本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

5位6位対決


※フィオレンティーナ、以前のマッチ・アクイラーニ先発(2013年2月17日の雑記)

※ラツィオ前節・3位浮上なるか、苦手なラツィオ戦(2013年3月3日の雑記)

 CSのスカチャン1セリエA 2012/13 第28節 ラツィオ×フィオレンティーナを見る。2013年2月11日キックオフのマッチ。解説/実況:宮内聡/八塚浩
 1位ユヴェントス59点、2位ナポリ53点、3位ミラン48点、4位インテル47点、5位ラツィオ47点、6位フィオレンティーナ45点、7位ローマ43点、8位カターニア42点、9位ウディネーゼ40点、10位サンプドリア35点
 ラツィオ4-1-4-1。フィオレンティーナ(→ヴィオラ)4-3-3。落雷の予報あり。アクイラーニが先発に居ないけど、どうだっけ?…宮内さんによると出場停止中だそうな。
 1分、クローゼ、復帰のニュースが八塚さんにより告げられる。もうラツィオ戦を終えているミランにとっては朗報か?…でも3位争いの相手としては残念なニュースのような気がするが、まぁ欠場前にあんなシュートを見せられてはやはり復帰は嬉しい。7分。ヴィオラが左からショートクロスが入り、それにニアで飛び込むも、コントロールしきれず。17分、やはりヴィオラが攻めてラツィオがカウンター狙いで守る展開。18分、ヴィオラのリャイッチが左から切り込んで、バイタルへパス。そのスペースにヨベディッチが飛び込みグラウンダーのシュートを右端に流し込む。0-1でヴィオラの先制。31分、リプレイにて、守備にて味方同士でもめるラツィオ。何か最近、みた光景だ。35分、ラツィオのフロッカリがボックス進入し、左からのクロスをニアで受けシュートを打つも二枚に阻まれる。36分、何度も攻めるがその度にブロックされるラツィオ。40分、ゴールに迫るラツィオ。43分、ラツィオがカウンターでゴールに迫るが、最期のシュートはヴィオラがよく守り弾く。0-1で前半終了。
 ラツィオのエネルソン→コザーク交替。48分、ヴィオラの左寄りのフリーキックでリャイッチが右端で急激に落ちるシュートでキーパーが同じ右方向に反応したものの、指先を当てるだけが精一杯で、ゴールマウスに吸い込まれる。0-2でヴィオラが差を広げる。どうしたラツィオ?! 51分、雨が強くなってくる。ラツィオが裏を付くパスはクリアされる。58分、ラツィオのエルナレスの距離のあるところからのフリーキックは左を狙うもキーパーのセーブ。58分、ラツィオの左からのクロスに中途半端な頭でのクリアになり、零れたところをフロッカリがシュート。しかし右にそれる。入れろー。59分、まだ攻めるラツィオ。74分、ヴィオラ攻め、ラツィオ守りの展開。85分、ヴィオラのクアドラード→ロムロ交替。89分、ラツィオのフリーキックは壁に当たる。ゴール前に決定機はキーパーのファインセーブ。そこからのヴィオラのカウンターは無理をせず。アディショナルタイム3分。0-2でフィオレンティーナの勝利。順位入れ替え。

※ラツィオ以降のマッチ・6位7位のローマデルビー(2013年4月9日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22