本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

ジョヴィンコ&オスヴァルドのツートップ


※イタリア前節・パッツォの決定機(2012年9月12日の雑記)

Video Rai.TV - RaiSport - Armenia - Italia vola | La Partita
※結果がバレバレなページではあるが、日本からの正規ルートだとここでしか観戦できない。まぁ、結果は知っているが

 現地時間2012年10月12日 20:45キックオフ、ナイトゲーム。ワールドカップ2014 ヨーロッパ予選第3節 アルメニア×イタリアを上記サイトで2013年6月3日に見る。
 ピッチ上での生演奏でイタリア国歌! それでもやっぱり歌うアッズーリたち。ジョビンコ、ピルロ、ブッフォン、リッカがスタメン。ヘイ! 結構、イタリアサポーターが来ているね。

 イタリア、プランデッリ監督
  1ブッフォン(カピターノ)
  2マッジョ、16バルザッリ、19ボヌッチ、4クリシト
  16デ・ロッシ、21ピルロ、18リッカルド・モントリーヴォ、8マルキージオ
  10ジョヴィンコ、17オスヴァルド

 アルメニアは赤一色にオレンジのライン。イタリアは青シャツ白パン青ソックス。
 リッカがいきなり左からボックス進入し、シュート。キーパーが押さえる。2分、クリシト(マスクを付けている)のニアへのパスにジョビンコがボックス進入。かわされる。ジョビンコがボックス左へあがりそこからの戻りのパスにターンしてのマルキージオのシュートはキーパーが押さえる。4分、戻りのパスをペナルティアークでジョビンコが受け、加速する際にファールを誘う。5分、キッカーはジョビンコかピルロかピルロの左上を狙うシュートはキーパーのファインセーブ。左のコーナーキックにアルメニアのカウンター。まくいなす。6分、アルメニアが高い位置でカットしてショートカウンター。クリシトが戻ってきて、なんとか防ぐ。7分、右サイドでのワンタッチでの抜け出しにリッカが上がってきてファーへパスするが合わず。9分、パスを回すイタリア。左サイドをクリシトが抜け出し、ゴールライン際で戻しのパス。ボックス内。ニアにリッカが詰め意表を突くサイドキック。キーパーが弾き、さらにリッカがクロスを出すとディフェンダーの手に当たる。イエローカードが出て、ペナルティキック。10分、ピルロがキーパーが右に飛んだ所を冷静に左に決める。0-1でイタリアの先制。13分、アルメニアのカウンターで右サイドを上がってくる、ボヌッチが追い付きひっぱり倒す。イエローカード。14分、ボックスの右角でフリーキック。ブッフォンがファインセーブ。上に弾く。19分、アルメニアの猛攻、ミドルシュートは左に逸れる。21分、リッカのスルーでデ・ロッシに渡り、そこからリッカに戻すパス。22分、リッカが高い位置でカットして、すぐさま縦パス。バイタル中央でオスバルドが受け、振り向き様のシュートはブロックされる。25分、アルメニアのグラウンダーのミドルシュートは左に逸れる。26分、バイタル右からのピルロの放り込みのパスにボヌッチが飛び込むも空振り、オスヴァルドが足を当てるも外へ。中盤でアルメニアがカットし、一人18番が飛び出て背中の服を引っ張られつつもシュートし、ブッフォンが前に出ても間に合わず、ボールはゴールの右に入る。1-1で追い付く。その前にマッジョが後頭部を打ったようで担架が用意されるが使われず、アイシングした状態でピッチ外へ出る。29分、距離のあるところからピルロのフリーキック。壁に当たる。30分、マッジョが右サイドでボールを運ぶ。32分、フリーキック。ジョビンコかピルロか。ピルロが駆け寄ったあと、ジョビンコがシュート。キーパーキャッチ。33分、マッジョの戻し気味のクロスは中でカットされる。37分、ボックス左奥へリッカ。そこからのクロスに誰も詰めず。37分、アルメニアの23番が右サイドを上がり、シュートまで行く。ブッフォンが押さえる。38分、パスした後、マッジョが右サイドライン際で足を掛けられる。39分、ピルロのフリーキック、ボックス左前に零れ、そこからのジョビンコのフリーでのシュートは落ちきれず。41分、ピルロの縦パスをカットしてじりじりとドリブルであがる。それからミドルシュート。ブッフォンがキャッチ。41分、オスヴァルドがボックス左奥に進入そこからの浮き球のクロスがファーに流れ、リッカに通るもオフサイド。43分、ドリブルでぐいぐいくるアルメニア。44分、ピルロの縦パスにボックス内でリッカがフリーになり、シュートを打つも焦ったのか左方向へ大きく外れる。悔しがるリッカ。45分、ジョビンコが足をかけイエローカード。46分、アルメニアの右サイドからのフリーキックは大きい。1-1で前半終了。
 アルメニアからのキックオフ。ゴールに迫るアルメニア。ボックス右からのシュートはブッフォンが弾く。48分、アルメニアの選手23番がが倒れている。50分、ボールを回すイタリア。ジョビンコが左奥へ抜け出し、クロス。素通りしたかと思われたが、デ・ロッシが拾う。そこからパスを回し、ジョビンコがボックス左でマークを外してからのシュートは浮く。52分、高い位置でジョビンコがカットするがすぐに奪い返され、逆にカウンターのピンチ。右サイドからのクロスは素通り。助かる。53分、ジョビンコが左サイドからドリブルで加速する前に倒される。54分、バイタル左からピルロのフリーキック。合わず。リプレイだとアルメニアの選手の手に当たっている。56分、アルメニアが右サイドを抜け出し、フリーの状態でクロス、それがファーでボレーシュートを打つ。しかしブッフォンが反応しファインセーブ。57分、ステファンがスタンバイ。攻めるアルメニア。ボックス左に切り込み、ディフェンダー二人の間を抜くシュートはブッフォンが押さえる。あぶねー。58分、高い位置でカットし、リッカが右サイドから切り込み、相手のイエローカードを誘う。バイタル右からのピルロのフリーキック。ジョビンコ→14ステファン・エル・シャーラウィ交替。59分、フリーキックは壁に当たる。組み直し。クリシトが左サイドからスペースを埋めるようにドリブルで突き進みそのシュートは外れる。60分、ステファンのハイプレス。パスの受けてのファールを誘う。62分、キーパーのパスを高い位置の左サイドでステファンがカット。そのままシュートを狙うが、キーパーが戻り収める。63分、ワンタッチでのピルロの右からの浮き球にデ・ロッシが飛び込みダイビングヘッドバッド。それがバーに当たり下に落ちる。ゴール! 1-2でイタリアが差を付ける。64分、アルメニアの選手の交替。65分、オスヴァルドが右サイドを上がり、パスがカットされるものの、跳ね返りを拾い、さらに上がる。右サイドからのクロスにニアのリッカが繋いで左に、バイタル中央のステファンがシュートを打つも目前でブロックされ、右のコーナーキックに。69分、左から攻めるアルメニア。70分、アルメニアがワンタッチでボックス左へのスルーパス。通るもそこからマークを外せずブッフォンが拾う。73分、ピルロ→13ジャッケリーニ交替。74分、アルメニアが右へとスルーパス、ボヌッチがいなしたように見えたが狙われ、アルメニアの18番がボールテイク。そこから折り返すように切り込み、そこからのクロスでゴール前でフリーに。そこからのシュートを戻ったディフェンダーが弾く。74分、或る絵ニアの選手にイエローカード。76分、イタリアが高い位置でカット、ゴールに迫るもボックス内で滑ってふかす。79分、ステファンゾーンにパスが通るがそこからのパスがカットされる。79分、マッジョが右サイドを切り込み、ゴールラインまで行ってから折り返しのクロス。それがポストに当たって、零れた所をステファンがフリーになったが、そのシュートはカットされる。いれろよー! セカンドボールをオスヴァルドが拾うが追い立てられ、一旦、ボックス外へそこで相手に倒され、イエローカードを誘う。ボックス左角からのフリーキック。デ・ロッシがキッカー。放り込みのキックにオスヴァルドが頭を合わせゴール!(ローマ・ホットラインだ) 1-3でイタリアが差を付ける。オスヴァルドが後ろ向きに走って、みんなでハグ。ダンゴ状態。リプレイでプランデッリ監督が両手を上げ振って喜びを表していた。83分、アルメニアに左からボックス進入される。そのクロスをブロック。左からのコーナーキック。弾く。85分、ボールを回すイタリア。走らすパスをステファンが拾うが決定機はできず。87分、リッカ→9カンドレーヴァ交替。89分、何かオフ・ザ・ボールのやりとりが少々激しい。アディショナルタイムが判らない。92分、デ・ロッシのミドルフィードをカンドレーヴァが抜け出して受けるもオフサイド。93分前に試合終了、1-3でイタリアの勝利。

※イタリア次節・代表戦の活躍がクラブのにも繋がるか(2012年10月17日の雑記)

※次回の同カード・プランデッリの言うようにランクアップに貢献できるか(2013年10月16日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22