本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年9月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

公式戦初戦


※前戦・ダイブと審判の変なジャッジで(2012年5月5日の雑記)

NHKアニメワールド 銀河へキックオフ!!

 NHK-BSプレミアムでNHKアニメ『銀河へキックオフ!!』第6話 「11番目の選手」(2012年5月8日放送)を見る…といいたいところだけど、2013年7月24日BSアニマックス放送分で見直している(というかそのビデオを2年後の2015年7月19日に見ているのだけど)。またアヴァンタイトルが消えた。中田英寿の名が。あと花島の口から「デル・ピエロやロナウド」とい。まず5年生のGKの久保田と田中が加わる。久保田俊也田中純だね。そして西園寺玲華も加わる、それが表題の「11番目の選手」。

※当時の雑記・カンプノウの前振り消える(2012年5月8日の雑記)

 NHK-BSプレミアムでNHKアニメ『銀河へキックオフ!!』第7話 「3つの戦術」(2012年5月15日放送)を見る…といいたいところだけど、2013年7月25日BSアニマックス放送分で見直している(というかそのビデオを2年後の2015年7月19日に見ているのだけど)。
 「よーい、ドン」略して「ヨーイ」はキック&ラッシュでテイクの後にすぐにロングフィード、それと同時に前へ走る作戦。「大三角形」通称「ダイサン」。三つ子がピッチを大きく使ってボールを回す。「ビルドアップ」通称「ビルド」。司令塔の位置にいるものを中心にショートパスを回しゴールに迫るそうな。

 NHK-BSプレミアムでNHKアニメ『銀河へキックオフ!!』第8話 「キックオフ!!」(2012年5月22日放送)を見る…といいたいところだけど、2013年7月25日BSアニマックス放送分で見直している(というかそのビデオを2年後の2015年7月19日に見ているのだけど)。

※当時の雑記・クリスティアーノ・ロナウド様(2012年5月22日の雑記)

 都大会地区予選一回戦

 桃山プレデター3-5-2 花島勝監督
  1久保田俊也
  3西園寺玲華、2太田翔(キャプテン)、5浮島悠斗
  8内村桂、4降矢凰壮、9降矢虎太、7高遠エリカ、6田中純
  10降矢竜持、11植松太郎
 赤黒縦縞シャツに白パン白ソックス。

 桜川西チャレンジャーズ 白のベースにピンクの縦ラインのユニ。

※追記。単行本2巻雑記・エリカ、竜持、植松のダイサン(2013年2月4日の雑記)
 上記のマンガ単行本2巻とほぼ同じフォーメーション。

 桜川西からキックオフ。プレスにいく竜持。下げる桜川西。ロングフィード。凰壮がひろい、ドリブルで上がる。竜持にスルーパス。ボックス左の虎太へ。シュート。左に入る。1-0で桃山の先制。三人だけでプレイしたので早くもチーム内で軋轢が。桜川西は戻す。団子になってあがる桜川西。100年前のプレイですか。

「プレッシングにも何種類かタイプがあって」(2010年7月10日の雑記)

 ちかづけない竜持。テイクする凰壮。囲まれる。虎太にパス。そのシュートはゴール前に密集した三人に阻まれる。左のコーナーキックへ。翔の母親にかわいいと称され、怪人ヒゲメガネに原始的と称される。玲華と翔以外、前線に上がる。怪人ヒゲメガネは次にゴール前の団子状態が起こると。静止画でダイジェスト。力の差があるプロでもそうなる、不変的な状態だと怪人ヒゲメガネ。静止画ダイジェスト。虎太の強烈シュートが相手にあたり、カウンターに入る桜川西。翔が抜かれ、玲華だけ残る。動かず単なるブラインドになり、右に入れられる。1-1に追いつかれる。静止画&ナレーションダイジェスト。三つ子はセルフィッシュのプレイ。相手のオウンゴールで、2-1に。前半終了。

 NHK-BSプレミアムでNHKアニメ『銀河へキックオフ!!』第9話 「突破口!」(2012年5月29日放送)を見る…といいたいところだけど、2013年7月26日BSアニマックス放送分で見直している(というかそのビデオを2年後の2015年7月19日に見ているのだけど)。

 後半、桃山からのキックオフ。竜持がドリブルであがる。やはりゴール前に相手が密集。こぼれて、右サイドへ。虎太がミドルシュート。左のポストに当たる。ゴールキック。凰壮がテイク。ドリブルで、上がり、虎太にスイッチ。右の竜持へパス。そのまま三人に囲まれる。部分的に動く静止画ダイジェスト。相手ゴール前のこう着状態が続く。翔が指示。戻す。凰壮がそのままロングシュート。キーパーがキャッチ。ゴールキック。再び竜持へ。虎太のミドルシュート。キーパー正面。三つ子がマークされ、凰壮がエリカへパス。ドリブルであがり、シュート。カットされる。凰壮がテイク。植松にパス。そこから虎太へ。虎太が二人を抜くが、そのパスはカットされる。凰壮が指示を出すよう翔に仰ぐ。翔のひきつけるよう指示。凰壮がボールをキープして自由にドリブルする。むしろ自陣へいく。それでも四人に囲まれる。抜き去る凰壮。虎太にショートパスし放り込みのパス。竜持がジャンプ。キーパーにキャッチされる。ゴールキック。桜川があがる。玲華がまたしても動けず。翔がいくが転ぶ。エリカが戻ってスライディングでテイク。凰壮にまわり虎太に立てパス。そのミドルシュートはキーパーの股を抜ける。そこから静止画ダイジェスト。虎太のゴール4-1や。植松のループシュート、5-1。田中のスライディングシュート、6-1。エリカのキーパーと高さを競ってのヘディングシュート、7-1。虎太の右に飛ぶキーパーの逆をつくシュート、8-1。竜持の相手に当て、オウンゴールにするシュート。9-1。そのまま桃山の勝利。

 そのままみんなでランチタイム。翔が持ってきた…焼肉弁当ですか。

※次節・事実上の決勝戦だって(2012年6月12日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22