明清のおみくじと社会 関帝霊籤の全訳(2017年9月発行)

※関連記事 三国志学会 第十二回大会(2017年9月9日土曜日)

上記関連記事で触れた三国志学会第十二回大会で知ったこと。下記出版社サイトによると2017年9月に研文出版より小川陽一『明清のおみくじと社会 関帝霊籤の全訳』(研文選書127、ISBN978-4-87636-425-1)が2916円で発行したという。三国から離れる明清だけど「関帝」と三国にルーツをもつ文化。何より下記サイトの該当部分によると、「『関帝霊籤』全百籤(本)の現代語訳を附す。」とのことだし。関帝おみくじの100の結果全部の訳ね。

・<通販>研文出版(山本書店) - 中国図書専門 研文出版(神保町 山本書店出版部)
http://www.kenbunshuppan.com/

※関連記事
 中国古典文学と挿画文化(2014年2月)
 ノート3:三国志学会 第五回大会
 中国学の散歩道―独り読む中国学入門(2015年10月)


上記の出版社サイトから下記へ目次を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まえがき

前篇 『関帝霊籤』とその世界

第一章 関帝廟と『関帝霊籤』

関帝廟の繁栄/『関帝霊籤』の人気/『関帝霊籤』の流布

第二章 明清小説の中の『関帝霊籤』

明清の小説と『関帝霊籤』/文言小説の場合/白話小説の場合/明清小説の中の『関帝霊籤』一覧表

第三章 『関帝霊籤』の歴史

霊籤各種/明清小説の中の霊籤/『関帝霊籤』の出現/『江東王霊籤』から『関帝霊籤』へ/非『江東王霊籤』系の『関帝霊籤』/韓州聖済廟霊跡碑

第四章 『関帝霊籤』流行の背景

関帝神崇拝の高まり/善書の流行/民間学校の教科書に『覚世経』/三国の抗争を描いた小説・講釈・戯曲・ことば遊びの流行

第五章 『関帝霊籤』の籤紙の体裁と内訳

『関帝霊籤』の引きかた/『関帝霊籤』の籤紙の体裁/籤詩と聖意の内訳/籤詩と『易経』/籤詩と善書/『関帝霊籤』の聖意一覧表

第六章 『関帝霊籤』と明清社会

訴訟の風習と明清社会/行人の辛苦と明清社会/嗣子願望と明清社会

終章に代えて

後篇 『関帝霊籤』全百籤の訳文

凡例/『関帝霊籤』の引き方/主な資料・文献/あとがき

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※新規関連記事 立命館大学の日本史世界史入試で三国志関連2018
http://cte.main.jp/newsch/article.php/4346