本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

ブラジル×スペインなるか


※U-23日本前節・実はシャビとイニエスタでもっているチーム(2012年7月26日の雑記)

 関西テレビSPORT ロンドンオリンピック 2012サッカー男子予選 グループD 日本×モロッコを見る。日本はいつもの体幹見えまくりユニフォーム。モロッコは上下白に赤のワンポイント。10分、モロッコが日本のカウンターの芽を摘んだ。そういえばスタメンにいないということは酒井宏樹は駄目だったのかな? 大津は大丈夫のようだ。酒井高徳がスタメン。17分、日本がおしこまれそうになり、最後は権田のクリア。日本が攻められるターン。21分、日本のディフェンスのスカスカ感はなんだろう。34分、相手のミドルシュート、ブレ玉を権田がナイスセーブ。41分、右CKからヘディングシュートはキーパーキャッチ。しかしキャッチした後、地に置いたときラインを割っているような…。左CKからフリーになった吉田がヘディングうつも、右にそれる。54分、相手のCKからのヘディングはキーパー正面。攻め込まれるターン。日本の得点の臭いがしない。60分、右からのゴール前へのクロスは合わず。61分、永井の左からバイタルエリアにボールを運び、そのまま右に流れ、右からの清武に渡し、清武はバイタルエリアに入りシュート。惜しくもクロスバーキーパー。77分、大津→齋藤学交替。78分、山口がセンターラインぐらいでボールを清武に残し、ダッシュし、清武が縦のパスで、永井がワンタッチで繋ぎ、山口がそのままフリーになりキーパーと1対1になるがうかしてしまう。崩しはすばらしかったのに惜しい! さてこのまま日本の爪の甘さが出て勝ち点3を取れないか。しかし日本の攻めるターンだ。83分、カウンターの速攻で、清武からの大きなスルーパスに永井がスピードに乗り、キーパーがPA外まで飛び出すもワンタッチでボールを浮かせ、ゴールに入れる。1-0。日本先制。87分、セットプレイ前で扇原が喉に手を当てられ、相手にイエローカード。89分、清武→杉本交替。永井が押したということでファールをとったがその直後、押し倒し返したので相手にイエローカード。プレーが荒れているなぁ。アディショナルタイム3分(というかどこにも表示されていないので後追い)。90分、FKで権田がナイスセーブ。90+2分、権田が飛び出しセーブするも倒れた状態でセカンドボールを拾われ、権田が立つも届きそうになく、シュートを打たれるも吉田が足で弾く。吉田はフィジカルでもメンタルでもチームの柱になっている! そして試合終了、1-0で勝利! そして決勝トーナメント進出!…というか3大会ぶりなんだね。しかし永井のあの手のゴールは久々にみたなぁ。これで決勝トーナメント初戦でブラジル×スペインが濃厚になってきた。

※U-23日本前節・ガブリエウの勇姿が見たい(2012年8月2日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22