リンク:木鹿大王攷(中国古籍文化研究 稲畑耕一郎教授退休記念論集 2018年3月)

※前の記事 三国志群雄太守県令勢力図 下(2019年12月30日発行)

 2019年12月30日月曜日4時半、静岡県内の某マンガ喫茶で目覚める。前の記事で予告したように、織風斎『三国志群雄太守県令勢力図』(下)(三国志武将列伝2019年12月30日発行)p.121「はみだしコラム⑨~「三国演義の南蛮討伐の元ネタ」」で知った、ネットで読める論文のリンク。※追記。この記事を書いているとき、余談だけど著者名と「木鹿大王」をキーワードに検索すると、私の環境では四番目に自分が書いた三国志学会FACEBOOKページが出てくるんで、ネットで読めることを知らずにいたってことか。それより三国志研究会(全国版)は素晴らしいってことか。

※関連記事 三国志研究会(全国版) (2016年6月26日より毎月第三日曜日)

・柿沼陽平研究室
http://yohey0806.sun.macserver.jp/

※関連記事
 劉備と諸葛亮 カネ勘定の『三国志』(2018年5月18日)
 第3回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2019年10月26日)

※新規関連記事 中国古代貨幣経済の持続と転換(2018年2月20日発行)

※新規関連記事 リンク:魏晋時代の人びととそのつながり(2016年2月)

※新規関連記事 三国志の真実(2019年7月)

・日本語論文
http://yohey0806.sun.macserver.jp/works.html

 上記の論文リストページの28番目に
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
28.「木鹿大王攷――『三国志演義』とメルヴと雲南ナシ族をつなぐ一試論」(『中国古籍文化研究 稲畑耕一郎教授退休記念論集』下巻,東方書店,2018年3月,203-214頁
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
とあって、そこにアイコンでその論文のPDFにリンクされてあって、ネット上で柿沼陽平氏の該当論文が読める。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

※関連記事 中国古典名劇選 II(2019年12月中旬)

※新規関連記事 Rise of Kingdoms―万国覚醒―(2019年12月16日)

・国内書中国古籍文化研究稲畑耕一郎教授退休記念論集(全2冊)
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4497218056&bookType=jp

※関連記事
 2005年11月中旬「図説 中国文明史」第五巻 魏晋南北朝・融合する文明
 北京大学版 中国の文明 3(2015年7月25日)

 その論文が収録されているのが上記ページにあるように、早稲田大学中国古籍文化研究所/編『中国古籍文化研究 稲畑耕一郎教授退休記念論集』(東方書店2018年3月)で、13200円で販売される。


※関連記事 リンク:桃園結義始末(未名 第三十六号 2018年3月)

 それで上記関連記事同様、いつものように目次でまとめてみよう。

203 はじめに
203 一、『三国志演義』版本研究よりみた木鹿大王らの起源
203 三 「対称性」と「円環」
203 (1)毛宗崗本『三国志演義』よりみた諸葛南征
205 (2)『演義』版本研究よりみた木鹿大王らの登場時期
206 二、元末明初に生まれた木鹿大王ら
207 三、木鹿大王らの起源
207 (1)木鹿大王とメルヴ
209 (2)西域・モンゴル系統の名前
209 (1)自らの特徴や役回りをしめす名前(万安隠者孟節、帯来洞主・金環三結・兀突骨)。
209 (2)南蛮西南夷を象徴する名前(八番、九十三甸、銀坑洞、阿会喃、董荼奴・祝融夫人)。
210 (3)西域・モンゴル系統の名前(木鹿大王、烏戈国、鄂煥、忙牙長、朶思大王、兀突骨、盤蛇谷)。
211 おわりに
212 【注】

 あれこれ可能性が感じられて興味深い。

※リンク追記。三国志研究会(全国版)に続いて採用されて浸透力がすばらしいな
・Twitter / 3594brothers: ヨシヒコも登場!?興味がありましたら 柿沼陽平先生の論文「木鹿大王攷」http://yohey0806.sun.macserver.jp/data/shizhao20181.pdf を読んでいただくと面白いかもです。今日お話した内容の後半の多くはコチラに依っています ...
https://twitter.com/3594brothers/status/1289890573491396609

※関連記事 三国志 義兄弟の宴(東京都港区 2015年9月13日-)


 マンガ喫茶の9時間ナイトパックが5時5分までなんで、準備のみ。あわてて昨日の同人誌の写真はとった。やはりこの季節のこの時間は富士山を撮れない。始発で出発。メイ『台湾のポ◯モンGOイベントに行ってきた!』(虚空100万マイル2019年12月30日発行)を読んでた。ひたすら昨日かった同人誌のリストづくり。読み込んでしまうね。都内のモスバーガーへ。BLTバーガーセット。雨ふってるし。

・モスバーガー本郷三丁目店 | 店舗案内 | モスバーガー公式サイト
https://www.mos.jp/shop/detail/04815

※関連記事 日野 八坂神社本殿(1800年)

※新規関連記事 劉備徳子は静かに暮らしたい 5巻(単行本2020年3月5日)

※次の記事 作って遊べる三国志(2019年12月30日発行)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5207