三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
645 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【86】よく知りたいので。 酸化マグネシウム 2003/6/7(土) 22:37 教えて

【88】『厳顔』…まずはおおまかにー 清岡美津夫 2003/6/8(日) 0:20 教えて
┣ 【108】『厳顔』張飛に捕らえられたエピソード 清岡美津夫 2003/6/11(水) 18:49 お答え
┃┗ 【113】Re:『厳顔』張飛に捕らえられたエピソード むじん 2003/6/12(木) 2:58
┗ 【142】『厳顔』華陽国志でのセリフ。 清岡美津夫 2003/6/13(金) 21:43
┗ 【149】さらに・・・ 酸化マグネシウム 2003/6/15(日) 18:36 感謝♪
┗ 【151】Re:さらに・・・ 清岡美津夫 2003/6/15(日) 23:05 ♪

【88】『厳顔』…まずはおおまかにー
教えて  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/6/8(日) 0:20 -

引用なし
パスワード
   はじめまして、清岡ともうします。

とりあえず、厳顔のことをおおまかに調べてみました。

予想はしていたんですが、史書ではあまり記述はなかったです。
張飛にとらえられるエピソード(三国志の張飛伝)と厳顔と劉璋との会話(華陽国志)です。
なので、ここは古典小説の三国演義も引用した方がよさそうですね。
なんせ、「第六十三回 諸葛亮痛哭ホウ統 張翼コ義釋嚴顏」とタイトルになるぐらいでてますから。

とりあえず、詳細は他の人まかせか(オイ)、私が後日、かきますねー

今日は、遅いので

あ、この書き込み、答えになってなくてすみません(汗)

【108】『厳顔』張飛に捕らえられたエピソード
お答え  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/6/11(水) 18:49 -

引用なし
パスワード
   しまった、こういうときこそ、「むじん書院」を利用せねば!


↑というわけで、むじんさんのサイト「むじん書院」から引用します。
「三国志列伝抄」の「蜀志6」の「張飛」のところより

引用はじめ---------------------
劉備が益州平定を始めると、やや後れて諸葛亮・趙雲とともに長江を遡上して戦いに参加した。軍勢を分けて各郡県を攻め、張飛は巴郡太守厳顔を生け捕りとする。張飛が怒って「なぜ降伏しなかったのか」と言うと厳願は「益州には首を斬られる将軍はあっても降伏する将軍はいないのだ」と答えたので、張飛は激怒して彼を処刑しようとしたが「斬るなら斬れ。腹を立てることはあるまい」と顔色一つ変えない厳顔を見て感心し、彼を赦して賓客とした。こうして各地で勝利を収めて成都で劉備と合流し、益州平定がなると諸葛亮・関羽・法正とともに金五百斤・銀千斤・銭五千万両・錦千匹を下賜され、張飛は巴西郡太守に任命された。
引用おわり---------------------

かなり格好いいなあ、厳顔さん。
たしか、史書には年寄りって記述はなかったのでしたっけ?

【113】Re:『厳顔』張飛に捕らえられたエピソード
 むじん E-MAILWEB  - 2003/6/12(木) 2:58 -

引用なし
パスワード
   たびたびご紹介して頂いて恐縮ですが…(^^;
それにしても、この引用文のあたり、かなり変な文章だなー。

厳顔の年齢は不明ですね。『華陽国志』でも記載がありません。張飛の賓客になったくらいなので、それなりの風格はあったのでしょう。老人といえば劉璋の従事張任がそうだったようですね。

【142】『厳顔』華陽国志でのセリフ。
 清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/6/13(金) 21:43 -

引用なし
パスワード
   ▼清岡美津夫さん:
>厳顔と劉璋との会話(華陽国志)です。

↑これ、おもっきり私の勘違いです。
チェック、適当すぎです(汗)

えーと時代背景は、やっぱり「むじん書院」から引用して…
(三国志列伝抄の補伝あ行、王累のところです)

(引用はじめ)

建安十六年(二一一)、曹操が張魯討伐のため漢中に軍勢を差し向けたと聞き、それを恐れた益州牧劉璋は、別駕従事張松の献策を容れて荊州から劉備を招き入れようとした。王累は我が身を州城の城門に逆さ吊りにして諫めたが、劉璋は聞き入れなかった《劉璋伝》。王累はその計画の不可を主張するため、城門において自刎して果てた《華陽国志》。

(引用終わり)

というような時代背景で、厳顔のセリフがでてきます。


劉主至巴郡、巴郡嚴顏拊心歎曰:「此所謂獨坐窮山、放虎自衛者也。」

(例によって適当に訳して)
劉主(劉備)は巴郡に到着し、巴郡の厳顔はむねをなでて嘆いていった「これがいわゆる、遠い山で一人、座り、虎を放ち自らを守る者ってやつだ」

えーと、訳してもよくわからないのですが、「自殺行為」のたとえ話でしょうか…

あと、三国志と同じで、張飛に捕らえられるシーンがあります。
但し、ここでは巴郡太守は巴西の趙筰って人で、厳顔は「将軍」だそうです。

【149】さらに・・・
感謝♪  酸化マグネシウム  - 2003/6/15(日) 18:36 -

引用なし
パスワード
   >清岡美津夫さん
ありがとうございます!
厳顔ってかっこいい人だったんですね!
俺の持ってるゲームだと、じいちゃんの顔で登録されてて、しかも体力とか武力とかかなり高いので、「強いじいちゃんなんだなぁ」ってしか思ってなかったです(笑)
友達の間でも何故かファミコンのゲームが広まり会うたびに「厳顔!」とか言いまくってましたから(笑)
なので本当はどんな人物なのか気になっていたんです。
ありがとうございました!

【151】Re:さらに・・・
♪  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/6/15(日) 23:05 -

引用なし
パスワード
   えー、こちらこそ、気長に待っていただきありがとうございます♪
んーっと、あと二人もそのうち、入ると思いますよ。

>厳顔ってかっこいい人だったんですね!

えー、格好いいですねー♪
張飛に捕らえられたエピソードではどこまでも忠臣って感じですね。
いさぎよいところが、また格好いい!

意味もなく、厳顔のセリフ、
「此所謂獨坐窮山、放虎自衛者也。」
の文字をTシャツに入れたりステッカーにしたいぐらいです!(笑)


>俺の持ってるゲームだと、じいちゃんの顔で登録されてて、しかも体力とか武力とかかなり高いので、「強いじいちゃんなんだなぁ」ってしか思ってなかったです(笑)
>友達の間でも何故かファミコンのゲームが広まり会うたびに「厳顔!」とか言いまくってましたから(笑)
>なので本当はどんな人物なのか気になっていたんです。
>ありがとうございました!

じいさんの元ネタはむじんさんのおっしゃるとおり、史書にはなさそうです。
やっぱり、三国演義なんでしょうかね、元ネタ(未確認)。
そういえば、三国演義を元にした吉川英治の三国志(小説)、さらにそれを元にした横山光輝の三国志(マンガ)では、厳顔と黄忠が爺コンビとして活躍しております(うろ覚え)

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
645 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
474,217
(SS)C-BOARD v3.8 is Free