本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

あのシュートをもう一度


AC Milan - Biglietti Milan online

※三節前・2011年9月も怪我人多し(2011年9月29日の雑記)

※前戦・松田フィオレンティーナ(2011年11月20日の雑記)

 BSスカパーにてUCL11/12 GS第5節 ミラン×バルセロナ 2011年11月23日開催を2012年7月8日に見る。UEFAチャンピオンズリーグ。すでに両チームが決勝ラウンド進出を決めているので、グループステージ1位をかけての戦いだそうな。ミラニスタにとっては少なくとも今シーズン中有名なゲームで、余裕で結果を知っている中での観戦。前節のBATEボリソフ×ミランは1-1とのこと。

  アッビアーティ
  アバーテネスタチアゴ・シウバザンブロッタ
  アクイラーニファン・ボメルセードルフ(カピターノ)
  KPボアテング
  ロビーニョイブラヒモビッチ

 入場を待つところで、私服のピッポが表れてプジョルと握手。どういう関係だろ? ミランがファーストの白パン、バルサが上緑に下、紺。
 結構、序盤は攻める。10分、放り込みのパスにイブラがPA内でヘディングで左のロビーニョに繋ぐも通らず。12分、メッシがPA内右にパスし、すぐ折り返しのクロスを出し、ファン・ボメルのオウンゴール。0-1。16分、メッシがシウバにファール。アルゼンチン×ブラジルの戦い。18分、イブラがPAのすぐ左からクロスを出し、ゴール前で誰も受けられず、そのまま右サイドのボアテングに通り、折り返しクロスを出し、今度はゴール前のロビーニョに通りワンタッチするも浮かせてしまう。19分、アクイラーニの滑りながらのロングパスが左のセードルフに通り、緩いグラウンダーのパスにイブラがとびでて、そのまま、ワンタッチでグラウンダーのシュートでキーパーの足元を通りゴール! 1-1。22分、PA進入のセスクがボールをワンタッチでグラウンダーのクロスを出し、メッシが飛び込んでのシュートを放つもクロスバー。23分、イブラが自陣のPAまで降りていって、ボールをキープしそこから上がる。24分、相手のスルーパスが通りビジャの決定機だがアッビが飛び出しボールをキープ。25分、バルサが攻める時間。28分、メッシのスルーパスにPA内にシャビが進入しアクイラーニがファール。そしてなぜかネスタにイエローカード。PK。メッシのタイミングを外したシュートでゴール、と思われたが、シュートを途中で止めたとしてイエローカード。やりなおしだがゴール。1-2。37分、アクイラーニから右のボアテングにバスがいき、そのままボレーシュートもキーパーに弾かれる。40分、右でボアテングがパスを受け折り返してPA進入のロビーニョにパスを出すもロビーニョが転ばされるが、ファールなし。41分、PA外でボアテングがファールを誘い、FKでセードルフがクロスをあげ零れた球をボアテングがボレーシュートするもふかす(※のちの伏線だね)。42分PA外、左でボアテングがプジョルのファールを誘う。ミランの攻めるターン。46分、右からのCKにシウバが頭であわせるも枠外。グループステージの1戦目を思い出させる。45分+1分、PA外左でボアテングのドリブルからのヒールパスの切り返しでロビーニョが受け取る前にディフェンダーに転ばされる。もちろんファール。セードルフのFKは繋がらず。
 ハーフタイム中にはテベスマキシ・ロペスの移籍の話題が出ていた。
 ロビーニョ→パト交替。49分、ミランが攻められるターン。しかし滑りすぎ。53分、ザンブロッタのロングバスでPA内の中央のパトが頭で左のイブラにパスするもディフェンダーに弾かれ、ボアテングがジャンプしつま先でトラップし、トップスピードのまま、さらに後へ足を回し前へボールを出し、ディフェンダーを振り払い、その勢いで最後はPA内右でシュート、ゴールに突き刺さる。2-2。来た、スーパーゴール! 62分、メッシからのスルーパスがシャビに通り、シュート、ゴール。2-3。65分、ネスタ負傷(臀部?)で交替。ボネーラ投入。69分、バルサのFKでパスが通り押し込まれるもアッビがナイスセーブ。71分、ファン・ボメル→ノチェリーノ交替。83分、アクイラーニのスルーパスが左のザンブロッタに通り、そこからのクロスが中央のパトに通る前にカット。その前にザンブロッタのオフサイド。みんなイブライブラ言って忘れているだろうけど、ザンブロッタも元バルサ。87分、なにかノチェリーノが入ってきてからバルサのラフプレーが目立ってきた。アディショナルタイム4分で、2-3でバルサの勝利。

※次戦・バルサ戦の後(2011年11月28日の雑記)

※次々節・引き続きレジャー運、良好。(2012年2月16日の雑記)

※追記・シャルケでこの三人(2013年10月1日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22