本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

やはりリスペクトされるジーコ


※ブラジル前戦・コルージャの止まるマッチ(2012年9月20日の雑記)

 ブラジル×イラク国際親善試合 2012年10月12日開催を10月15日の朝日ニュースターHDでの録画放送でみる。

 アルヴェス
 パウリーニョルイスシウバアドリアーノ
 オスカーカカラミレスマルセロ
 フッキネイマール

 FIFAランキング14位と80位とのこと。そうかイラクの監督はジーコだった。この間、日本と対戦した。国歌斉唱ではマルセロと肩を組むチアゴ・シウバ。シウバとジーコがハグする。フル代表で初対戦だそうな。ブラジルは青に白パン、イラクは白に緑パン。2分、ダビドルイスとシウバがセンターバックコンビ。ネイマール、フッキ、カカ(8番)、オスカーがスタメン。5分、ネイマールの左からのクロスでカカのヘディングシュートはキーパーが弾く。8分、攻め続けるブラジル。10分、ブラジルのパスワークは綺麗だね。15分、フッキがボールを運び、右のオスカーへパス。そこからグラウンダーのクロスはネイマールにおしくも届かず。21分、解説は松木安太郎さんで、イラクがブラジルに慣れてきて、ブラジルがパスの出し所を探すようになったとのこと。カウンターでネイマールが左サイドからドリブルでディフェンダーを引き連れ、スルーパスを出し、オスカーがシュートし決める。1-0でブラジルの先制。というよりようやく入ったというか。24分、ブラジルの右からのシュートは惜しくも左へ逸れる。27分、ネイマールがボールを運びカカが左のエンドラインまで行き、戻しのクロスを出し(キーパーを転ばし)、オスカーが冷静に決める。2-0でブラジルが差を広げる。32分、ブラジルのゴール前でダビド・ルイスがキーパーからパンチングを喰らう。38分、右CKでダビド・ルイスが強烈ヘディングシュートを打つもキーパーが正面で弾く。39分、カカがエリア内でディフェンダーを抜くも最後はキーパーに弾かれる。42分、ペナルティアーク内で中央ネイマールから左に飛び出たカカへのパスで、シュートを打つもキーパー正面。44分、ブラジルの右からのクロスにパウリーニョのヘディングシュートはクロスバー。46分、ブラジルの右のクロスからオスカーがヘディングするもキーパー正面。47分、カウンターにてフリーでカカがボールを運び、さり気なくシザースを織り交ぜつつフェイントを入れ、ディフェンスとキーパーを前にしてもシュートを決める。3-0でブラジルが差を広げる。50分、最終ラインのダビド・ルイスがディフェンダーをかわし、ゴール前でキーパーと1対1になり、おしくもシュートは弾かれる。54分、フッキからの縦パスを右サイドでオスカーがクロスを出し、ネイマールがフリーだったがキーパーを弾く。その直後ぐらいに、フッキがエリア内右にドリブル進入し角度のあまりないところからディフェンダーに当たりゴールマウスに入る。4-0でブラジルが差を広げる。56分、今度はブラジルの守備参加を褒めだした松木さん。カカとか。71分、カカ→ルーカス交替。73分、フッキ→チアゴ・ネービス交替。そしてフッキがジーコに握手を求めていった。74分、ロングフィードをネイマールがエリア内左で受け、そこからシュートを打ち決める。5-0で差を広げる。こりゃ11年後にイラクがブラジルに0-1で勝ったりするような流れだね。79分、ルーカスがワンツーでボックス内に躍り出て、一人きり返して右に出てディフェンダーの股抜きでそのシュートは入る。6-0でブラジルが差を広げる。82分、オスカー→ジーウイアーノ交替。89分、サポーター進入。アディショナルタイム3分。というわけで6-0でブラジルの勝利。

※ブラジル次戦・カカはセレソン定着か(2012年10月16日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22