本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

すべてはクラブワールドカップ向けか


CS放送 日テレG+ 日テレがお届けするCSスポーツチャンネル

 日テレG+にて「ヨーロッパ王者 チェルシー国際親善試合 チェルシー× ACミラン」を見る(放送日時:8月5日17:45-19:30)。サンライフスタジアム(フロリダ州マイアミ)。名前の通り、チェルシーのための番組であり、もっといえば、日テレが中継するクラブワールドカップのための盛り上げ番組だろう。しかもスカパー無料開放デー!だ。

TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011

 まぁ、日本ではほとんど放送されないミランのプレシーズンが放送されてありがたいし、来年とは言わないまでも何年か後にミランがビッグイヤーとってこういった良い扱いを受けると良いね。

AC Milan - Biglietti Milan online

※前記・必殺、影分身!(2012年7月25日の雑記)

 試合日程は2012年7月28日土曜日 現地時間 18:00 ET〜(日本時間 7月29日日曜日7:00〜)
 チェルシーはドログバは抜けたけど、フェルナンド・トーレスがいる。青紫のユニフォーム。ミランはファーストに白パン。ミランの右腕に何らかのマーク。

  アメーリア
  アントニーニボネーラジェペスメスバ
  トラオレアンブロジーニ(カピターノ)、フラミニ
  KPボアテング
  エル・シャーラウィエマヌエルソン

控え:パッツァグリ、デ・シリオ、ノチェリーノ、アチェルビ、モントリーヴォ、アバーテ、クリスタンテ、ガンツ、ヴァロティ、プロセニク、カッサーノ

 フォーメーションが判らない状態での、現地からのリスト。一瞬、ロビーニョを誤ってエマヌエルソンとしたのかと思ったが、ロビーニョはパスポートの問題で不参加だっけ。もしかしてツリー状? というかユーロ組は先発じゃないんだ。実況は補強話。日本での予想フォーメーションは上の通り。※追記。下記のように、ボアテングがトップだなんて予想外。まぁエマヌエルソンがトップよりは想像しやすいが。

・※リンク追記 アッレグリの考え 〔ミラン×チェルシー〕 | アナーリズィファンタジー | スポーツナビ+
 ※リンク先はこのマッチのネタバレになる。

 そしてチェルシーのディ・マッテオ監督とアッレグリ監督の映像。エマヌが坊主頭になってる!
 0分、ボアテングのワンタッチの縦パスは惜しくもオフサイド。あれで通ってシャーラウィが攻めればすごいだろうな。実況はどうやらロビーニョが帯同していない理由をしらないようだ。1分、チェルシーにイングランド代表のアシュリー・コールがいるんだ。あとチェルシーに、インテルナシオナウからオスカルが移籍とのこと、オリンピック出場中だけど。3分、ボアテングの動きが切れてるなぁ。シャーラウィは相変わらず永井のような前からのプレスが健在で安心。5分、フラミニの最終ライン前中央でのナイスカット。6分、ジョン・テリーのボレーシュートは浮く。やはりアメーリアはイマイチ信用できないな。7分、フラミニのあさっての方向のシュートでアップになったけど、坊主であごひげで別人みたいだ。遠目だとメスバと間違っていた。ワイルドに転向か。9分、カクカクしているんで、うちの環境のせいかと思ったら現地映像の乱れとのこと。アザールの左サイドからの切り込みでボネーラがブロック。11分、チェルシーにおされるターン。全然、ミランがセカンドボールをひろえなかったり、パスが通らなかったり。13分、チェルシーの方がパスワークがうまい。15分、実況のプレシーズンの試合順序(TIMトロフィー、シャルケ)のアナウンスが逆。21分、ボアテングの縦パスがシャーラウィに通るがパスカットされ続かない。23分、トラオレの中央突破を試みるもディフェンダーに阻まれファール無し。足を痛めた感じ。26分、トラオレとシャーラウィコンビによって短いパス交換で右サイドを崩し、最後はトラオレのPA前からのトゥーシュートは枠外。28分、エマヌエルソンがドリブルで崩し、フラミニがバイタルエリア左でパスを受けたかと思われたがディフェンダーに体を入れられる。30分、アンブロジーニのロングフィードにシャーラウィが右サイドで競り合いCKを勝ち取る。33分、カウンターでなんとかボアテングがボールをキープし右のエマヌにパスするもアンラッキーが生じボールが浮き、シュートも浮く。35分、完全にエマヌ右、シャーラウィ左になっているな。40分、チェルシーのランパードのCKからテリーのヘディングは枠外。41分、ロングフィードからの頭でつないだパスが左のシャーラウィに渡るも突破できずCK。44分、相手のクロスをジェペスがヘディングでナイスクリア。アディショナルタイムなしで前半終了。
 46分、アザールに中央突破されかけ、ボネーラがファールでとめ相手のFK。壁に当たる。その後、せめこまれピンチに。最後はバイタルエリアからのシュートをアメーリアがキャッチ。49分、ミラン、攻められる。51分、エマヌのドリブルでの崩しでシュートをうつもチェフに弾かれる。その後、アンブロジーニがミドルシュートを打つも左へ逸れる。52分、トーレスがアップ中。二つのクラブ出身のシェフチェンコが政治家に転身した話題。53分、ミラン崩されて最後はランパードのバイタルエリアからのシュートはアメーリアが辛うじてキャッチ。55分、依然、チェルシーのペース。55分、アザールとイバノビッチコンビにPA進入されるも最後はメスバのカット。58分、ルカク→トーレス他二人交替。すっかりミランがやられ役パターンになってる。61分、アントニーニ→アバーテ、ジェペス→アチェルビ、アンブロジーニ→ノチェリーノ、フラミニ→モントリーヴォ交替。アッズーリ大量投入。誰かボランチ? モントリーヴォ? しかし、ここまでしてカッサーノが出ないのが心配。62分、トーレスの突破にメスバがナイスセーブ。その前にトラオレが下腹部にボールを当てられたのがそれの攻められた切欠。トラオレ一時退場。いつぞやのチアゴ・シウバを思い出すね。すぐに復帰。モントリーヴォがボランチのようだね。67分、ボアテングの縦のスルーパスが通り、エマヌがバイタルエリアで左にパスし、シャーラウィがシュートを打つもチェフが弾き、そのボールがエマヌの近くに零れ、ワンタッチで決める! 0-1でミランの先制!「ロビーニョとは違うんだよ、ロビーニョとは」と聞こえてきそうなシュートだったが、まぁ、エマヌは舎弟っぽいので言いそうにないが。69分、左からのメスバのクロスにノチェが飛び込んできて頭であわせるもゴールに向かわずクリアされる。73分、ボアテング→ヴァロティ(57番)交替。ヴァロティは18歳だそうな。74分、シャーラウィの左からの突破はつながらず。75分、シャーラウィが左サイドで囲まれる。カウンターの芽をアチェルビが高い位置で摘む。77分、トーレスのボールを奪い、エマヌがボールを運び、ノチェにスルーパスが通るも阻まれる。79分、トラオレ(12番)→コンスタン(21番)交替。コンスタンはジェノアからの加入でギニア代表だそうな。80分、左サイドの相手のカウンターの芽をモントリーヴォが摘む。81分、アザールのドリブルでのPA進入はアバーテが体を出して進路を防ぐ。82分、コンスタンはMFのディフェンス要員なのかな? モントリーヴォがオフェンスからボールを奪う。84分、ミランがディフェンスで魅せるターン。なかなかゴール前までいかせないな。と思ったら、PA外でトーレスに対するボネーラのファール。むしろ相手のファールのような。85分、アザールのFKは浮く。86分、エマヌ→ガンツ(56番)交替。87分、客席では帰っていく人がちらほらと。88分、相手のFKはモントリーヴォがヘディングで弾く。さっきから現地映像がミランのゴール裏カメラから戻らないんですが…。まぁ、こっちの方がフォーメーションがわかりやすいが。アディショナルタイム2分。90+1分、トーレスにパスが通り、一人かわすも、PA内でボネーラがいなす。ようやくカメラが戻る。ガンツが相手のクリアミスを突き、左サイドでボールを奪いワンタッチでシュートを放つも右へ逸れる。0-1でACミランの勝利! つか、エマヌ活躍中! 本シーズンでもその調子で! ユニフォーム交換の時間。メスバとアザールの交換? エマヌと相手の18番、ルカクとユニフォームを交換した。

※次記・ロビーニョが調子を上げている(2012年8月6日の雑記)

※以降の同カード・今年もミラン×チェルシー(2013年8月5日の雑記)

※追記・アウディ・カップを日本で見れるかどうか(2013年5月8日の雑記)

※追記・またチェルシーかい!(2012年8月2日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22