中国の書跡 隋唐時代の書―拓本の世界―(東京国立博物館2017年4月25日-2017年6月25日)

下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・トーハク広報室 (TNM_PR) on Twitter
https://twitter.com/TNM_PR

・Twitter / TNM_PR: 【東洋館8室】三国・魏の皇族である曹植(そうしょく)の廟「曹子建廟碑」。楷書を基調としつつ、篆書・隷書の造形や筆法を交えた字姿を見比べてみてください ...
http://twitter.com/TNM_PR/status/874823805843189760

下記美術館サイトの下記展示案内ページによると、東京都台東区上野公園13-9 東京国立博物館 東洋館8室にて2017年4月25日火曜日から6月25日日曜日まで特別展「中国の書跡 隋唐時代の書―拓本の世界―」が開催中という。リストを見ると、「曹子建廟碑 1幅 中国 隋時代・開皇13年(593)」がある。

・東京国立博物館 - トーハク
http://www.tnm.jp/

・東京国立博物館 - 展示 アジアギャラリー(東洋館) 中国の書跡 隋唐時代の書―拓本の世界― 作品リスト
http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=5021

※関連記事
 国宝 金沢文庫展(2017年4月28日-6月18日)
 曹全を追え
 「魏晋南北朝史と石刻史料研究の新展開」ノート1(2008年9月14日)


そういや曹全碑とか晉辟雍碑とか三国時代周辺の拓本じゃなくて、時代が下ってからの拓本ってのは三国志ファンの間であまり聞かないな…って私が不勉強なだけだろうけど。

※新規関連記事 あの人、こんな字!―歴史上の人物たち― 【中国編】(台東区立書道博物館2017年6月27日-12月17日)

※新規関連記事 曹全碑(2017年9月30日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/4258