三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
348 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【2214】夏候覇が父の敵である蜀に投降したのはなぜ? 夏候一族 2006/2/6(月) 4:06 教えて

【2327】Re:夏候覇が父の敵である蜀に投降したのはな... 張嵩 2006/5/15(月) 8:31 ひと言
┗ 【2328】Re:夏候覇が父の敵である蜀に投降したのはな... 巫俊(ふしゅん) 2006/5/15(月) 12:08

【2327】Re:夏候覇が父の敵である蜀に投降したのは...
ひと言  張嵩  - 2006/5/15(月) 8:31 -

引用なし
パスワード
   夏候覇は叛乱を起こした時には確かヨウ州(漢字変換できませんでしたすいません)の守備をしていたので地理的な問題からして呉まではたどり着けなかったと考えるのが妥当でしょう。兵力も確か三千騎ほどしかいなかったハズですし。まずは生き延びるのが先決でしょうから。
そもそも夏候家の親戚の者が皇后になっているというコトを夏候覇が知っていたか、ハッキリしません。
あと個人的な意見ですが、仇敵に投降してまで生き延びようとした、彼の生き様はあまり好きにはなれませんね。

【2328】Re:夏候覇が父の敵である蜀に投降したのは...
 巫俊(ふしゅん) WEB  - 2006/5/15(月) 12:08 -

引用なし
パスワード
   >夏候家の親戚の者が皇后になっているというコト

これについては蜀の後主がでっちあげたものという説がありますね。
私には判断つかないんですけど。

例えば、孫堅を殺したのは劉表の配下の武将の呂公の手勢が放った石か弓なわけです。
劉表や黄祖が直接手を下したわけではない。
ところが劉表や黄祖が孫氏の仇敵になってしまうというのが現実でした。
夏候覇について言えば、蜀の先主が殺したんだということになれば非常に都合が悪い。
それは夏候覇にとっても後主にとっても姜維にとっても。
そこで親戚だったという論理が用意されて、擬似的な愛情関係をつくっていくわけです。

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
348 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
474,115
(SS)C-BOARD v3.8 is Free