本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

ブラジルの夢…


※ブラジル前節・ブラジルも日本のマスコミにかかれば(2012年8月8日の雑記)

 後日、NHK-BSで放送の編集版を見る。ロンドンオリンピック サッカー 男子・決勝、ブラジル×メキシコガブリエウラファエウチアゴ・シウバ(キャプテン)、ジーサス、サンドロマルセロ、ロムロ、レアンドロ・ダミアンネイマール
 29秒、メキシコ左バイタルエリアからのレラルタの左隅のグラウンダーのシュートはゴールする。低い位置でのパスミス。0-1でメキシコ先制、12分、右サイドからネイマールのFKで放り込みのパスにシウバが頭であわせるも、大きく浮く。31分、サンドロ→フッキ交替。37分、マルセロのワンタッチの折り返しにオスカーが左サイドに切り込みクロスをあげるもネイマールに届かず。カウンターを防ぎ、フッキの右サイドのミドルシュートは惜しくも弾かれる。40分、なにあのマルセロの後回し蹴りのような股抜きパス。ブラジルが後半になっても攻め続けるも得点に結びつかず。52分、オスカーのボールの取り方がすげー。そしてネイマールとGKとの接触。ネイマールが鼻血のようで鼻の穴にティッシュを詰めている。68分、メキシコの2点目と思われたがオフサイドフラッグが挙がる。70分、サンドロ→パト交替。74分、マルセロの左サイドのファールで、メキシコのFKでゴール前へ回り込んで来てフリーとなったレラルタのヘディングシュートでゴール。0-2でメキシコが引き離す。82分、カウンターでパトが前にボールを運び、最後の縦のパスは長すぎてネイマールに通る前にキーパーに蹴り出される。84分、ラファエウ→ルーカス交替。EURO2012の決勝のイタリア並みに涙目の予感。90分、マルセロのロングフィードにフッキが前へ出て右からシュートしゴール。1-2。アディショナルタイム3分。+2分のフッキからのクロスはフリーのオスカーがヘディングシュートを外す。そしてゴールキックで終了! 1-2でメキシコの勝利、金メダル獲得! ブラジルの夢砕ける!

※ブラジル次戦・イブラ欠場(2012年8月16日の雑記)

※追記・「チェルシーが強いチェルシーになった」(2012年12月13日の雑記)

※追記・オリンピック決勝のトップチーム版(2013年6月20日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22