本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年3月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

アバーテ初出場


※イタリア前節・イタリアのカルチョをより多く見たい(2012年6月15日の雑記)

 WOWOWライブで『UEFA EURO 2012 グループC イタリア×アイルランド』を見る。PIIGS対決になってしまっている。それを言ったら、イタリア×スペインもそうだけど。アイルランドの敗退が決まっているとのこと。今のところ三強一弱。

  ブッフォン(カピターノ)
  アバーテバルザッリキエッリーニバルザレッティ
  ピルロ
  マルキジオモッタデ・ロッシ
  ディ・ナターレカッサーノ

 アバーテ来た! 4バック来た! デ・ロッシの中盤来た。バロテッリはクロアチア戦で膝を痛めたそうな。アイルランドは4-4-2。スペイン×クロアチアが2-2で引き分けだとイタリアは勝ち抜けできないそうな(汗) アバーテ以外はユベントスのバック。国歌斉唱で確認取るとやっぱりアバーテの右目の上に大きい絆創膏が。

五針縫う怪我(2012年6月14日の雑記)

 0分、パスミスでアイルランドの絶好機だが何とか防ぎ、イタリアのカウンターから右のディ・ナターレから大きくサイドチェンジで左のデ・ロッシがそのままボレーシュートは枠外。まず一発目ってことで。8分、一応、イタリアは前掛かりで攻め続けているが、アイルランドもなかなか固い。今日のアイルランドはマンツーマンのディフェンスだそうな。疲れが出てくるまでチャンスはない? 14分、やはりカウンターに晒されるが、アイルランドの勢いが弱い。16分、カウンターでカッサーノが右サイド奥でトラップするが足を滑らせる。22分、いつのまにかイタリアは守りに入ってしまっている。24分、相手のカウンターを守り、実況曰く「また戻ったのはマルキジオです」。イタリアの最も悪い時間帯か? 27分、右からPA内にカッサーノが切り込んでディ・ナターレにグラウンダーのパスでシュートが放たれるもディフェンダーが体を張って弾く。バルザレッティにイエローカード。30分、左サイドから駆け上がり、クロスで折り返し、カッサーノが中継しゴール正面でディ・ナターレがターンしてシュート打つも惜しくもディフェンダーに弾かれる。32分、ディ・ナターレがPA内でディフェンダー四人に割って入るも阻まれる。33分、カウンターでディ・ナターレが前にディフェンダーが居ない状態になるが、キーパーが飛び出し、右に弾かれ、それをディ・ナターレが取りに行き、無人のゴールに入れようとするが枠外。34分、ピルロの左からのCKでそれにカッサーノがヘディングシュート。少しキーパーの手に当たり軌道が変わるもののゴール! ゴールライン向こうにワンバウンドした後にディフェンダーが掻き出したので一瞬、どっちだ?ってなった。危うくMuntari's Gost Goal(略してMGG?)だよ。専用の副審が役に立った? 38分、FKの左から放り込みのパスで右サイドのカッサーノがボレーで折り返すも繋がらず。42分、カッサーノからPA内左にパスが通るがディフェンダーに阻まれる。
 例のマンチェスターシティのバロテッリTシャツ着ている人が居た。46分、イタリアは良い感じで攻め続ける。高い位置でボールを取り返したりと。48分、やはり良い感じで崩しにかかり、カッサーノのインサイドのグラウンダーのシュートを放つが弾かれる。50分、右からのクロスをうけ、デ・ロッシのミドルシュートは枠外。58分、カウンターからワンツーからカッサーノのパスでディ・ナターレが1対1になるが弾かれる。56分、負傷でキエッリーニ→ボヌッチ交替。やっぱりユベントス。59分、パスカットからアイルランドがミドルシュートを放つもブッフォンがキャッチ。62分、カッサーノ→ディアマンティ交替。63分、ピルロが低い位置でカットされ、ピンチでのミドルシュートはディフェンダーに弾かれる。続くアイルランドの左のコーナーキックも危なかった。67分、PA前でディアマンティがファールを誘いFK。ピルロのFKは浮く。70分、カウンターの危機にデ・ロッシがファール。73分、ブッフォンにイエローカード(抗議で)。アイルランドの猛攻続く。74分、ディ・ナターレ→バロテッリ交替。ブッフォンの上を行きシェーロングのヘディングは枠外。危ない! 78分、アイルランドのFKの強烈シュートはブッフォンがうまく弾き、ディフェンダーが辛うじてクリア。アイルランドの猛攻続く。80分、バロテッリはまだボールを触っていない。82分、バロテッリがディフェンダー4人を前にドリブルで仕掛け、PA前でファールを誘う。ピルロとバロテッリのFK争い? 結局、ディアマンティorピルロの時に壁どうしの小突き合い、結局、ディアマンティ、壁に当たる。42分、スペイン先制の報、もしクロアチアが追い付いたらイタリア敗退のピンチ。デンマークのアンドリュース退場。43分、右のCKでバロテッリのバイシクル気味のボレーシュート。2-0。イタリアの首が繋がった。試合終了、2-0、イタリアの勝利。バロテッリとギブンとのユニフォーム交換。スペイン勝利の報が伝わり決勝トーナメント進出。個人的には1位通過じゃなく残念だが、ともかく残った! 解説によるとバロテッリがゴールを決めた後、相手ベンチに向かって何か言おうとしたが(あとでハイライトで確認するとボヌッチに口を防がれ)止められたとのこと。
 これとは関係ないがウクライナのシェフチェンコがイングランド戦に出れるかどうか微妙とのこと。

※イタリア次節・Oohhh Nocerino...(2012年6月25日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22