本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年3月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

シェフチェンコ先発じゃないが


※ウクライナ前節・レジェンドが現メンバーを絞める第2弾(2012年6月16日の雑記)

 WOWOWプライムで『UEFA EURO 2012 グループD イングランド×ウクライナ』を見る。ルーニー出場停止明けなのに、やっぱりシェフチェンコがスタメンじゃない! 途中で見るのを切り替えるかもしれない。イングランド4-4-1-1、白に赤色のラインのユニフォーム。ウクライナは4-3-1-2、青に黄色のラインのユニフォーム。2分、はじめのシュートも放ったし、意外とウクライナが攻めに行く。4分、ようやく攻守が変わったと思ったら、イングランドはすぐカットされる。6分、ウクライナのガルマシュのミドルシュートは惜しくも枠外。7分、ウクライナが裏をとりフリーになるが、二人のディフェンダーに阻まれる。11分、イングランドの攻勢。12分、ウクライナの左からのクロス→ゴール前でマイナスのパス→ミドルシュート→壁に阻まれる。17分、ウクライナの右サイドからサイドチェンジし、中央にでてシュートするも壁に阻まれる。イングランドはPA内で人を集めまくっている。21分、ウクライナのオーバーラップでミドルシュートは惜しくも枠外。23分、イングランドのミドルレンジのFK。キーパーがキャッチするかとおもいきやファンブル。CK。ウクライナのカウンターだが堅守に阻まれる。27分、クロスにゴール前のルーニーはボールに頭のタイミングが合わず枠外。29分、ウクライナ、中央で二人集まり、そこに縦パスが来てワンタッチで流し、左右に二人が広がり、計三人が進み3対3で右サイドの人がシュート。惜しくもキーパーにキャッチされる。32分、ウクライナがPA内右にスルーパスが通るもイングランドの堅守でクロスが阻まれる。38分、ヤングへのロングパスがカットされる。40分、カウンターで左サイドのルーニーのクロスは阻まれ、その零れたボールをパーカーがミドルシュート打つも大きく外れる。41分、ウクライナのヤルマレンコの個人技でPA内で二人抜きCKゲット。0-0で折り返す。
 北澤さんによるとウクライナのツートップが前後してギャップを作っていたそうな。
 47分、イングランドの右からのクロスがディフェンダーとオフェンスに当たりさらにキーパーがキャッチしそこねて零れ、ルーニーがヘディングで押し込み。ゴール。1-0。51分、ウクライナの崩しで最後、右からクロスをあげるがキーパーにポスト上で弾かれる。54分、イブラが入れた報。55分、ヤングが左サイドからクロスをあげるがルーニーに合わず。60分、ウクライナの左クロスで頭に合うが、枠外。惜しい。61分、ウクライナがカウンターで抜け出して絶好機だが、キーパーとディフェンダーにクリアされる。イングランドのカウンターでティモシチク。VTRでは入っている! 副審の目は節穴か! 67分、専用の副審が居るのにMuntari's Gost Goalだ。零れたところのアシュリー・コールのボレーはキーパーのナイスセーブ。69分、デヴィッチ→シェフチェンコ交替。73分、ウクライナの強烈ミドルシュートはキーパーに弾かれる。77分、ミレフスキー→ブトゥコ交替、ガルマシュ→ナザレンコ交替。80分、ナザレンコのミドルシュートは浮く。82分、イングランドは偽イブラこと(と個人的に勝手に呼んでいる)キャロル投入。ウェルベック、アウト。アディショナルタイム3分。45分、ウクライナ、バイタルゾーンで左から中央へ寄せ、そこでショートパスでヤルマレンコがミドルシュートを放つも浮いて枠外。1-0でイングランドの勝利。決勝トーナメントへ1位進出。フランスは2位進出。なので、スペイン×フランス(※ミラニスタで見るゲーム)とイングランド×イタリアが決定。

追加副審の誤審。ビデオ判定が確実で簡単な解決ではないか? - 後藤健生コラム

※ウクライナの以降のマッチ・追い込まれたフランス(2013年11月20日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22