本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

準決勝の再戦というか


※ラティオの前節・史上初の決勝でのローマ・デルビー(2013年5月27日の雑記)

※ユヴェントスの以前のマッチ・プレシーズン・マッチの幕開け(2013年7月24日の雑記)

 BSスカパーイタリア・スーペルコッパ 2012/13 決勝戦 ユヴェントス×ラツィオを見る。 2013年8月18日現地時間21時ぐらいキックオフのナイトゲーム。日本時間19日4時。イタリア、ローマ、スタディオ・オリンピコ。解説/実況:川勝良一/八塚浩

 ユヴェントス3-5-2 コンテ監督
  1ブッフォン(カピターノ)
  15バルザーリ、19ボヌッチ、3キエッリーニ
  26リヒトシュタイナー、23ヴィダル、21ピルロ、8マルキージオ、22アサモア
  10テヴェス、9ヴチニッチ

 ラツィオ4-5-1 ペトコヴィッチ監督
  22マルケッティ
  39カバンタ、20ビアーヴァ、3アンドレ・ジアス、26ラドゥ
  87カンドレーヴァ、5ビリア、8エルナネス、24レデスマ(カピターノ)、19リュリッチ
  11クローゼ

 コッパ・イタリアでは準決勝でラツィオに負けたユーヴェ。そのリベンジなるか、ってところだろうか。ユヴェントスのユニフォームはナイキで白黒縦縞シャツに白パン白ソックス。ラツィオのはマクロンで全身紺色。
 ラツィオからキックオフ。いきなり右でとられる。ボールを回すユーヴェ。右奥へワンツーで行くがとられる。1分、発煙筒のせいか、なんか会場が煙たい。2分、レデスマのミドルシュートはヴィダルに当たって軌道が変わるがブッフォンが押さえる。ヴチニッチがボックス左に抜け出しシュートは浮く。3分、ラツィオが右奥に抜け出しクロス。ブッフォンが押さえる。ユーヴェ左から。5分、中盤左でボールを奪って、テベスに回り、そのままドリブルで上がるが防がれる。7分、ピルロの右奥からのクロスは弾かれる。ラツィオの速攻。右奥にカンドレーヴァが上がるがスライディングされる。8分、右のコーナーキック。9分、距離のあるところからレデスマのフリーキック。ゴール左手前にいくが、ヴィダルが頭でカット。10分、ラツィオの左からのコーナーキック。弾かれミドルシュートは浮く。11分、ピルロの左からのコーナーキック。キーパーが弾いて、カウンターの体勢。いけず。12分、ゴールに迫るユーヴェ。ヴィダルが倒れつつもボックス内でパスをする。14分、ボックス前で左右にボールを回すラツィオ。15分、テヴェスがファールを誘う。16分、距離のあるところからピルロのフリーキック。キーパーが拾う。ラツィオが中央を崩しにかかるがカットされる。もう一度。17分、ユーヴェが上がろうとするが中盤でカットされ、リュイッチが左サイドをあがる。ボックス手前でファールを誘い、戻す。18分、マルキージオが足を痛めている。20分、マルキージオ→6ポグバ交替。22分、ピルロのフリーキック。ボックス右へのパス。クロスするが弾かれ、中央のポグバが左へのグラウンダー気味のシュート。キーパーが触れるもそのままラインを割る! 1-0でユーヴェの先制! 26分、ユーヴェのターン。中盤でカットされ、クローゼにパスがまわり、ボックスへカットイン。しかしいなされる。28分、カンドレーヴァが右奥へ上がりクロスを出し、クローゼが飛び込むがその前にカットされる。惜しい! 30分、エルナネスにイエローカード。33分、ラドゥのミドルシュートは枠内で右上。ブッフォンが弾く。右からのコーナーキック。弾かれ、ユーヴェのターン。34分、ユーヴェが大きくダイナミックにパスを回す。ラインを割る。ユーヴェのターン。36分、ユーヴェがボールテイク。左へ。ドリブルで切り込む姿勢をみせては横パス。ラツィオがカットして前へ。37分、ゆっくりボールを回すラツィオ。40分、ヴチニッチの斜めのパスは追い付かず。41分、カウンターでテヴェスがボールを運ぶ。カットされるがすぐにテヴェスにボールが回りヒールパスするがカットされる。逆にラツィオのカウンター。ボックスまでいくが防がれる。42分、ユーヴェのターン。右寄りでのテヴェスとヴチニッチのコンビネーションはラストパスが通らず。バルザーリのハンド。イエローカード。46分、ラツィオの右からのクロスは大きい。
 47分、ピルロのボックス左外からのフリーキックは弾かれる。51分、ユーヴェのカウンターで、リヒトシュタイナーが右サイドを抜け出し、右奥まで上がり、クロス。キエッリーニがフリーで足をあわせ、キーパーが横に倒れ込むも届かず、入る! 2-0でユーヴェが差を付ける。52分、ラツィオが中央を崩しにかかり、エルナネスのミドルシュートは左に外れる。53分、リヒトシュタイナーが右から、縦パス。それをボックス前で落として、そのままリヒトシュタイナーが斜め走りで、ボックス中央へ。キーパーの前で、左に飛んだキーパーの右を抜けるシュート。決まって3-0でユーヴェが差を付ける。55分、ヴィダルがボックス右へパス。ヴチニッチがヒールパス。そこへ右からリヒトシュタイナーが飛び込みシュート。それをキーパーがセーブするがゴール前左のポグバの上。咄嗟のヘディングシュートは起き上がったキーパーがセーブ。それを拾うポグバにマークが寄ったところで、戻しのパス。そこにテヴェスが飛び込み左へシュート。キーパーが右を飛んでいるところでその左へ行き、決まる! 4-0でゲームを決めたユーヴェ。なんか今年もユーヴェはさらに好調かってな具合の悔しいというかあまりにも見事すぎて頬が緩んでしまう。56分、レデスマ→99フロッカリ交替、ラドゥ→10エデルソン交替。59分、ラツィオのターン。一矢報いられるか。エルナネスのミドルシュートは浮く。60分、ゴールに迫るユーヴェ。ビダルのミドルシュートは至近距離で前に出たキーパーがキャッチ。61分、ユーヴェの右からのクロスにテヴェスがボレーシュート。浮く。こえー。64分、ラツィオのターン。カンドレーヴァのミドルシュートはブッフォンが正面でキャッチ。テヴェスは今回で公式試合200点目だそうな。70分、エルナネス→8オナジ交替。73分、ゆっくりボールを回すユーヴェ。74分、クローゼが抜け出し、ボックスに迫りシュート。ブッフォンが少し前へ出てセーブ。75分、バルザーリ→4カセレス交替。ラツィオのターン。ラツィオがボックス内に迫り、エデルソンがボックス中央でトゥーキック。しかしブッフォンが左に飛んで押さえる。79分、テヴェスが左からカットイン。防がれる。80分、ラツィオが中央から崩しにかかるがクローゼまでボールが回らず。82分、リヒトシュタイナー→5オグボンナ交替。83分、ラツィオのターンだがユーヴェの守りは堅い。84分、ユーヴェのターン。中盤でボールを回す。89分、ヴィダルがボックス右に上がり転ぶがノーファール。そして試合終了で4-0でユヴェントスの優勝!
 しかしテヴェスがユーヴェに馴染まないことをひそかに期待していたが、テヴェスのゴールへの貪欲さがうまくマッチしていて絶望したと共にちょっぴりワクワクしたよ。

※以降の同カード・早くも再戦(2013年9月1日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22