本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

メキシコは44年前の4位が最高成績


※U-23日本前戦・シンジより先にゴールを決めたかった(2012年8月4日の雑記)

 MBSロンドン五輪2012 男子サッカー 準決勝 日本×メキシコを見る。ウェンブリースタジアム。スタジオのコメンテーターが「(永井に対し)ディフェンスにしても守りにしても怖い」って言った! メインのコメンテーターはSMAPの香取さんじゃくて中居しゃん。メキシコも44年前の4位が最高成績かよ。日本は体幹見えまくりユニフォームでメキシコは白。そうかメキシコは前の試合を120分戦ったのか。6分、今日も清武&永井が冴えている。11分、左で崩しにかかり、徳永→東からの横パスを受け大津がバイタルエリアやや左からシュートを放つと右上に突き刺さる。ゴール! 1-0。19分、メキシコの縦のグラウンダーのスルーパスは超絶。しかし合わず酒井宏樹がカバー。20分、左で崩してのファビアンの不意を突く緩いシュートは権田がキャッチ。危ない。25分、左サイドで吉田×ドス・サントス。走り負けたかと思ったら、しっかりマーク。大津は左でボールを奪われたが、すぐに体を入れてキープ。やはり強い! 27分、崩されPA内に進入されまくりだったけど、最後のシュートは右にそれる。危ない。30分、メキシコの左のCKからファビアンが頭で合わせゴール。1-1でメキシコに追い付かれる。徳永がマークしてたんだけどなぁ。仕方ない。32分、カウンターを喰らうがうまくいなす。36分、バイタルエリアからの清武のシュートは左に逸れる。44分、メキシコのワンタッチでの繋ぐ崩しが巧い!
 49分、右での崩しで山口が飛び込んでシュートを放つも壁にあたりセカンドボールを永井がすぐにシュートを放つも枠外。57分、酒井宏樹にイエローカード。64分、メキシコ、左サイドから折り返しのパスでシュートは権田の正面でキャッチするも、前からのプレッシャーでディフェンダーが奪われ、ペラルタのバイタルエリアからのシュートは左上に突き刺さる。1-2で逆転。66分、右からのFKで扇原が頭であわせ、不意をつく緩いボールはキーパーに弾かれる。70分、東→杉本交替。76分、清武→宇佐美交替。78分、このままズルズルいきそうなパターン。82分、扇原→齋藤学交替。85分、杉本を起点にしつつ、マイナスのパスを受け齋藤のバイタルエリアからのシュートは体勢崩し大きく外れる。アディショナルタイム3分。気付いたら雨が降っている。90+2分、コルテスが右から攻めディフェンダーに囲まれるも、突破してPA進入しシュートしゴール。1-3、メキシコ初決勝進出。

※メキシコ次節・ブラジルの夢…(2012年8月11日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22