本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年4月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

イタリアの某クラブとの違い


 2012/2013UCLグループステージ第1節 パリサンジェルマン×ディナモキエフ パルク デ フランス 解説:水沼貴史、実況:野村明弘 を見る。
 無料放送なので、ACミラン戦と同時刻のこれを録画してみた。単にズラタン・イブラヒモビッチチアゴ・シウバ見たさで、ミラン戦にくらべリラックスして見ていこう(へたしたら何もメモなし)。あれ?ウクライナのディナモキエフってシェフチェンコの居たところか?引退が一年ずれていたら、ユーロみたく元ACミラン新旧エース対決になっていたのに。ディナモキエフのLSBにタイウォっているけどあのタイウォ?33番だって。アンセムは良いね〜。17分、メネズがPKゲットで、イブラが蹴ってゴール。1-0で先制。29分、左のCKでいつものようにシウバが上がってきていて、零れたボールを右からゴール。2-0で差を付ける。チャンピオンズリーグでは2点目だそうな。32分、今度は右のCKでアレックスが入れる。3-0で差を広げるPSG。しかしどこかのイタリアのチームとはえらい違いだ。76分、メネズ→ネネ交替。81分、シウバ→カマラ交替。86分、ディナモキエフの右からのクロス風のシュートが入る。3-1で1点返す。90分、カウンターでパストーレの左からのシュートが入る。4-1で3点差を戻す。そしてそのまま終了でPSGの勝利!

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22