メモ:横浜中華街で令和最初の三国志会(2019年5月4日)


※前の記事 深く美しき香港漫画の世界(大香港研究会2014年5月3日発行)

 2018年5月4日土曜日夕方。結局、神田から京浜東北線各駅停車で。18時22分石川町駅到着予定。それで目的地は横浜中華街の「横浜中華 三国演義」というお店、そこで開催の「横浜中華街で令和最初の三国志会」に参加すること。参加者3名。

・[TwiPla] 横浜中華街で令和最初の三国志会
https://twipla.jp/events/380789

※関連記事 横浜中華街で令和最初の三国志会(2019年5月4日)

・横浜中華街 三国演義【公式】
https://sangokuengi.owst.jp/

※新規関連記事 メモ:横浜中華街 三国演義 孫権コース(2019年5月26日)

・関羽コース <全10品> お一人様3980円
https://sangokuengi.owst.jp/courses/12895726


 それで1階の中華卓に通されたんだけど、メニューとか、三国が散りばめられているのに対して、店内はあまり三国要素がなく、近くには八仙の絵があって、どうせなら七賢にすればいいのに、って思ってた。それで楪らくさんとあんちょさんの初々しい初対面会話をニヨニヨ眺めながら。あんちょさん「于禁好きだったら関羽のこと一日一回は考える」。やはり『真・三國無双』が共通の話題になって興味深い拝聴していた、于禁ね。
 それで目的のコース料理、関羽コースちょっと写真とメニューを表にして下記にまとめてみた。

3種冷菜の盛り合わせ

二色エビマヨ

鶏肉とカシューナッツのチーズ煮込

北京ダック

豚肉とピーマンの細切り炒め

3種点心盛り合わせ

海鮮あんかけチャーハン

海藻入りスープ

関羽杏仁豆腐

季節フルーツ
  
 それで鶏肉とカシューナッツのチーズ煮込が評判良くて、後で由来がわかんないだろうな、と前置きしつつ「関羽さん、マジパネエっス」がギャグに昇華されてた。あと別のコースでは「杏仁豆腐」があって関羽杏仁豆腐とどう違うのかという話。曹操コースにも関羽杏仁豆腐があるのはさすが。
 あと「甘寧一番乗り」は『三国志』や『三国志演義』ではどうだったかの話。前者では呂蒙が鼓を叩いている話や後者では武器の描写があるといった話。

・『三国志』巻五十四呉書呂蒙伝
蒙乃薦甘寧為升城督、督攻在前、蒙以精銳繼之。侵晨進攻、蒙手執枹鼓、士卒皆騰踊自升、食時破之。

・『三国志演義』第六十七回 曹操平定漢中地、張遼威震逍遙津
權從之。次日五更、飯畢、三軍大進。城上矢石齊下。甘寧手執鐵練、冒矢石而上。朱光令弓拏手齊射、甘寧撥開箭林、一練打倒朱光。呂蒙親自擂鼓。

 それで二人してあんちょさんに「第9回 Cha-ngokushiで『三国志メシ』を作ろう」の紹介。やっぱり傅燮茶から傅燮話になるよね。

※関連記事
 メモ:第9回 Cha-ngokushiで『三国志メシ』を作ろう(2019年3月24日)
 プチオフ会「諸葛亭へ一顧しよう!」1(2008年9月13日)

 映画『レッドクリフ』。やっぱし「関羽さん、マジパネエ」。「レッドクリフのころはよかった」というネタっぽく話す清岡。昔話だと自ら茶化しながら三国志検定があって云々。

※関連記事 第2回三国志検定(2009年7月12日)

 児童書『呉書 三国志』、モンキー・パンチ先生の挿絵がないよって清岡が申し上げるとあんちょさんは「孫呉はそういうこと、あるよ」という旨をおっしゃっていた。于禁のNGワード話。らーめん鳳雛話。そして次回の会の名前、やはり「関羽さん、マジパネエ」からいつのまにか「冷艶鋸鑑賞会」に(笑)

※関連記事
 呉書 三国志(復刊2019年3月28日)
 らーめん鳳雛(東京都練馬区江古田 2017年2月14日-)

※新規関連記事 冷艶鋸鑑賞会という名の三国志会@横浜中華街(2019年6月29日)

 ということで21時30分ぐらいに店を後にする。

※次の記事 漢史一斑(文部省1876年)

※新規関連記事 時空旅人 2019年7月号(2019年5月25日発売)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/4971