三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
660 / 659 ツリー ←次へ

【36】三(SAN) たいがあ 2003/5/29(木) 11:04

【50】Re:三(SAN) むじん 2003/5/30(金) 13:38
┗ 【68】新作:赤兎で呂布を釣る たいがあ 2003/6/5(木) 8:07
┗ 【76】Re:新作:赤兎で呂布を釣る 清岡美津夫 2003/6/5(木) 22:08 ひと言
┣ 【77】Re:赤兎馬 たいがあ 2003/6/5(木) 23:43 教えて
┃┗ 【81】Re:赤兎馬 清岡美津夫 2003/6/6(金) 13:16
┃┗ 【83】赤兎馬はモンゴル産? たいがあ 2003/6/7(土) 1:13
┃┗ 【84】トルクメニスタンのアハルテケ たいがあ 2003/6/7(土) 1:26
┗ 【79】周瑜の兜 たいがあ 2003/6/6(金) 11:59 ひと言
┗ 【80】周瑜の兜とか白羽扇とか 清岡美津夫 2003/6/6(金) 12:26 ひと言

【50】Re:三(SAN)
 むじん E-MAILWEB  - 2003/5/30(金) 13:38 -

引用なし
パスワード
   >どうもこれから日本語サポーターになりそうです。当然英語で三国志も全面的にバックアップします。
おお、すばらっスィ。がんばってください〜!

【68】新作:赤兎で呂布を釣る
 たいがあ WEB  - 2003/6/5(木) 8:07 -

引用なし
パスワード
   ▼むじんさん:
>>どうもこれから日本語サポーターになりそうです。当然英語で三国志も全面的にバックアップします。
>おお、すばらっスィ。がんばってください〜!

むじんさん、ありがとうございます。郭少さん、新たなマンガ
「赤兎で呂布を釣る」をアップしました。
恥ずかしながら日本語訳はたいがあです。

【76】Re:新作:赤兎で呂布を釣る
ひと言  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/6/5(木) 22:08 -

引用なし
パスワード
   ▼たいがあさん:
>むじんさん、ありがとうございます。郭少さん、新たなマンガ
>「赤兎で呂布を釣る」をアップしました。
>恥ずかしながら日本語訳はたいがあです。

ははは、そういうオチですか。
(赤兎についているマークが今はなつかし、と言う感じです)
あ、日本語訳、お疲れさまです。2つの文化の架け橋といった感じでかっこいいですねー♪

昔は、周瑜の兜として知られていましたが、今や呂布の兜としての方が有名ですね。

【77】Re:赤兎馬
教えて  たいがあ WEB  - 2003/6/5(木) 23:43 -

引用なし
パスワード
   ▼清岡美津夫さん:
>▼たいがあさん:
>>むじんさん、ありがとうございます。郭少さん、新たなマンガ
>>「赤兎で呂布を釣る」をアップしました。
>>恥ずかしながら日本語訳はたいがあです。
>
>ははは、そういうオチですか。
>(赤兎についているマークが今はなつかし、と言う感じです)
>あ、日本語訳、お疲れさまです。2つの文化の架け橋といった感じでかっこいいですねー♪
>
>昔は、周瑜の兜として知られていましたが、今や呂布の兜としての方が有名ですね。

清岡様レスありがとうございます。赤兎馬というと、一日に千里を走るという
あの馬ですが、当時の一里は約430メートルということなので一日430キロを走る
馬ということになりますか。馬のことは詳しくないんですがギネスだと一日の馬の
最高走破距離というのはあるんでしょうかね。時速40キロで10時間だからいけそうに見えるんですけど馬って生き物は適度に休ませたりえさを与えないと動いてくれないんですよね。10時間も走りつづけさせるなんてことはまず不可能だと思います。確か早馬でも
江戸、京都間は2日以上はかかったと思ったんですが、中国のように山だらけの地形だと
余計大変でしょうね。

【79】周瑜の兜
ひと言  たいがあ WEB  - 2003/6/6(金) 11:59 -

引用なし
パスワード
   ▼清岡美津夫さん:
>▼たいがあさん:
>昔は、周瑜の兜として知られていましたが、今や呂布の兜としての方が有名ですね。

周瑜の兜ってあんな感じなんですか。結構武将の武具・武器
って個性的で特徴のあるものが多いですね。

【80】周瑜の兜とか白羽扇とか
ひと言  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/6/6(金) 12:26 -

引用なし
パスワード
   ▼たいがあさん:
>周瑜の兜ってあんな感じなんですか。結構武将の武具・武器
>って個性的で特徴のあるものが多いですね。

えー、何かの創作であんな兜でした。
史実ではないですけど、「この人だと、こういう格好だ」ってのは数多くありますけど、周瑜の兜もそういう類のものだと思います。

孔明の白羽扇はソースが古そうですよ。ってちゃんと調べていないのですが
http://cte.main.jp/sunshi/w/w030117.html#03

【81】Re:赤兎馬
 清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/6/6(金) 13:16 -

引用なし
パスワード
   ▼たいがあさん:
>清岡様レスありがとうございます。赤兎馬というと、一日に千里を走るという
>あの馬ですが、当時の一里は約430メートルということなので一日430キロを走る
>馬ということになりますか。馬のことは詳しくないんですがギネスだと一日の馬の
>最高走破距離というのはあるんでしょうかね。時速40キロで10時間だからいけそうに見えるんですけど馬って生き物は適度に休ませたりえさを与えないと動いてくれないんですよね。10時間も走りつづけさせるなんてことはまず不可能だと思います。確か早馬でも
>江戸、京都間は2日以上はかかったと思ったんですが、中国のように山だらけの地形だと
>余計大変でしょうね。

えー、三国志(魏書呂布臧洪傳)では、赤兎というと

布有良馬曰赤兔。

という記述しかなく、寂しい限りですが、片や三国演義(「第三回 議温明董卓叱丁原 餽金珠李肅説呂布」)となると

肅曰:「某聞主公有名馬一匹、號曰『赤兔』、日行千里。須得此馬、再用金珠、以利結其心。某更進説詞、呂布必反丁原、來投主公矣。」

というような李肅のセリフで何度か決めセリフ(「日行千里」)とともにでてきますね。
作中、赤兎は、呂布を丁原から引き離す道具に使われてます(って皆さん、知ってますね。)

ソースを確認してないんですけど、通常、馬は昼夜で五百里、走るそうです。
(これが乗り継いだ距離なのか、一頭なのかっていうのも不明……知っているきっかけが、「戦略戦術兵器辞典(1)古代中国編」です。だれかソース、知りません?)
なので、単純に考えて、普通の馬の二倍の速さですね(いや、日を昼と解釈すれば、もっとですね)

余談。
馬の走行距離もそうですが、行軍スピードとかも把握してないと、小説を書くとき、こまるんですよねー。

【83】赤兎馬はモンゴル産?
 たいがあ WEB  - 2003/6/7(土) 1:13 -

引用なし
パスワード
   郭少さんも英語版の三(SAN)で指摘していたんですが
赤兎馬は中国産の馬より大きかったらしいですね。
以前NHKのある番組で赤兎馬の産地として
あるモンゴルの地方を紹介していたように記憶しています。
赤兎馬は一匹の馬というよりいわばブランド、血統
のようなものと考えています。門外秘出でなかなか
手に入らなかったのでしょう。(まあ考えてみれば
軍事上の優位を辺境の遊牧民族が手放すわけがないですよね)

【84】トルクメニスタンのアハルテケ
 たいがあ WEB  - 2003/6/7(土) 1:26 -

引用なし
パスワード
   清岡さんがすでにこの件ではコラムを書いていらっしゃいましたね。
赤兎馬の特徴に最も近い馬がトルクメニスタンのアハルテケではないか
というわけですね。

http://homepage2.nifty.com/i-love-turk/mongol/periphery/akhalteke.htm

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
660 / 659 ツリー ←次へ
ページ:  ┃  記事番号:   
473,764
(SS)C-BOARD v3.8 is Free