三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
305 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【2568】甘寧 kannnei 2006/10/27(金) 10:22

【2574】どうでもよい補足ですが 青木朋 2006/10/28(土) 4:07
┗ 【2575】げぇふん! 清岡美津夫 2006/10/28(土) 9:37

【2574】どうでもよい補足ですが
 青木朋 WEB  - 2006/10/28(土) 4:07 -

引用なし
パスワード
   ▼清岡美津夫さん:
>http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1047_20130.html
>↑なんと甘寧は呉王と尊称され、水路の守護神としてあがめまつられているそうですよ!

太宰治『竹青―新曲聊斎志異―』の元ネタは、清初の志怪小説・蒲松齢『聊斎志異』「竹青」です。
平凡社版『聊斎志異』によると呉王廟は、
甘寧を祀った廟で、漢江の近くにあり、江を往来する舟が酒肴を供えた。廟の森には数百羽の烏がいて、舟人たちは烏を呉王の使者とした。
・・・そうです。
『演義』第八十三回で甘寧は、
夷陵の戦に病気を押して参加し、沙摩柯の放った矢を受け富池口の大樹の元で死にますが、甘寧の屍を守るように数百羽の烏が周りを囲んだ
・・・ということになっていて、呉王廟の伝承と関連付けられています。
甘寧廟が呉王廟に格上げされたのは宋代らしいです。

ところで、この呉王廟は現存するんでしょうかね? ざっとネットで調べたものの分かりませんでした。

【2575】げぇふん!
 清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2006/10/28(土) 9:37 -

引用なし
パスワード
   「独自の情報網を駆使し」とか仰々しいことを書いておいて「すべて」どころか端的な情報しかわからなかった(書いていない)という思いつきネタだったんですよー(笑)
でも、ネタつぶされた、って思い以外にも、や〜い、ひっかかったぁ、って思いがなきにしもあらずです(笑)
どうもリアクション、それから詳しい説明(あった方が閲覧者に優しいですし)、ありがとうございます〜

>ところで、この呉王廟は現存するんでしょうかね? ざっとネットで調べたものの分かりませんでした。

私も聞いたことないですね。
というわけで引き続き(?)目撃情報をお待ちしております。

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
305 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
473,765
(SS)C-BOARD v3.8 is Free