美周郎がはなれない(Matogrosso 2021年8月5日-)

※前の記事 リンク:【朝配信】戦え平日朝配信!8月3日(火)(YouTube2021年)

 2021年8月5日木曜日。下記Accountの下記Statusで知ったこと。

・しちみ楼@第2巻発売中 (shichimi33) on Twitter
http://twitter.com/shichimi33

・Twitter / shichimi33: 【お知らせ】 暫定ですが新連載が始まりました。周瑜と孫策が主人公の作品です。応援よろしくお願い申し上げます。 #三国志 #漫画 #新連載 美周郎がはなれない 第1話 | Matogrosso http://matogrosso.jp/kin-ken/bi-syuroh01.html ...
https://twitter.com/shichimi33/status/1423117499449503747

 下記の「出版社イースト・プレスが運営するWeb文芸誌マトグロッソ」にある下記ページに、2021年8月5日木曜日より月一連載(暫定だそうで。次回9月2日)でマンガ作品、しちみ楼「美周郎がはなれない」第1話が掲載された。モバイル向けに縦スクロールのページ配置。

・Matogrosso
http://matogrosso.jp/

・美周郎がはなれない 第1話
http://matogrosso.jp/kin-ken/bi-syuroh01.html

※関連記事 滝口琳々先生のサイト「華流」


 個人的にはまずタイトルに吉川英治「三国志」由来の「美周郎」を用いたことで、読者の中の三国志ファンの反応が気になるところではあるけど、まぁ、意外と気になる方は少なそう。ちなみに下記の青空文庫から引用するに「だから当時、呉の人はこの年少紅顔の将軍を、軍中の美周郎と呼んだり、周郎周郎と持てはやしたりしたものだった。」というところね。

・吉川英治 三国志 赤壁の巻
https://www.aozora.gr.jp/cards/001562/files/52415_51066.html

※関連記事 レポート:関プチ5 全国ツアー:6/22特別講座「新発見!三国志と日本」勝手に予習(2014年6月22日)

 次に気になったのが孫策と周瑜が初対面の年齢。後述の『三国志』やその注の記述にあるように明確に数えで9歳でないことが示されているので(いやそもそも数え歳表記じゃないね)、やはり作品を面白くする創作部分と考えるのが自然であろう。

・東方の黄巾(孫氏からみた三国志32)
http://cte.main.jp/sunshi/w/w040924.html

・破虜将軍・孫文台(孫氏からみた三国志48)
http://cte.main.jp/sunshi/2008/0421.html

※関連記事 メモ:第35回 三国志街道の集い(2013年4月27日)

・『三国志』巻五十四周瑜伝
瑜長壯有姿貌。初、孫堅興義兵討董卓、徙家於舒。堅子策與瑜同年、獨相友善、瑜推道南大宅以舍策、升堂拜母、有無通共。

・『三国志』巻四十六孫破虜討逆伝注所引「江表伝」
堅為朱雋所表、為佐軍、留家著壽春。策年十餘歳、已交結知名、聲譽發聞。有周瑜者、與策同年、亦英達夙成、聞策聲聞、自舒來造焉。便推結分好、義同斷金、勸策徙居舒、策從之。


 日記パートに戻って、三国志ニュースの記事「VOICARION X 大阪歴史絵巻 ~孔明最後の一夜~(2021年5月5日)」を書く。8月6日金曜日。1時14分アマプラ、かげきしょうじょ!!#5 おもろいなー。女子パロディーもあり。韋駄天 一見少年マンガのスーパーヒーローものなんだけどな。『ヤングアニマル』か。迷宮ブラック #4 安心の展開。死神#4 新キャラが出てきた。うらみち#2 ブラック・コメディだね。作中番組って「ママンとトゥギャザー」だったっけ。仮眠して5時におきる。6時ぐらい。ちちんぷいぷい 道案内 治部なんて名字があるんだ。石田三成ファンだったらたまんないね、きっと。下記の朝配信をライブで見る。2回目のリアタイ! 8時→7時と思い違いされてたけど、6時→7時ね。というか、まくらさん(oftunLAB)のところに居た人って認識されてた。

・【朝配信】戦え平日朝配信!8月6日(金) - YouTube
https://youtu.be/5kd0BHmEJNU

※関連記事 リンク:【朝配信】戦え平日朝配信!8月3日(火)(YouTube2021年)

※新規関連記事 至治新刊全相平話三国志(国立公文書館デジタルアーカイブ)

三国志ニュースの記事「江戸の見立て文化と政治性(2021年8月27日)」を書く、8時30分アップ。寝落ちしたんで、もう一度、2020年4月8日テレビ大阪放送「ローカル路線バスVS鉄道」を見る。ちゃんと見ると意外とおもしろいね、過去の同局のバスもの鉄道ものなどの企画をこねくりまわして行き着いた先って感じが。松本ゴールなんで土地に馴染みがないけど、それでも小ネタをあれこれ用意されてる。はじめ鉄道圧勝とか思ってしまうのだけど、チェックポイントの観光地へのアクセスは鉄道には分が悪いってバランスのとり方と、バスの方はヒューマンエラーが多いバランスのとり方。いや村上さんのは常識的なやり方があるのに、ゲーム内での返却だから台本どおりなんだろうか。

※次の記事 至治新刊全相平話三国志(国立公文書館デジタルアーカイブ)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5785