本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

コリンチャンス・サポーターがやって来たと形容すべき


※コリンチャンスのコパ・リベルタドーレス決勝2nd leg・すっかりコリンチャンスのとりこ(2012年7月5日の雑記)

※アルアハリ前節・降雪の中(2012年12月9日の雑記)

TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2012|日本テレビ

 日本テレビ系列でTOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2012 準決勝 アルアハリ×コリンチャンス 2012年12月12日生放送を見る。豊田スタジアム 都並敏史城彰二/解説 中野謙吾/実況 ナイトゲーム 1万人とも言われるコリンチャンス・サポーター。「日本」と書かれた日の丸の鉢巻きをしたサポーターも見える。コリンチャンスは白ジャージに黒パン白ソックス。アルアハリは全身赤。

 アルアハリ4-2-3-1 エルバドリ監督
  1エグラミ
  24プァティ、6ゴマ、23ナギーブ、12サハティド
  3ラビア、25アシュール
  19サイド、18ハムティ、11ソリマン
  15ゲド

 コリンチャンス4-2-3-1 チッチ監督
  12カッシオ
  2アレサンドロ、3シカン、13パウロ・アンドレ、6ファビオ・サントス
  8パウリーニョ、5ラウブィ
  20ダニーロ、10ドウグラス、11エメルソン
  9ゲレロ

 両チームとも慎重な出だし。コリンチャンスに固い守備に特徴があるそうな。7分、中盤でアルアハリの選手がコリンチャンスの選手を倒すと、すごいサポーターの反響。番組が言っているようにまるでコリンチャンスのホームだ。9分、右からのクロスが零れ、バイタルからドウグラスがシュートを打つも惜しくも左に逸れる。コリンチャンスが攻勢に転じている。10分、アルアハリのFKから完全に抜け出したラビアのヘディングシュートは右に逸れる。14分、右からのクロスでパウリーニョが飛び込むも左に零れる。18分、左サイドをエメルソンが上がり、クロスを出すもエグラミがキャッチする。19分、コリンチャンスが中盤でカットしショートカウンター。そして右CKをとる。パウリーニョの前に狙うがエグラミが飛び出し弾く。アルアハリのカウンターのチャンスだがバイタルに行く前に潰される。28分、コリンチャンスの左CK、一旦、弾かれ左サイドからファーへクロスを上げ、それをゲレーロが下がりつつダニーロに当たりながらも頭であわせ左に決める。0-1でコリンチャンスの先制。ゲレーロは左胸のコリンチャンスのマークを引っ張って観客に見せアピールする。大声援でカメラもその様子を遠景で見せる。72人の犠牲者が出るという凄惨な悲劇に見舞われ喪章を着けてのアルアハリとは対照的だが、近い将来、アルアハリも今のコリンチャンスのようにそうなってほしいところ。37分、アルアハリの右サイドからのクロスはボックス内で弾かれる。
 47分、カウンターでエメルソンが右からドリブルで上がりシュートを打つもシュートコースを消され右に逸れる。47分、コリンチャンスのショートカウンターで左CKゲット。52分、アルアハリが右サイドから上がってきてバイタルからシュートを打つがジャストミートせずボテボテ。54分、サイド→22アブトレイカ交替。エグラミが太股を押さえ倒れる。負傷? リプレイだとゴールキックの直後に痛めたようだ。61分、エグラミがベンチに向かって合図したそうな。アルアハリが組み立てて攻める。62分、零れた球をラビアがミドルシュート。惜しくも右に逸れる。64分、エグラミ→16ザキ交替。65分、試合前、コリンチャンスはブトレイカ対策を入念に行っていたと都並さん。アルアハリの放り込みのスルーパスにボックス右にプァティが飛び込み、それにカッシオが飛び出し、ボールは右のサイドネットを揺らす。惜しい。67分、左からのハムディの左からのクロスはゴール前で弾かれる。69分、ロマリーニョが準備中。22歳の誕生日だそうな。70分、コリンチャンスの右CK、ニアで弾いて、それを拾ってオフサイド。71分、アルアハリのミドルフィードのスルーパスにボックス内でワンタッチするも収めきれずキーパーキャッチ。72分、マイナス気味のパスを貰ってアブトレイカがミドルシュートを打つも弾かれ左に逸れる。左CKは弾かれフリダシに戻す。73分、中盤からのショートカウンターでパウリーニョがボックス中央で粘りシュートを打つも目前でカットされる。74分、右CKを弾きアルアハリのカウンターは中盤でファールを使って止められる。エメルソン→31ロマリーニョ交替。75分、前掛かりのアルアハリからボールを奪い、パスを繋ぎロマリーニョが遠くへ向けたグラウンダーのパスを出し、パウリーニョがそれに走って追い付こうとして、チャンス到来。それをボックス内左で追い付きディフェンダー二人と競り合い。しかしパウリーニョのファール。80分、ドウグラス→23ジョルジ・エンリケ交替。79分、ゲド→9メタエフ交替。82分、ボールを回すアルアハリ。ソリマンのミドルシュートは浮く。84分、ソリマンの左からのクロスは弾かれる。短いパスを回すアルアハリ。完全に引くコリンチャンス。85分、ハムディのボックス内右からのシュートはキーパー正面。86分、ラビアの距離のあるシュートは完全に浮く。89分、短いパスを繋いで崩そうとするアルアハリ。全然、動じないコリンチャンス。アディショナルタイム5分。91分、ゲレロ→26アンドラーデ交替。94分、アルアハリ、右サイドを上がってのクロスはボックス内で弾かれキーパーキャッチ。試合終了。0-1でコリンチャンスの決勝進出。

※アルアハリ次節・足でものをいわすモンテレイ(2012年12月16日の雑記)

※コリンチャンス次節・ダビド・ルイス×エメルソンに注目(2012年12月16日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22