本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

MECCYA KUMASAN


NHKアニメワールド 銀河へキックオフ!!

 ふと思い立って、2013年5月19日日曜日に大型書店にアニメ『銀河へキックオフ!!』のマンガ版を買いに言って、最新の3巻しか置いてなくて店員さんに尋ねてみると2巻の在庫があるとかで、2,3巻を購入。家に帰って、ネットで在庫検索すると、同じ大型書店の逆方向にある支店に1巻が売っているとのことで買いに行って全巻揃える。そして5月25日土曜日の高速バスの移動時間まで楽しみにとっておいた。
 マンガ版は原作と同じ集英社からの出版。

原作では「キャプテン翼クン」だった(2012年12月22日の雑記)

 月刊『最強ジャンプ』に連載中で、おそらく小中学生対象のマンガ雑誌だろうか。川端裕人/原作(多分、小説を原作にした意)、若松浩/まんが、ホーム社/編集。

最強ジャンプ 公式サイト

 おそらく2012年10月4日発売、同年10月9日発行。400円で160ページ。200ページ近くある通常の単行本よりあからさまに薄く見える。雑誌2012年5月号(4月4日発売と思われる)から8月号までの分で、

 第1話 キックオフ!! 7
 第2話 三つ子の悪魔 49
 第3話 コーチ 87
 第4話 想定外の加入者! 123

 アニメ放送開始が2012年4月3日なので、ほぼ同時期に始まっており、第3話で花島監督の教え子を怪我させてしまった事件に触れており、下記雑記を参照すると、途中まで互いに進んでいる箇所も遅れている箇所もあったのだろうな、と思われる。しかしアニメの方が早く終了したので、やはりアニメからマンガへのトランスメディアと考えるのが自然かな。

青黒を捨てて赤黒(2012年7月3日の雑記)

 それで8:30発の高速バスにのり早速読み始める。コンピュータ彩色なのかアニメっぽい絵に見える。エリカの第一人称はアニメの「わたし」と違って「うち」でより関西弁っぽい。

・P.9 場所は明言はされてなかったがカンプ・ノウの出だし。そこから時を遡らせる出だし。
・翔のボールは星印が入るのでチャンピオンズリーグ公式球?
・P.43K2、3つのシーンを一枚の絵に纏めるダイジェスト・コマ。
・P.45K5、水晶を通して見たような大胆なデフォルメでの動きのある絵
・P.48 「目指せ銀河一!! 星プレイヤー講座 エラシコ編」 学習マンガの要素もあり。ちなみにP.122がルーレット編。
・第一話で志水が8人制を示唆している
・P.51のエリカの着る「MECCYA KUMASAN」Tシャツが気になる。というか欲しい。
・P.66K6 アニメと違ってボールが燃えたりファンタジーの入ってないエリカのシュート。

ファンタジー系に走るかと思った(2012年4月17日の雑記)

・P.80 虎太の「虎の啼砲」(とらのキャノンと読む)、背景の虎の絵あり。マンガオリジナルシュート名? まだアニメ自体どういう方向に進むか計りかねていたのか?
・P.103 もう花島監督の前のチームの事件が語られている。都川フラワーFC
・P.137 イブラ植松登場
・P.156 先に抽選会でライバルを出すという少年漫画的演出。
・巻末で原作者の川端さんも書かれているが、エリカがかっこよく描かれている。マンガ家の思い入れが出ているのか?

※次巻雑記・エリカ、竜持、植松のダイサン(2013年2月4日の雑記)

※追記・史上初の決勝でのローマ・デルビー(2013年5月27日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22