本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

最も安定したマッチなのかも


※ユヴェントス前節・ユーヴェ、敵地での戦い(2013年2月13日の雑記)

※ユヴェントス前戦・1位、2位との対決。(2013年3月2日の雑記)

 CSのスカチャン12012/13 UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16 2nd leg ユヴェントス×セルティックを見る。2013年3月6日現地時間20:45キックオフのナイトゲーム。イタリア、ユヴェントス スタジアム。解説/実況:川勝良一/八塚浩。先にユーヴェがアウェイで0-3と勝ち越しており、ベスト16の中では一番、進出に近いところに居たので、さてゆるゆる見るか。日本の放送一発目の映像はヴィダルのスロー。

 ユヴェントス3-5-2、コンテ監督
  1ブッフォン(カピターノ)
  15バルザーリ、39マーロン、19ボヌッチ
  20パドイン、23ヴィダル、21ピルロ、6ポグバ、13ペルーゾ
  27クアリアレッラ、32マトリ

 メンバー、落としてきているな。セルティックは4-3-3。そしてお馴染みの観客席はイタリアの国旗と白黒の縦縞、そして応援歌。イタリア国旗は国内リーグでもやるので、もしやスクデットの意味か(汗) ユーヴェはいつもの白黒縦縞シャツに白パン白ソックス。セルティックは黒一色。
 雨の中、静かな序盤。12分、バイタルでボールを回し崩しにかかるユーヴェ。16分、ピルロが高い位置でカットして、バイタルへ。防がれ右に流す。シュートまでいけず。17分、ペルーゾにイエローカード。セルティックの猛攻。しかしユーヴェの最終ラインが機能している。24、クアリアレッラがボックス左に流れるカットインで、ディフェンスの股を抜くシュート。キーパーが弾くもマトリが詰めて流し込む! 1-0でユーヴェ先制。アグリゲート4-0で差を付ける。27分、セルティックの鋭く低いミドルシュートにブッフォンが逆方向に反応し、外へ弾く。1-0、アグリゲート4-0で共にユーヴェが勝ち越して前半終了。
 48分、ポグバの縦パスにマトリがボックス内にて足で置き、クアリアレッラがそこに飛び込みシュートするもキーパーがセーブ。その後も攻めて右のコーナーキックへ。57分、セルティックの左のコーナーキックに飛び込んでヘディングするも、地面に叩き付けすぎて 枠外。ペルーゾ→22アサモア交替。選手層が厚いなユーヴェは。アフリカ・ネイションズ・カップに出場していたと言うことでアサモアはガーナ代表だったね、そういえば。ムンタリも長期欠場してなかったら、充分、代表に選ばれていただろうに。65分、ピルロのスルーパスにヴィダルがフリーでボックス内で胸トラップ。そこにキーパーが飛び出し、左のクアリアレッラにパス。ノーマークで流し込む。2-0でユーヴェが差を付ける。アグリゲート5-0、ヴィダル→33イスラ交替、68分、ピルロ→24ジャッケリーニ交替。どんどんメンバーをおとしてきている。75分、短いパスを繋いでいくユーヴェ。完全にセルティックの心が折れている。試合終了、2-0でユーヴェの勝利、アグリゲート5-0でユーヴェのベスト8進出。

※ユヴェントス次節・ドイツ対イタリア、現国内リーグ・トップ対決(※2013年4月3日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22