本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

実はシャビとイニエスタでもっているチーム


※U-23日本前戦・上が赤で下が白(2012年7月21日の雑記)

 NHKにてロンドンオリンピック サッカー男子・予選 日本×スペインを見る。前番組では、ネイマール、パト、フッキの三人を前面に出して紹介していた。映像ではイングランド戦のパトのヘディングシュートが少し出ていた。スペインのはデ・ロッシも認めた、ユーロで活躍したジョルディ・アルバが居る(『Calcio 2002』より)。日本はいつもの体幹見えまくりのファーストユニフォーム。吉田がキャプテン。スペインは水色に白パン。
 2分、メキシコ戦に続き、やっぱ大津つえー。3分、解説曰く、U-23スペインはA代表ほど真ん中を崩す能力がないと。つまりサイド攻撃に要注意ってことじゃないか。5分、吉田のパスミスからシュートまでもっていかれるが、枠外。9分、カウンターで永井の速さが活かされているな、これで2回目だ。24分、マタのシュートを権田のナイスセーブ。32分、日本のカウンターで攻め上がるパターンが多いがちゃんとしたシュートまでいかないな。33分の扇原のCKにファーの大津がキックでゴール! 1-0。日本先制! リプレイだと吉田のヘディング狙いがうまくディフェンスを引き付けていた。37分のスペインのミスで清武が無人のゴールに対するが、入れられず。惜しい! 39分、清武に対するアルバのファールでイエローカード。40分、決定的チャンスの永井に対するファールで、スペインの選手がレッドカード退場。リプレイでは永井の後頭部に足が当たっているね。そしてペナルティアーチの近くで扇原のFKだが浮く。49分、東のバイタルエリアからのしゅーとはデ・ヘアに弾かれる。57分、カウンターで酒井が中央の清武にパスし、清武が絶妙なスルーパスでPA内左の永井に渡り、グラウンダーのシュート打つも、惜しくも右に逸れる。59分、清武がバイタルエリアにてドリブルでディフェンダーを抜きグラウンダーのシュートを打つもやはり右に逸れる。しかし散々、決定機をつくっておきながら、決めきれない日本の悪い癖。そのうちやられるぞ。70分、酒井宏樹負傷? 73分、やはり酒井宏樹→酒井高徳交替。77分、日本が攻められるターン。79分、スペインの猛攻を堪え忍んだ。83分、ドミンゲスがオフプレイで永井を突き飛ばすがファールなし。ライバルストーリー? 85分、扇原→山村交替。しかし、スペインは10人で戦っているように見えないね。常に数的有利。86分、永井が高い位置で奪いドリブルPA進入でシュートを放つも、キーパーに弾かれる。89分、永井は依然、高い位置でプレスをかける。素晴らしい! 89分、PA進入されるが吉田が対応。90分、みんなで高いプレス。東がPA内で奪い、上がった山口にパスするもシュートはふかす。アディショナルタイムは4分。90+1分、カウンターでの速攻でPA内左の永井のクロスはキーパーに取られる。+2分、齋藤のドリブルでPA進入は防がれる。+3分でカウンターは清武が左で時間稼ぎ。清武は左コーナーで左足を踏まれる。1-0で日本の勝利!

※U-23日本次節・ブラジル×スペインなるか(2012年7月30日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22