本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

降雪の中


※広島前節・おさかなさん(2012年12月6日の雑記)

TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2012|日本テレビ

 日本テレビ系列でTOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2012 準々決勝 サンフレッチェ広島×アルアハリを見る。豊田スタジアム 都並敏史北澤豪/解説 中野謙吾/実況 ナイトゲーム

 サンフレッチェ広島3-4-3 森保一監督
  1西川
  24森脇、5千葉、4水本
  14ミキッチ、6青山、8森崎和幸、27清水
  7森崎浩司、11佐藤(キャプテン)、15高萩

 アルアハリ4-2-3-1 エルバドリ監督
  1エグラミ
  24ファティ、6ゴマ、23ナギーブ、12サハティド
  14ガリ、25アシュール
  19サイド、18ハムティ、11ソリマン
  15ゲド

 前々番組では28歳ゲドが要注意とのこと。雪が降っているね。
 キックオフ。アルアハリは短いパスを繋いでいく。1分、佐藤に抜けるもオフサイド。2分、ロングボールにゲドが抜け出し、キーパーが飛び出すもボールがその後方に転がる。惜しくも左に逸れる。キーパーの西川が仰向けに倒れる。リプレイだとゲドの膝が西川の顔に当たっている。13増田に交替。8分、アルアハリの容赦ない猛攻。パスで崩しに掛かる。広島が気を抜かず守る。9分、アルアハリ裏を狙ったグラウンダーの縦パスが出るも、ゲドに通る前に増田が飛び出て抑える。11分、ガリがエリア左に進入。何とかいなしゴールキック。13分、広島が組み立てつつ攻める。14分、ファティが右サイドでワンツーを混ぜながら上がってきて、ゴールライン際まで来るとフリーになっており、ワンテンポ、ボールを持った後に、そこから戻しクロスを出し、ボックス内中央に出たハムティがワンタッチで左に入れ込む。0-1でアルアハリ先制。17分、中盤でパスを繋ぎ組み立てる広島。ミキッチにパスが通るも折り返しのクロスは精度を欠き大きく外れる。19分、ミキッチにボールが通るもそこでカットされる。20分、短いパスを繋ぎ、最後、バイタル中央で森脇がシュートを放ち、キーパーに弾かれる。22分、ハムディがエリア右深くに切り込むもうまく対処し攻守交代。23分、崩してのミキッチからのグラウンダーのクロスは惜しくも合わず。24分、広島の左寄り離れたところからのFK。直接狙って壁をあたりつつ抜け、エリア右でフリーになるもののキーパーにセーブされる。28分、キャプテンのガリが膝を痛めた模様。担架で外に出す。22アブトレイカがアップ中、そのまま入る。31分、京都の左CK。アルアハリのクリアミスにミキッチがエリア中央にて頭で右に落とし佐藤寿人がそこに飛び込みキーパーの股を通し流し込む! 1-1で広島が追い付く! まだ勝ち越してないせいかパフォーマンスはなし。32分、広島が勢いづき、短いパスを繋いでいく。34分、広島が右CKに頭であわせるも笛。森崎和幸にイエローカード。36分、縦のミドルフィードにミキッチが飛び出しエリア右からのクロスに高萩が押し込もうとするも零れキーパーキャッチ。何か降雪が激しくなってきたような。41分、青山がラインを抜け、エリア内の佐藤へのパスはカットされる。続く右CKは弾かれる。45+1分、ミキッチがエリア右に飛び出てクロスを出すもカットされる。45+2分、ゲドがパスを貰いつつ、エリアに切り込むも広島がカバーする。1-1で前半終了。
 森脇→2ファン・ソッコに交替。47分、ボールを回し組み立てるアルアハリ。56分、アルアハリの浮かせたスルーパスにアブトレイカがエリア内にて高さで競り合い、相手が倒れたものだから、反転しそのままキーパーと1対1。冷静に左に流し込み、1-2でアルアハリの勝ち越し。63分、広島はアルアハリに崩されゴール前まで行かれる。最後はシュートが右にそれ助かる。65分、やはり自陣ボックス付近でボールを回される広島。66分、バイタル左で広島がFKゲット。68分、広島のカウンターでオフサイドと思われたものの、左からのクロスに佐藤が飛び込むも合わず。いれないと。71分、ハムディ→27トレゼゲ交替。77分、広島の左CK。弾かれ組み立てなおし。78分、清水の左サイドでの仕掛けでトレゼゲのイエローカードを誘う。エリア外左からのFK。79分、それに水本が飛び込むも大きく外れる。ソリマン→8バラカト交替。80分、佐藤がスルーパスで抜け出し絶好機も右に逸れる。84分、アルアハリのディフェンダーの雲に広島が抜け出し、エリア内でパスをつなぎ、最後、左の佐藤からのシュートは弾かれる。アディショナルタイム2分。91分、抜けたミキッチからのクロスは佐藤が追い付けず。試合終了。1-2でアルアハリの勝利! 選手全員、すぐに地に頭を着けアラーに祈りを捧げる。しかし広島は五位決定戦でウルサンと戦う訳だけど、なんだかロンドンオリンピックを連想させる展開だね。

メキシコは44年前の4位が最高成績(2012年8月8日の雑記)

※リンク追記・アクシデントが狂わせた広島のシナリオ : コラム | J SPORTS

 上記のコラムより「1点を追っての攻撃の割には、いまひとつアグレッシブさが足りなかったのだ」とのことで同感。爪が甘く見えてしまった。それと最後にはやはり韓国とのクラブとの5位に言及されている。

※広島次節・やはり好勝負にならない訳がない(2012年12月12日の雑記)

※アルアハリ次節・コリンチャンス・サポーターがやって来たと形容すべき(2012年12月12日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22