本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

上が赤で下が白


※U-23日本前戦・まさかBATE情報(2012年7月18日の雑記)

 ロンドン直前U-23 最終壮行試合 メキシコ×日本 ノッティンガムを見る。メキシコ国歌も明るい調子だね。というかトゥーロン国際大会で優勝したチームか?! つか、日本のユニフォームが上が赤で下が白だ。セカンドユニフォームとのこと。
 1分、いきなりメキシコの最終ラインでのミスで、中央の清武がボールキープし、右で永井が走ってきてすぐにクロスを出し、東がそれを押し込み、0-1。日本先制。15分、日本が押し込まれる展開。21分、珍しく日本が攻めるターン。38分、清武が相手のクリアミスを突いてキーパーの頭上を越える。後半、齋藤学投入。54分、ファビアンが酒井の尻に膝蹴りしている決定的映像。58分、扇原のディフェンス時のマークはあぶなっかしい。64分、ドス・サントス投入。65分、扇原→山村交替。69分、永井→大津交替。79分、徳永→酒井高徳交替。何かシュートまでいかずそこからカウンターをくらうパターンが多いな。81分、ゴール前で完璧に崩されたのに、よく防いだね。83分、大津が相手に背中を当てボールを保持。大津あんなに強かったっけ。その流れでG酒井がPA左でファールを誘う。84分、ドス・サントスのフリーだったが、権田が飛び出し、第一波を防ぎ、立ち上がったドス・サントスのパスからのシュートはふかす。85分、東→杉本交替。86分、杉本がPA内で高さで競り合うも、キープ出来ず、零れたボールを大津が右からのボレーシュートでゴールの左上に突き刺さる。1-2で勝ち越しだが、油断できない。メキシコを仮想スペインを連呼しているが、ローマを仮想バルセロナっていうぐらい違うような。アディショナルタイム3分。1-2で日本の勝利!

※U-23日本次戦・実はシャビとイニエスタでもっているチーム(2012年7月26日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22