本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年3月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

2011年9月も怪我人多し


 BSスカパーで『CL2011/2012 GS第2節 ミラン×プルゼニュ (グループH)』2011年9月28日開催を2012年6月8日に見る。つまりは再放送だ。第1節のバルサ戦がなぜか録画失敗していた。まぁ、この放送のときに前節のハイライトやっていたからまだましだが。

  アッビアーティ
  アバーテネスタチアゴ・シウバアントニーニ
  ノチェリーノファン・ボメルセードルフ
  エマヌエルソン
  カッサーノイブラヒモビッチ

 もうこの時点で怪我人が多いって言われている。イブラが戻ってきて、KPボアテングが依然負傷中とのこと。セードルフがカピターノ。2分、いきなり相手の決定機。クロスからのヘディングシュートをアッビがよく防いだ。4分、突破からの右のイブラによるクロスにカッサーノがあわせたが、キーパーに弾かれる。惜しい。6分、そして実況の話によるとすでにこの時期に負傷者で1チームできるとか、サン・シーロの芝に問題あるとか言われている。31分、右のアバーテのクロスでカッサーノの頭上をかすり、左のイブラがトラップしそのままシュートを打つが、チェフに防がれる。チェフは元スロバキア代表のキーパーだそうな(なのでチェルシーの、チェコ代表のチェフとは違うだろう)。38分。股を抜いてのパスからプルゼニの決定機。しかし枠外。映っていたアジア人がハーフタイム中、日本地図デザインの旗を掲げていたが、あれってスポーツバー「ミラニスタ」の旗だ。

東京のスポーツバー ミラニスタ

 51分、セードルフのクロスにイブラがワンタッチし進もうとするときに、ディフェンダーがハンドする。イブラのPKでゴール! 1-0。58分、カウンターからイブラがリフティングしつつ、体制をととのえ、右へ放り込み、セードルフがさらに右へカッサーノが受け、シュート。枠外。65分、カウンター、イブラがPA前にトラップし、スルーパスでカッサーノに抜け、浮かせてキーパーの頭上を越えゴール! 2-0。70分、セードルフ→アクイラーニ交替、78分、アントニーニ→タイウォ交替、84分、相手の決定機。ショートコーナーのクロスでゴール近くまで入られる。何とか防ぐ。87分、アバーテ→デ・シリオ交替。91分、実況によると「ボアテングが肉食なら、エマヌエルソンはどうしても草食なイメージ、ですよね」。というわけで2-0で終了。

※三節後・あのシュートをもう一度(2011年11月24日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22