本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

ゴールラッシュ!


※前節・トータルフットボールに言及した(2012年11月20日の雑記)

NHKアニメワールド 銀河へキックオフ!!

 『銀河へキックオフ!!』#30「いざ決戦」(2012年11月27日放送分)を見る。冒頭は降矢家の柔道道場で黄帯の虎太と青帯の竜持が母親に続けざまに投げられるシーンから。茶帯の凰壮も投げられる。ちなみにWikipediaによると、少年の部は1級から5級、初心者までランクがあって、黄帯は5級、茶帯は1級、道場によっては青帯も使用している場合もあるとのことだが、何級か不明。ちなみに色合いに近い紫帯は2級。多分、キャラのイメージに合わせた帯の色なんだろうけど、もし級を表すのならば、三つ子でこんなに違うのかとネタどころなんだろうね。未来カップ全国大会は12チームが参加し、土曜日にそれぞれ3チームで争う予選リーグ(つまり1チームあたり2戦行う)で1位が次に進める方式で、日曜日には勝ち抜いた4チームによる決勝トーナメントが行われる。間に日を挟まない小学生仕様。まぁ20分20分のマッチなんだけど。
 未来カップ全国大会予選リーグ第一試合 桃山プレデター×仙台ファルコンズ フォーメーションは前戦の根常ガッツと同じと花島監督が言っていたんで、下記の2-3-2で良いのかな? 下方向が向かう方向。

  1杉山多義
  4降矢凰壮、2太田翔(キャプテン)
  3西園寺玲華、10降矢竜持、7高遠エリカ
  9降矢虎太、11青砥ゴンザレス琢馬

 この記事のカテゴリは「マッチ」と書いているがダイジェストばかりなので「ニュース」とした方が良いかも知れない。プレデターは赤と黒の(ロッソネリ)縦縞ユニフォームに白パン白ソックス。相手は全身白にオレンジのライン(※追記。仙台ファルコンズ)。凰壮の見立てでは相手のフォーメーションは3-2-2。凰壮の左サイドのパスにエリカが受け竜持とのワンツーを織り交ぜながら左サイドを上がり、ディフェンダーのスライディングをジャンプでかわした後、そこからクロスを出し、青砥がノートラップの左足のワンタッチでゴールマウスの右上に入れる。すごい高等テクニック。さすが。1-0でプレデターの先制。その後、ほぼ静止画のダイジェストで虎太のバイタルからの右上を狙ったシュートが決まり、2-0で差を広げる。そしてエリカも同じくバイタルから右を狙ったシュートで3-0。これで前半終了。後半、やはり青砥の右上を狙ったボレーシュートが決まり4-0と試合を決定付ける。翔のバイタルからのシュートは惜しくも左寄りのクロスバー。しかしその零れ玉を前戦に出れば背番号が3倍になるピッポ玲華がダイビングヘッドで決め、5-0に引き離すという圧勝。
 未来カップ全国大会予選リーグ グループD 第二試合 阿蘇ボルタノ×桃山プレデター。相手は青を基調とし肩から腕に黄色のラインが入るユニに黒パン白ソックス。ディフェンダーを前に、左サイドからのパスを胸トラップし落としたボールをそのまま凰壮がシュートに行きやはりゴールマウスの右に決める。0-1で先制点。次は竜持が顔の高さぐらいの右からのパスをボレーシュートし、ゴール左に決める。間を置かない動作でマークが反応できない。0-2で引き離す。ここで前半終了。青砥が高いパスをそのままバイシクルシュートで決める。0-3でプレデターが差を付ける。竜持の浮かせたボールにディフェンダーのふとももに当たり、それがエリア内のハンドを誘う。ペナルティーキック。ジャンケンでキッカーは青砥。キーパーが読んでいたものの、左隅に決める。0-4。青砥のドッピエッタ。例の「チェンジ」でディフェンスラインの玲華と翔が上がる。虎太のパスを翔が頭で合わせ、その間に右からエリア内に進入した虎太へ戻す。虎太は胸トラップで一旦地面にバウンドさせてそのボールでシュートに意向。ゴールマウスの右に決める。0-5になり、そのまま試合終了でプレデターの勝利。決勝トーナメント進出。
 退団したイブラ植松太郎を含むスリーユーが会場に駆けつけて翔らと話していた。
 未来カップ全国大会決勝トーナメント準決勝 桃山プレデター×清水インパルスJr。清水は黄色を基調とした肩がオレンジのユニでオレンジパンオレンジソックス。名前からいって清水エスパルスの小学生チームをイメージしているんだろうね。前半苦戦で多義のファインセーブで凌いだらしい。後半は竜持のオウンゴールを誘うシュートでゴールマウスの左に入れ1-0と先制。虎太のボレーシュートで2-0と差を付け、青砥の左を狙ったシュートはキーパーが触れるもそのまま入り3-0。ピッポ玲華がゴール前に詰め、右に入れる。4-0。そのまま試合終了で決勝進出。

※次節・未来カップ全国大会決勝(2012年11月27日、12月11日の雑記)

※追記・原作では「キャプテン翼クン」だった(2012年12月22日の雑記)

※追記・スーパー小学生っぷり(2013年5月2日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22