本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年8月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

今節、最も面白かったマッチ


※レアル・マドリード前節・香川先発(※2013年2月14日の雑記)

 CSのスカチャン02012/13 UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16 2nd leg マンチェスターU×レアルマドリードを見る。2013年3月5日現地時間20:45キックオフのナイトゲーム。オールド・トラッフォード。解説/実況:粕谷秀樹/西岡明彦。さてゆるゆる見るか。

 マンチェスター・ユナイテッド4-2-3-1、ファーガソン監督
  1デ・ヘア
  2ラファエウ、5ファーディナンド、15ヴィディッチ(キャプテン)、3エヴラ
  16キャリック、23クレヴァリイ
  17ナニ、19ウェルベック、11ギグス
  20ファン・ペルシー

 香川ルーニーがベンチスタート。

 レアルマドリード4-2-3-1、モウリーニョ監督
  41ディエゴ・ロペス
  17アルベロア、4セルヒオ・ラモス(キャプテン)、2ヴァラーネ、5ファビオ・コエントラン
  6ケディラ、14シャビ・アロンソ
  22ディ・マリア、10エジル、7クリスティアーノ・ロナウド
  20イグアイン

 やはりマドリーが3大会でバルセロナを下した話題。

3位浮上なるか、苦手なラツィオ戦(2013年3月3日の雑記)

 何かアンセムをかき消そうとするような応援歌。ユナイテッドは赤シャツに白パン白ソックス。マドリーは緑一色。
 2分、ボールを回すマドリー。3分、ロナウドの左からのフリーキック。壁に当たる。というか古巣対決か。6分、エジルから左に通るがそこからのクロスは弾かれ、コーナーキック。10分、エジルからバイタル中央のイグアインまでパスが通るが、パスコースを消され、右に逸れる。12分、左からナニの浮き球はファーで弾かれる。13分、右のコーナーキック。弾かれる。ロングボールを右よりでウェルベックがおさめ、後ろに戻し、そこからのファーへのクロスをファン・ペルシーが合わせるもブロックされる。17分、ナニが左サイドからゴールラインまで運んでのクロスは足元でカットされる。左のコーナーキックは弾かれる。そのカウンターにてエヴラがイエローカード。20分、ユナイテッド右サイドでのマッチアップ、コーナーキックを得る。それを中央でヴィディッチのヘディングシュート。ロペスのファインセーブ。零れ玉を押し込もうとするがヴィディッチの方へボールが行く。30分、ゴールに迫るマドリー。32分、右からのエジルの浮き球にたかさで競ったとき、ラモスのファール。しかしラモスが顔を押さえている。33分、ファン・ペルシーが左サイドでポストプレーのあと、ターンしてドリブルしマークを外してのシュートはキーパー正面。零れ玉にウェルベックがシュートするもブロックされる。そのコーナーキックでニアにヴィディッチが合わせるもアフタープレーで倒れる。両キャプテンがセットプレイで倒れるの巻。35分、ミドルフィードを押さえてのラファエウの右サイドからの切り込みはいなされる。シミュレーション気味に大げさに倒れていた。アルベロアのイエローカード。しかし途切れないマドリーの応援だね。41分、カカ、ウオーミングアップ開始。ディ・マリアが怪我して(ハムストリングと西岡さん)そのまま一人でドレッシング・ルームに引き上げていき、カカ交替準備。42分、やはり冬の移籍市場の話題。44分、22ディ・マリア→8カカ交替。何かこの背番号は象徴的だね。ミランでカカの背番号だった22の後がまになったノチェリーノが、次のシーズンでガットゥーゾの背番号8を受け継いだのを連想する。0-0で前半終了
 46分、カカの縦パスがロナウドに合わず。47分、ラファエウの右サイドからの切り込みにファン・ペルシーがボックス内右につめてシュートに行くも足元でブロックされ、ファーサイドに流れる。それをクリアされる前にナニがカットし、グラウンダーのクロス。それをゴール前でウェルベックが少し触り、方向を変え、ディフェンダーの足に当たりオウンゴールを誘う。1-0でユナイテッドの先制! トータル2-1でユナイテッドの勝ち越し。50分、ボールを回すユナイテッド。52分、ゴールに迫ろうとするマドリー。54分、ナニがハイボールを足で受けようとしたとき、その足裏がアルベロアの胸に当たって、レッドカードでナニが一発退場。リプレイだと明らかに悪気はないが、そういう判定。距離のあるとこでマドリーのフリーキック。クリアされる。58分、アルベロア→19モドリッチ交替。攻撃の選択肢をふやします、と西岡さん。勢いをつけるマドリー。59分、右のコーナーキックでまだマドリーボール。60分、マドリーコール! マドリー、左のコーナーキックでニアから中央へ頭で繋ぐが、通らず。リプレイだと最後、ブロックしたラファエウのハンド疑惑。マドリーの右のコーナーキック。62分、再三、ゴールに迫るマドリー。ここで入れないと勝てないな、マドリーは。63分、ファン・ペルシーの強烈ミドルシュートは押さえられる。64分、ギブスのファイン・ディフェンス。よく付いていって、外においやり最後は観客を煽る。66分、モドリッチの距離の有るところから横パスでのワンツーで緩急をつけつつ、右へマークを外してからのミドルシュートは右のポストに当たるも中に跳ね返りゴール! 1-1に追い付く。トータルで2-2、アウェイゴールでも同点。68分、イグアインがワンツーでボックス右奥へ抜け出してからのクロスに、ロナウドが飛び込み流し込む、1-2で逆転! 総合でもアウェイゴール数でも逆転! 延長の可能性が消える。70分、エジル→3ペペ交替。しかし選手層が厚いな、マドリー。バルサに連勝して勝者のメンタルティが戻ってきた! 71分、ユナイテッドのセットプレイ前にキャリックにイエローカード。72分、カカにイエローカード。クレバリイ→10ルーニー交替。73分、ゴールに迫るユナイテッド。それを防ぐマドリー。79分、ボックス右でウェルベックにボールが通るも、シュートは目の前のディフェンダーに当たる。ウェルベック→18アシュリー・ヤング交替。81分、ヤングの左サイドからのクロスを悉くブロック。三度目にニアでヘディングシュートするもロペスがセーブ。82分、ファン・ペルシーのシュートをロペスが飛び込み頭で弾く、続けてヤングのクロスは零れ、ルーニーのボレーは浮く。85分、マドリーのシュートを防ぎ、ユナイテッドのターンと思ったら右サイドでカットされ、ロナウドがドリブルで上がり、バイタル中央でマークを外そうと動いてのグラウンダーのシュートはデ・ヘアが拾う。87分、ラファエウ→7ヴァレンシア交替。ペペの遅延行為か、イエローカード。88分、カカが左サイドからボックス進入。角度的にクロスかと思われたがそのまま狙い、左のポストに当たり、跳ね返りがデ・ヘアに当たり。惜しい! ユナイテッドの選手がロペスにぶつかる。ロペスはすぐにパスを出すもそのまま倒れる。遅延行為ととられたのか観客からブーイング。アディショナルタイム5分。91分、右のファンペルシーのクロスに頭で合わせるもロペスのセーブ。92分、ケディラから右奥のスルーパスに角度の無いところからロナウドのシュート(あるいは戻しきれないクロス)。デ・ヘアのセーブ。93分、そのコーナーキックは時間を使う。試合終了、1-2で、総合で2-3で共にマドリーの勝利! ベスト8進出。しかしユナイテッドのホームなのでブーイングが飛ぶ。

想定外の事態への対処が遅れたファーガソン監督 : コラム | J SPORTS

 両監督の采配の妙が蘇る感じ。

※追記・バルサ前に勝っておきたい一戦(※2013年3月9日の雑記)

※レアル・マドリード次節・ドログバ&スナイデルの再挑戦(※2013年4月4日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22