本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

母国×王国対決だ!


※ブラジル前記・チアゴ・シウバ不出場(2012年6月10日の雑記)

 CSの朝日ニュースターHDにて国際親善試合 U-23 イギリス×ブラジルを見る。実況 中村義昭さん 解説 岩本義弘さん、うわっ! お馴染み過ぎるコンビ。母国×王国対決だ! そしてイギリス四協会合同のチーム(北アイルランドとスコットランドからは協会側の意向で招集されず)。そうか略称はグレートブリテンのGBRか。PSGチアゴ・シウバがカピターノ。国歌の時にピッチ外に居るひげ面パトが映し出される。
 ブラジルのメンバー:ラファエルマルセロフアンチアゴ・シウバラファエル・ダ・シウバオスカルロムロサンドロフッキネイマールレアンドロ・ダミアン
 イギリスが攻勢。5分、ダミアンが中盤で高さで競り勝ちヘディングの前へ出すパスで、ネイマールが追い付きゴール前に出るもふかせてしまう。7分、シウバの移籍話が出てきて、実況曰く「ミランどうなっちゃうんだ」。同感。8分、解説曰く、レアンドロ・ダミアンはブラジルのイブラヒモビッチと呼ばれているそうな(そして一部報道では一応、インテルナシオナウからミランへの移籍話も出ている)

レアンドロ・ダミアンの代理人、ミランと会談 - La Notizinoa

 11分、バイタルエリア前でFKにてフッキがシュートすると見せかけて、ネイマールが蹴り、それがパスになり、ファーサイドでサンドロがワンバウンドを頭で合わせシュート。ゴール! 0-1。14分、イギリスが右からのFKでファーサイドで頭に合わせて行き、キーパーを完全に外しゴールに入ると思われたが(というよりリプレイみたら折り返しのパスだった)、シウバがヘディングでクリア。33分、右サイドからのフッキのPA進入と突破でディフェンダーの足がかかりPK。34分、ネイマールが方向を読まれたものの、決める。0-2。しかしアウェイだからブーイングが続く。42分、マルセロからのパスを受け、左サイドからフッキの強烈シュートは枠外。
 50分、ネイマールが左サイドで一人かわし、PA進入でバイタルエリアにマイナスのパスを出し、シュートが放たれるもキーパーに弾かれる。51分、シウバが着地失敗で地面に腕を強打。56分、イギリスにクロスでゴール前まで行かれラファエルが辛うじて弾く。その前にオフサイド。しかし肩を痛める。60分、パト話からミランの大黒柱にならないといけないと実況。66分、右サイドのフッキからグラウンダーのロングフィードでゴール前のネイマールに渡るも、ディフェンダーに弾かれる。67分、オスカル→ルーカス・モウラ(7番)交替、フッキ→ガンソ(16番)交替。73分、ダミアン→パト(17番)交替。パト・ネイマール・ガンソ・トライアングルか。77分、ネイマールがバイタルエリアでボールを受け、シュートを打つもキーパーキャッチ。その時のパトの動きに注目してしまった。79分、マルセロ→サンドロ交替。81分、中央のガンソから右サイドのネイマールにパスが通り、ファーにシュートを放つも惜しくも枠外。84分、サンドロ→ダニーロ交替。85分、シウバが口を押さえる。相手の肘が入った模様。85分、左からのクロスでゴール前のPA内のパトがトラップするもディフェンダーに囲まれ外に出る。86分、シウバのロングフィードがバイタルエリアのパトが頭で繋ぎ左サイドのネイマールに通す。そして実況が所属チームではこのホットラインがもう見られない、とのことをおっしゃる(汗) 88分、イギリスのキーパーのバートランド活躍中。ネイマールのシュートを弾く。アディショナルタイム3分。90分+1分、ガンソの放り込みのパスにパトがヘディングシュートを放つも、キーパーに弾かれる。というわけで0-2でブラジルの勝利!

※ブラジル次戦・エル・シャナウィって(2012年7月27日の雑記)

※追記・「チェルシーが強いチェルシーになった」(2012年12月13日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22