本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

安東尼奥


※イタリア前戦・まだ希望のある負け方だ(2012年6月2日の雑記)

 WOWOWプライムで『UEFA EURO 2012 グループC スペイン×イタリア』を見る。スペインはフェルナンド・トーレスを使わず0トップとのこと。前回は準々決勝でスペインがPK戦を征したそうな。イタリア国歌は中身が判らないが、すごく楽しそうな曲調だ。いや、サポーターがすごく楽しそうに唄っているからなんだろうけど。

  ブッフォン(カピターノ)
  キエッリーニデ・ロッシボヌッチ
  ジャッケリーニマルキジオピルロモッタマッジョ
  カッサーノバロテッリ

 アバーテノチェリーノモントリーヴォは控え。しかし3バックかぁ、それってユベントスっぽい。
 4分、ピルロのすぐにヒールでバックパスする切り返し、うまいなぁ。7分、スペインはやはりセリエに比べれば狭い範囲でパスを繋ぐな。そしてPA内なのに固い守備のイタリア。イタリアの陣地を見ると仮想バルセロナ×ユベントスだな。11分、ピルロはやはり裏とるのが巧い。前の方でパスカットしてカッサーノに渡りPA前でファールを誘った。バロテッリがいくと見せかけてピルロが蹴ったが、GKに弾かれる。21分、カッサーノの右への飛び出しでシュートするが、惜しくも枠外。29分、ブッフォンもCKを受けるとき、ゴールポストをスパイクで叩いて注意を促すんだ。31分、カウンターがなかなか通らないね。そしてカッサーノが奇襲時に元チームメイトのGKの後から足を引っかけるが警告なし(ちゃんと実況がチームメイトかどうか言ってくれるのは有り難い。)。33分、スペインの前の方のカウンターで3対3になるが、うまくイタリアが切り抜ける。35分 左のカッサーノのクロスにマルキージオがPA前で強いシュート、キーパーに弾かれるが惜しい。ボールを放った後に足を踏んでバロテッリにイエローカード。スペインがサイド攻撃がないと踏んでのイタリアの3バックかな。43分、スペインのうまいゴールのパス。こえー。44分、右サイドのカッサーノからのクロスにヘディングシュートだが惜しくもGKに弾かれる。
 北澤's EYEでも仰っていたように、PA前でイタリアが四人ぐらい団子になって相手からのボールを防ぐのは圧巻だな。
 後半開始数分がイタリアが攻めだったが、4分も経てばまた前半のようにスペイン攻めでイタリアが守りになった。52分、バロテッリが前の方でボールを奪いキーパーとの1対1の決定機だったが、もたついている間に、ボールを奪われた選手が来て後から防がれた。遅い! 56分、バロテッリ→ディ・ナターレ交替。60分、カウンターから左サイドのピルロがドリブルで抜いてからのスルーパスでディ・ナターレがシュート、ゴール! 0-1でイタリア勝ち越し。63分、シルバのスルーパスにセスクのシュートでイタリア失点。1-1に追い付かれる。64分、カッサーノ→ジョヴィンコ交替。65分、ボヌッチがスパイクの裏を見せてイエローカード。29分、カウンターでピンチ。前にはGKだけだったが、ブッフォンの神懸かり的な飛び出しでボールを奪い助かる。76分、ジョビンコのスルーパスで背後をとったディ・ナターレが倒れながらボレーを打つも枠外。惜しい。33分、キエッリーニにイエローカード。PA前のFKを与える。が、壁に当たる。87分、イタリアのマルキッジオのワンツーを織り交ぜたドリブル突破でのシュートはキーパー正面。88分、モッタ→ノチェリーノ交替。実況曰く「ノチェリーノはどちらかというとガットゥーゾ系ですから」って系統ができるぐらい似たような選手がいるのか?(笑) 試合終了1-1同点! カッサーノが誰ぞとユニフォーム交換したんだけど(イニエスタかな)、上半身がはだけて、左の二の腕に「安東尼奥」って入れ墨があった。「アントニオ」ですか、日本っぽい当て字。

※イタリア次節・イタリアのカルチョをより多く見たい(2012年6月15日の雑記)

※追記・簡体字の「愛」(2012年12月12日の雑記)

※追記・イタリア・ダービー前のくつろぎ時間(2013年3月30日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22