三国志拾遺 正(2021年8月31日)

下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・満田 剛 (tmitsuda3594) on Twitter
https://twitter.com/tmitsuda3594

※関連記事 リンク:五輪と二階氏と三国志(朝日新聞デジタル 2021年5月18日)

※新規関連記事 『三国志』のことはプロに聞け! 第3回第4回(2022年1月29日2月14日)

・Twitter / tmitsuda3594: 非常に興味深いです。じっくり拝読させていただきます。 / 関尾史郎『三国志拾遺 正――史料・地域・対外関係』(Nakazato Labo)|ssekio #note https://note.com/nakazato211/n/n335dd5fc10ae ...
https://twitter.com/tmitsuda3594/status/1432616766476144640

 下記noteアカウントの下記ページ(上が目次、下記が本体)によると、2021年8月31日に関尾史郎(新潟大学名誉教授)『三国志拾遺 正ー史料・地域・対外関係』(PDF256頁、Nakazato Labo、ISBN 978-4-9912259-0-1)が1200円で発売したという。そのnoteは関尾先生によるものなのだけど、そのnoteの説明をみると引用するに「仕事の進捗状況や細やかな成果などを「関尾史郎のブログ」(http://sekio516.exblog.jp/)で発信してきましたが,ここではまとまった成果を発信していきます.」とのことだ。Nakazato Laboは神奈川県横須賀市にある関尾先生の研究所とのこと。

・ssekio | note
https://note.com/nakazato211

・『三国志拾遺 正ー史料・地域・対外関係』を刊行します.
https://note.com/nakazato211/n/n33300005f694

・関尾史郎『三国志拾遺 正――史料・地域・対外関係』(Nakazato Labo)
https://note.com/nakazato211/n/n335dd5fc10ae

・關尾史郎のブログ
http://sekio516.exblog.jp/

※関連記事 三国志の考古学(2019年6月)


 上記ページから下記へ目次を引用するに、

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  まえがき/凡例/目次

本篇

 第1章 「張純の乱」始末

 第2章 山越とその居住域

 第3章 曹魏政権と山越

 第4章 漢魏交替期の河西

 補論1 「晉護羌校尉彭祈碑」について

 第5章 「曹真残碑」の世界――張進と諸葛亮

 補論2 曹真の官歴について

 第6章 クシャン朝と倭――研究史をふりかえる

附録

 附録1 渡邉義浩「漢魏交替期の社会」について

 附録2 渡邉義浩『三国志事典』/神野正史『世界史劇場 正史三国志』に    ついて

 附録3 葭森健介「『三国志』東夷伝の世界観」について

  あとがき/奥付 

 

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そうそう碑陽の「蜀賊諸葛亮」の「賊」が削られ、今や「諸葛亮」の文字も削られたことでお馴染みの曹真碑。付録がエキサイトな予感。

※関連記事
 リンク:『魏晉石刻資料選注』
 全譯三國志 全九冊(2019年11月22日-)

 本編と関係ないけど、関尾先生はURLを部屋番号とか番地とかでリンクさせがちだね。
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5864