へ入れ、それをアバーテがオーバーラップからのクロス。キーパーキャッチ。18分、マルタのショートカウンターからのマークを前にしたままのミドルシュートは惜しくもクロスバー。19分、歓声に湧く。20分、ピルロのグラウンダーの縦パスにマリオがスルーでステファンに通るもシュートまでいけず。21分、右サイド中盤でのリッカとアバーテのコンビネーションが合わず攻守交代。22分、シリオのクロスは宇宙開発。23分、ボールを回すイタリア。24分、リッカが中盤右サイドからサイドチェンジ。ステファンが受け、右奥へそこから中央へのパスでマリオがスルーして、リッカがロングランし、ボックス進入からのシュート。これで入ればスーペルだったのにね。そう実況で言っているような気がした。25分、攻めるマルタ。オフザボールでぶつかりまくり。26分、イタリアのターン。ミドルフィードをボックス右でマリオが落とし、それをステファンが拾い、右をオーバーラップするアバーテへパス。そこからのクロスはブロックされる。27分、マルタのターン。ボヌッチがカット。ピルロへパスし、組み立てる。27分、マルキージオのミドルフィードがボックス内のマリオに通るが、勢い余って左に流れる。ラインを割らないように追い付いたところを狙われて攻守交代。28分、再びイタリア。バイタル中央で受けたステファンが戻して、それが再び返ってきて、バイタル中央のマリオへ。というよりステファンとポジションが重なっている。マリオが左にマークを外しミドルシュートは左上へ外れる。やっぱりステファンがうろちょろしていて邪魔。30分、マルタが距離のあるところからシュート。右隅に行くがブッフォンのファインセーブ。マルタの右のコーナーキックにニアで飛び込み足を合わせるが右に逸れる。マルキージオが中盤からドリブルで迫るもうまく崩せず。31分、ピルロの浮き球スルーパスにジャッケリーニが飛び込むもいなされる。それをステファンが拾い左コーナーで起点となる。32分、右サイドをリッカがドリブルで上がりクロス。ニアにステファンが飛び込むが二人に囲まれカットされる。33分、左サイドへボールを回し、ピルロに戻し、そこからのスルーパスにボックス右へとアバーテが飛び込むもシュートまでいけず。34分、左のステファンへのミドルフィードはカットされる。中盤でマリオが倒され、しまし相手選手とにらみ合い。レフリーに促されたのか握手。35分、ボールを回すイタリア。左奥へのシリオへのミドルフィードは通らず。36分、中盤左からシリオがステファンを使ってのヒールパスを混ぜるワンツーでバイタルまで上がる。そこからバイタルへのクロスにピルロがファールを誘う。37分、フリーキックにまずマリオがフェイントで空振りしてピルロが蹴るも壁に当たる。38分、ステファンが左コーナーにてボールをキープ、近くのシリオにパスし、そこからのクロスをマリオが頭に合わせるも浮く。39分、ロングフィードにステファンが追い付き、左奥で起点となり、バイタル中央の、マルキージオに戻し、ジャッケリーニに回り、右サイドのリッカに回る。そこからミドルシュートは浮く。42分、右サイド中盤のリッカのパスをバイタル手前中央で受けたマリオがファールを誘う。フリーキック。やはりピルロとマリオが並ぶ。マリオが直接狙うが浮く。44分、ボヌッチからのロングフィードがボックス左奥のシリオに通り、折り返すとマリオが居て、右を狙うシュートはキーパーが飛ぶも届かず、ゴール! マリオのドッピエッタ! そしてミラン勢の2得点。0-2でイタリアが差を付ける。前半終了、0-2でイタリアの勝ち越し。
 ブッフォン、ピルロ、ボヌッチ、3人仲良く出てくる。ピッチ上ではリッカとアバーテが何やら話している。
 45分、ボールを回すイタリア。46分、リッカから降りてきたマリオへのパスはファールを誘う。47分、ピルロのフリーキック。素通り。48分、マルタのターン。右から攻める。シリオがうまくいなす。49分、カウンター。マリオが右サイドからクロスを出し、ステファンがボックス左で合わせるも中でカットされる。51分、ボールを回すイタリア。52分、人混みの中からのマルタの右からのミドルシュートは左に逸れる。あぶねー。53分、カウンターでマリオの縦パスが右サイドのアバーテに抜け出し、アバーテがドリブルで上がって、戻し気味のクロスがジャッケリーニに通るもシュートを外す。55分、ピルロの浮き球が右奥のステファンに通り、ドリブルで組み立て直そうとするが右のラインを割る。57分、マルタが右サイドからカットインするがボックス内で転ぶ。ノーファール。というかマルタは日本の野球みたいな応援曲だな。58分、ボールを回すイタリア。59分、マルタがカウンターで崩しまくり、ボックス右からのシュートはディフェンダーのブロックに合う。敵ながらすばらしいガッツ。60分、ジャッケリーニ→20カンドレーヴァ交替。62分、ステファンが左サイドを長くドリブルで運び、ゴールライン際から中央へ切り込むが、キーパーとディフェンダーに囲まれカットされる。63分、マリオがゆっくりドリブルでバイタル右へと上がり、充分引き付けておいて、右のカンドレーヴァへパス。そこからの折り返しクロスはキーパーキャッチ。64分、ステファンゾーンからドリブルで動き、一旦、戻す。バイタル右のカンドレーヴァにパスを回るもチャージを受け、ファールを誘う。65分、ピルロのフリーキックは結果敵意素通り。リプレイだと相手のハンド。66分、カンドレーヴァの左からのドリブルでリッカに戻すパス。それをワンタッチで返しスルーパスにするが、カンドレーヴァに通らず。ロングフィードに右サイドでマリオが追い付くヒールパス。近くのカンドレーヴァに通るも囲まれる。68分、ボールを回すイタリア。70分、リッカからカンドレーヴァの縦パスはファールを誘う。ボールを回すイタリア。71分、崩しにかかるマルタ。リッカがボールテイク。そのパスをマルタの選手がテイクし、後ろからマリオがチャージし、ファール。それにマルタの選手が文句を言ったのかマリオは右の人差し指を鼻の前に立て「静かにしろ」の仕草。73分、ボールを回すイタリア。ステファンがファールを誘う。すぐに再開。ボールを回す。74分、カンドレーヴァが右サイドで二人を抜き去り、中央へより、ファーのマリオへのクロスを出すが、キーパーが飛び出しキャッチ。惜しい。76分、ステファン→16チェルシ交替。78分、左サイドでマルキージオからボックス左のマリオへミドルフィード。通らず。79分、ボールを回すイタリア。80分、マルタのターン。81分、マルタの選手交代。82分、マルタのゴールキックをいなす。しかし依然、マルタボール。83分、シャットダウンしようとする体勢のイタリア。ゆるゆるボールを回す。84分、ボックス右奥への浮き球、マリオが追い付き、戻しのパスにアバーテが飛び込むもブロックされる。85分、マリオ→11ジラルディーノ交替。ミランの新旧ストライカー交替とも言うべきか。87分、マルタの選手の足がピルロの股にかかりなんか険悪なムードになる。マルタの選手の交代。88分、カンドレーヴァの左からのクロスにジラルが飛び込み頭を合わせるも右に逸れる。やはり動きが元祖パッツォ。89分、ボールを回しブッフォンまで戻す。アディショナルタイム2分。90分、リッカの縦パスにジラルがバイタル右で受け、ボックス右奥に進みクロスを出すも誰も飛び込まず。キーパーキャッチ。試合終了、0-2でイタリアの勝利。監督同士の握手。

※イタリア次戦・1.5軍的な親善試合(※2013年6月1日の雑記)

※次節・マリオ&ステファン先発(※2013年6月8日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22