本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

事実上の決勝戦だって


※前節・公式戦初戦(2012年5月29日の雑記)

NHKアニメワールド 銀河へキックオフ!!

 NHK-BSプレミアムでNHKアニメ『銀河へキックオフ!!』第10話 「須黒スペシャル」(2012年6月5日放送)を見る…といいたいところだけど、2013年7月26日BSアニマックス放送分で見直している(というかそのビデオを2年後の2015年7月19日に見ているのだけど)。

 都大会地区予選2回戦

 桃山プレデター3-5-2 花島勝監督
  1久保田俊也
  3西園寺玲華、2太田翔(キャプテン)、5浮島悠斗
  8内村桂、4降矢凰壮、9降矢虎太、7高遠エリカ、6田中純
  10降矢竜持、11植松太郎
 赤黒縦縞シャツに白パン白ソックス。

 椿森FC 4須黒(キャプテン)がいる。全身黒のユニフォーム。

 桃山からキックオフ。戻す。パスを横に回しつつあがる。右から虎太のクロス。竜持のジャンプしてのヘディングシュート。須黒にカットされる。左のコーナーキックへ。凰壮がキッカー。ファーの虎太へ。ジャンプしてのヘディングシュートを狙うが須黒にカットされる。カウンター。玲華が素通り、翔がフォロー。その抜けたスペースに須黒が飛び込みシュート。左に決まる。0-1で椿森が先制。桃山戻す。右サイドへ。虎太があがる。須黒とマッチアップ。テクニックで頭をぬく虎太。追いつく須黒。スライディングでカット。ラインを割る。右からスローイン。エリカへ。交わしてパス。右から戻しのクロス。竜持のボレーシュート。セーブされる。こぼれたところエリカのシュート。弾かれる。虎太へ。トラップして、ミドルシュート。須黒にテイクされる。カウンター。左をあがる。玲華の又抜き。クロス。高さで須黒とせり、ゴール前にこぼれる。翔が高さでせるがボックス内でファール、そしてイエローカード。ペナルティキックを確実に決める須黒。ドッピエッタ。0-2で差を広げる椿森。なんか背番号の大きさの描写に安定感がないな。エリカがドリブルであがる。翔に戻す。右からの竜持にロングフィード。ロスト。左サイドからのクロスを狙うのにエリカがマーク。右に回す。右からクロス。須黒が飛び込む。翔がフェイントに係りぬかれる。ゴールの左があく。そこに玲華が入りシュートコースを消す。ボックス左から右にシュート。キーパーが右にとびセーブ。ラインを割る。虎太がドリブルであがる。竜持、植松とパスが回る。植松が竜持にリターン。それをボレーシュート。右上に。セーブされる。ボックス右にこぼれたところを虎太が左にシュート。須黒にクリアされる。椿森のターン。凰壮が右センターバックに入り、4-4-2だそうな。右からクロス。須黒が飛び込む。ヘディングシュート。左のポストに当たる。クリア。0-2で前半終了。

 ハーフタイムでは足りないのは翔のキャプテンシーだと。後半は3-5-2に戻すと。

※当時の雑記・長続きしてほしいアニメ(2012年6月4日の雑記)

 椿森FCからのキックオフ。両サイドにボールを振る。右からのクロスに須黒がボレーシュートを狙うが、翔がスライディングでカット。凰壮への縦パス。ドリブルで進み須黒をルーレットでかわす。翔が「ビルド」のかけごえ。凰壮から内村へ。そして凰壮にスイッチ。翔の指示で左へ。翔の指示で左から竜持がクロス。虎太へ。トラップでキープ。

 NHK-BSプレミアムでNHKアニメ『銀河へキックオフ!!』第11話 「反撃!」(2012年6月12日放送)を見る…といいたいところだけど、2013年7月29日BSアニマックス放送分で見直している(というかそのビデオを2年後の2015年7月19日に見ているのだけど)。

 というか前回と重なる部分があって、あきらかにカットが多く、エリカもボール回しに加わっているよ。虎太のミドルシュート。左に入る! 1-2で差を縮める桃山。横にパスを回す椿森。凰壮と翔とがパスコースを限定し、須黒の戻しのパスを誘発し、それをエリカがテイク。エリカがドリブルであがる。翔が「ヨーイ」の指示。上がる植松へパス。縫い去り、ゴールに迫る。キーパーと1対1。右へのシュートはポストに当たり、そこに右から虎太がつめ上に決める。2-2で落ち着く桃山。そして虎太もドッピエッタ! 椿森のターン。翔が指示を出す。須黒をマークするエリカ。パスをテイクする凰壮。翔は「ダイサン」の指示。ミドルフィード。植松の頭上をとおり、右から裏を狙う虎太へ。ジャンプしてヘディングシュート。左に決まる! 3-2の逆転! というか虎太のトリプレッタ! 竜持がテイク。「ヨーイ」と翔。ロングフィードは植松にとおり、フェイントで切り替えしてのシュート。右上に決まる。4-2と差を広める。翔の「ダイサン」の掛け声でエリカから凰壮へ回り、右の虎太へ。サイドチェンジ的に戻って受ける竜持。ドリブルで上がる。シュート。須黒の足を狙ってのゴール。5-2で差を広げる。ボールを回し時間を消費する桃山。凰壮がドリブルであがり相手にパス。椿森は全員で上がる。竜持からエリカへパス。そのままボレーでのロングシュート。左に入る! 6-2で差を広げる。そのまま試合終了で桃山プレデターの勝利。

※当時の雑記・それはズラタン(2012年6月16日の雑記)

※次戦・消えた玲華(2012年6月19日の雑記)

※次節・サッカー少年マンガあるある、こんなチーム(2012年6月26日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22