三國政権の構造と「名士」 増補版(2020年12月21日)


※前の記事 河西魏晋・〈五胡〉墓出土 鎮墓瓶銘(鎮墓文)集成(2020年10月19日)

 2020年11月1日日曜日9時ぐらい、都内某スターバックス・コーヒーから出発。東京メトロ丸ノ内線(池袋行)に乗っていて、車内でWiFiが使えるんで、下記のTwitter AccountのStatusで知る。

・猫の泉 (nekonoizumi) on Twitter
https://twitter.com/nekonoizumi

・Twitter / nekonoizumi: 目次あり。「待望の名著――増補版刊行なる! 本書は、二〇〇四年に刊行した『三國政権の構造と「名士」』に、新たに五篇の論文を加え再構成したものである。」 ⇒渡邉義浩 『三國政権の構造と「名士」 増補版』 汲古書院 http://kyuko.asia/book/b538000.html ...
https://twitter.com/nekonoizumi/status/1322185818924937221

 下記出版社サイトの下記書籍ページによると汲古書院から2020年12月21日に渡邉義浩『三國政権の構造と「名士」 増補版』(ISBN 9784762966736)が12000円(税別)で出版されるという。煽り文は「◎待望の名著――増補版刊行なる!」とのこと。そこからもわかるように2004年の同著の増補版に当たる。

・株式会社汲古書院      古典・学術図書出版
http://www.kyuko.asia/

※関連記事 河西魏晋・〈五胡〉墓出土 鎮墓瓶銘(鎮墓文)集成(2020年10月19日)

・三國政権の構造と「名士」 増補版
http://www.kyuko.asia/book/b538000.html

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事 三国志人物大事典(2020年3月2日発売)

※新規関連記事 リンク:「曹操は無双しません」ゲームから三国志に興味をもった人が勘違いしがちなこと(PRESIDENT2021年5月3日)

・Re:三国志書物の需要と供給
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one&no=820

※関連記事 英雄大戦 曹操対ハンニバル(2004年10月)

※新規関連記事 リンク:新解釈・三國志 その1その2その3(竹内真彦|note 2020年12月15-16日)


 前述の書籍ページから下記に内容紹介文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本書は、二〇〇四年に刊行した『三國政権の構造と「名士」』に、新たに五篇の論文を加え再構成したものである。新たな論文は以下である。

序 論 第二節 中国貴族制と文化資本論の射程
第二章 第四節 諸葛亮像の変遷
第四章 第四節 中国における「文」概念の展開
第四章 第五節 洛陽曹魏墓と曹操高陵
第四章 第九節 魏晉南北朝における「品」的秩序の展開

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※次の記事 神保町ブックフリマ(2020年10月30日11月1日)

※新規関連記事 メモ:第7回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2021年7月10日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5525