三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
607 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【488】爵位について 孫ぽこ 2003/12/13(土) 17:31

【518】Re:爵位について 孫ぽこ 2003/12/19(金) 18:28
┗ 【520】Re:爵位について 清岡美津夫 2003/12/19(金) 19:13 ひと言
┗ 【522】Re:爵位について 孫ぽこ 2003/12/20(土) 9:20

【518】Re:爵位について
 孫ぽこ WEB  - 2003/12/19(金) 18:28 -

引用なし
パスワード
   ▼むじんさん:
>景帝の時代、呉楚七国の乱を反省し、諸王が民衆を統治できないように、内史を民衆統治に当たらせた。そして丞相を相と改称し、御史大夫・廷尉・少府・宗正・博士の官職を廃止した。武帝は中央政府の内史(京兆尹)・中尉(執金吾)・郎中令(光禄勲)の官名を改めたが、諸国では以前通りであった。しかし任命は朝廷がすることになった。成帝の時代になると内史を廃止し、民衆統治は相に委ねた。太傅は傅と改称された。

これを読むと王には実権はなく、実権は相が握っていたように読めますね。曹操が黄巾の乱の後、済南国相に任じられた場合などがこれに当たりそう。済南国王が誰か?なんて全然分からないですし。

ただ、不思議なのは孫権の呉王封印時は明らかに別であるのと、皇帝の庶子が王に封じられる場合には、王として国防の任に当たった・・・といった記述が呉書にいくつか見られ、その王国も長江周辺ですから、この辺が分からないです。これは呉特有なのかな?

また、八王の乱では、完全に王が軍権を持ってますし、宗室王と一般王は違うのかも??

【520】Re:爵位について
ひと言  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/12/19(金) 19:13 -

引用なし
パスワード
   ▼孫ぽこさん:
>これを読むと王には実権はなく、実権は相が握っていたように読めますね。曹操が黄巾の乱の後、済南国相に任じられた場合などがこれに当たりそう。済南国王が誰か?なんて全然分からないですし。

話の本筋からずれた上に揚げ足取ったようで申し訳ないですが、一応。(指摘してしまうのは三国志ファンの悲しいサガと思って、許してくださいね)

後漢書の章帝八王伝によると

「熹平三年、使使拜河闊タ王利子康為濟南王、奉孝仁皇祀。康薨、子贇嗣、建安十二年、為黄巾賊所害。子開嗣、立十三年、魏受禪、以為崇コ侯。」

ということで、「康」という人が済南王だったようです(それか、その子どもでしょうか)

【522】Re:爵位について
 孫ぽこ WEB  - 2003/12/20(土) 9:20 -

引用なし
パスワード
   ▼清岡美津夫さん:
>▼孫ぽこさん:
>>これを読むと王には実権はなく、実権は相が握っていたように読めますね。曹操が黄巾の乱の後、済南国相に任じられた場合などがこれに当たりそう。済南国王が誰か?なんて全然分からないですし。
>
>話の本筋からずれた上に揚げ足取ったようで申し訳ないですが、一応。(指摘してしまうのは三国志ファンの悲しいサガと思って、許してくださいね)
>
>後漢書の章帝八王伝によると
>
>「熹平三年、使使拜河螳族ν・匚・捫仔邁Α∧・Э旅低・9・・∋呟峪漫・ハ遜銃麈・・找・丗噂螻押・匈・漫⇔・住闇・Å下・検・憤擔・叱堯・ラ
>
>ということで、「康」という人が済南王だったようです(それか、その子どもでしょうか)

うおおっ(汗。
わかるモンなんですねぇ。すげぇ。

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
607 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
466,815
(SS)C-BOARD v3.8 is Free