本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年2月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
<<   >>

「だからサッカーは素晴らしい」


Splash Page | AC Milan

※前節・遅いだろうがようやく調子が戻った(2012年4月29日の雑記)

 セリエA第36節 ミラン×アタランタを見る。ACミランチャンネルが初見だ。

ACミランチャンネル2011/2012:BS12 TwellVで無料放送!

 おぉ、冒頭でKPボアテングやデ・シリオが映った。そしてフォーメーション。

  アッビアーティ
  デ・シリオネスタメクセスアントニーニ
  ノチェリーノアンブロジーニムンタリ
  KPボアテング
  イブラヒモビッチカッサーノ

 これであとデ・シリオじゃなくチアゴ・シウバアバーテがいれば一軍、というよりリーグ初頭スタメン。イブラ、セードルフ、メクセス、ザンブロッタ、アバーテ、ジェペスがあと一枚イエローカードで次節ミラノデルビー出場停止だそうな。アタランタはハンデのポイントがあるが、その割には高位にいるので要注意。
そして事前の報道の通り、来シーズンのファーストユニフォームだ。白いエリがと太い縞が特徴。白パン。1分、ムンタリがカットされ攻守入れ替え。ノチェが中盤でカットしてボアテングにパス、左カッサーノ、中、ドリブルで上がるボアテング、右イブラ。イブラのパスがカットされるも上がってきたノチェが拾うがさらにカットされる。2分、再度、ゴール前に進むがもう相手の守備は固く、ドリブルで左に流れたイブラが中央のボアテングへパスし、PA前からミドルレンジのボアテングのシュートはディフェンダーに当たり方向が逸れる。惜しい。3分、CKで、ゴール前のイブラがマイナスのパスでデ・シリオへ。デ・シリオから中央のノチェへ。そこからPA前のボアテングがパスを貰い、一回切り返しPA前でボアテングの強いシュート、セカンドボールをPA内右で拾ったイブラの強いシュート。攻めるミラン。さらにCKで攻める。5分、デ・シリオ、よく追い付いた。6分、PA内右のボアテングのフェイントでディフェンスを二人ほど外してからのシュートはキーパー真っ正面。惜しい。8分、相手の左からのFKはオフサイド。コーナーポストにあたったもののセカンドボールを拾われたので入れられたかと思った。そこからカウンター、左カッサーノ、中、ムンタリ、ドリブルのイブラ、右ボアテング、右のボアテングからPA内に放り込み、イブラが頭で押さえ(って掠っただけか?)、左のムンタリへパス、そのままムンタリがスライディングのようなシュート。ゴール! ムンタリが喜んで両手を広げ跪き、後から、デ・シリオが乗るように抱きつく(というか映画『タイタニック』ですか)。ユベントス×レッチェ戦の途中経過で予め知っていたけど、こんなチームプレイとは思わなかった。素晴らしい。13分、クロスでPA内真ん中からのヘディングシュートを撃たれるが、アッビのナイスセーブ。後からムンタリのファール。18分、右でカッサーノからの深いパスでデ・シリオ、受け損なうが、コーナーキックを誘う。20分、左、ボアテング、中、イブラ、右でデシリオがカッサーノへショートパス。カッサーノがクロスを上げ、PA前中央へ来たボアテングが貰う。イブラへショートパス、イブラから左のムンタリへマイナスのパス、ムンタリディフェンダーに囲まれる。戻してアンブロ→ボアテングといくがカットされるが、ノチェが高い位置で止め攻撃再開。攻めといい、ワクワクする。21分、中で左からカッサーノ、イブラ、ボアテングで、イブラからボアテングにショートパス、ボアテングからカッサーノへパスが通るも、ディフェンダーにカットされる。23分、前にムンタリとイブラがいたが、カッサーノのグラウンダーのパスは通らず。27分、ボアテングのロングパスで、飛びすぎてイブラからの叱責。その後、デ・シリオのクロスが飛びすぎ。左のボアテングを収めきれず。29分、自陣PA前のアタランタのワンタッチのパスが通り、ドリブルでPA内に切り込んできてシュート。危ない。かろうじて枠外。30分、ムンタリのパンツが下がりすぎて白い下着が見えている。31分、攻め倦ねるね。33分、アタランタの固い守り。もうちょっとで崩せそうなんだけど。ボアテングの腰の調子が気になる→大丈夫そう。35分、デ・シリオの早いスピードで戻ってカット。しかし攻められる。38分、右のコーナーキックにイブラがハイキックで合わせるが弱く、キーパーにキャッチされる。しかしそのイブラのキックの時にメクセスが近くに走り込んできてあわや頭にヒットしてしまうってところ。39分、ボアテングのスルーパスがイブラに合わない。42分、カウンターの危機だったが、ネスタが高い位置で粘り時間を潰す。44分、アントニーニがうまく相手のシュートを防ぐ。ハーフタイムでカッサーノとノチェが口を隠して話しているのはやはり唇を読まれないようにするためか。スーツ姿のエル・シャーラウィが映っていた。ベンチに居ないんだ。
 49分、マキシ・ロペスフラミニ、アップ中。左、カッサーノ、中、イブラ、右、ボアテング、イブラがカッサーノにパスし猛ダッシュ、それにカッサーノが合わせるが、ディフェンス二人が割ってはいる。51分、カウンターだけど、ボアテングのパスがイブラに合わず。再びカウンター、デ・シリオのワンツーから逆サイドのPA内のイブラへパス、しかし合わず流れての左のカッサーノに渡るが、二回ともパスが遮断される。53分、中盤の右でディフェンス二人を引き連れた時にイブラ滑る。55分、PA内左のボアテングのクロスはやはりPA内に進入のイブラに合わないね。56分、縦パスをイブラが収めるが、相手のハンドをアピールして、途中で止めるもプレイ続行。58分、PA内の左カッサーノと中央、ムンタリのパス交換だけど、ブロックされる。59分、ノチェがドリブルで上がってきて、そのしばらく後、カッサーノ→イブラからのマイナスのパスで、ノチェのミドルシュートはバーの上かぁ。64分、デ・シリオのスピードののったドリブルでカウンター。右でボアテングがパスを貰ってドリブルで切り込んで、ノチェへパスするも、ディフェンダーに転ばされたがノーファール。66分、縦パスからのキリボッキのヘディングシュート、枠外。あぶねー。そして、オフサイド判定。67分カッサーノ→ロビーニョ交替。68分、観客席にいたファン・ボメルがなぜかカメラ目線(そうでもないか)で笑顔。右のドリブルからのボアテングからイブラのショートパスだがカットされる。72分、左からドリブルで上がってきてのボアテングがかなり枠外のシュート。ボアテング→フラミニ(16番)交替。73分、ノチェが膝を相手選手と衝突。大丈夫か? しばし10人体制。76分、アンブロジーニ→ガットゥーゾ交替、カピターノも受け継ぎ?(後でいつの間にかアッビに代わっていたが)。またムンタリがアンカー?
79分、相手のパスミスで右のノチェがドリブルで上がって、右のイブラへパス。イブラがドリブルでPA進入でシュート。キーパー弾いて惜しい、そしてセカンドボールがフラミニにいくかと思われたがバウンドが大きすぎて合わず。81分、スタジアムが異様に盛り上がる。もしやユーベに異変が?! 82分、デ・シリオがパスカット→ノチェへパス。そのまま前へロングパス。左のイブラがドリブルでPA進入し、キーパーと1対1だったがかなり枠外 イブラらしくない。82分、オーロラビジョンで報されるに、ユーベ、レッチェが1-1で大盛り上がり! 84分、右でロビーニョ→ノチェ、ノチェがクロスあげて、PA内左のイブラにパスが通るも、さらなるパスは通らず。しかし諦めずにイブラがPA前までボールを追い、その零れ玉をムンタリが取りシュート打つも枠外。 85分、また沸いている。もしかしてユーベは引き分け? 87分、右のノチェから左のロビーニョがボールを貰い、ドリブルで切り返しディフェンダーを一人抜きシュート打つ。ディフェンスに弾かれそれでも入るかと思われたが上のバーに防がれる。セカンドボールをノチェが貰いパスをするも弾かれたが、それがミラン側に渡り、ガットゥーゾによるグラウンダーの縦パスでロビーニョに渡り、ゴール前左に流れつつ、右のイブラにパスし入るもオフサイド判定。残念。90+2分、ロビーニョがファールを誘い、そこでイブラのミドルレンジのフリーキックがキーパーに弾かれたが、それをロビーニョのヘディングがゴールに!
 2-0の勝利! そしてユーベ×レッチェ1-1が伝えられた! 勝点1差!

アッレグリ:「だからサッカーは素晴らしい」 - Goal.com

 アッレグリ曰く「ラスト15分間は、まるでオペラの終わりを待つ劇場のようだったね。」 この調子でハッピーエンドに!

※次節・スクデットに繋がるミラノデルビー(2012年5月7日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22