本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

ストーク・ファンが新鮮


「ゆるキャラまつりin彦根」に孔明わん&関うーたん(2012年10月20日21日)(三国志ニュース)

 上記の別ジャンルのブログ記事での追記部分からの続き。
 その日は「秋の乗り放題パス」三回目二日目で、関西から東海道線利用で、東京経由で阿佐ヶ谷駅に向かっていた。

「秋の乗り放題パス」の発売について:JR西日本

 列車の中では結構、下記の『中国動漫新人類』を読んでいて、メモを頻繁にとっていた。もちろんカルチョと無関係だけど。

中国動漫新人類(2008年2月12日)(三国志ニュース)

 23:08に阿佐ヶ谷駅に到着。そして向かった先はいつものように東京のスポーツバー「ミラニスタ」だ。

東京のスポーツバー ミラニスタ

 元々は予定していなかったが、折角の「秋の乗り放題パス」期間内のラツィオ×ACミラン戦なので、同じミラニスタと一緒に見ようと思い、五日前ぐらいに予約の電話を入れると、オーナーさんが対応して下さった。というわけで一週間ぶりの東京のスポーツバー「ミラニスタ」だ。

デ・ヨング&エマヌエルソンのオランダ勢(※2012年10月14日記事)

 店にはいるとマンチェスター・ユナイテッド×ストーク・シティが上映されていて試合時間はすでに20分過ぎていた。とりあえず長旅の後のミラン戦に備えての腹ごしらえだと思い、ピッツァをかずたかさんに注文し食べ終えると、さらにペペロンチーノも注文する。行儀悪くノートPCを広げながら食べていたので、汁が液晶モニターについてしまった(汗)。それで以下、そのマッチのメモ。店にはストーク・シティファンの外国人の方が来られていて、その回りの日本人がおそらくマンチェスター・ユナイテッドのファンだったので、なんだか日本人側はゴールに対し遠慮して喜んでいた印象があった。

 11分、ストークの右CKでルーニーのオウンゴールを誘う(あとのハイライトで確認)。26分、ファン・ペルシーの左からクロスからルーニーのヘディングで1-1に追い付く。失点はルーニーのオウンゴールだそうな。33分、左サイドからの右奥へのロングフィードにルーニーが折り返してのパスを出し、エリア進入のウェルベックにわたるも防がれる。38分、中央で崩すが防がれる。43分、ウェルベックの左サイドからのグラウンダーの股抜きショートクロスにニアのファン・ペルシーがワンタッチでゴールマウスに流し込む。2-1。45分、ルーニーの右サイドからのクロスにウェルベックが飛び込んで頭で決める。3-1でユナイテッドが差を広げる。55分、右からのグラウンダーのクロスのウェルベックの足が届かず。57分、ストークが一人ドリブルで切り込み(4,5人抜いて)ゴールまで行く。3-2で差を縮める。64分、右のCKの零れ玉にファーのルーニーが決め4-2で再び差を広げる。アディショナルタイム3分。そのまま4-2でマンチェスター・ユナイテッドの勝利。

 というわけで、下記の記事に続く

4-3-1-2にとどめを刺した壮大な実験マッチ(※2012年10月21日記事)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22