本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

伊独戦!


※前回の同カード・安東尼奥さんによりバロテッリ覚醒?!(2012年6月28日の雑記)

※ドイツの前戦・ズラタンが居ない中で(2013年10月15日の雑記)

※前戦・プランデッリの言うようにランクアップに貢献できるか(2013年10月16日の雑記)

Video Rai.TV - RaiSport - Italia - Germania 1-1 | La partita
※結果がバレバレなページタイトルにページ本文ではあるが、日本からの正規ルートだとここでしか観戦できない。

 現地時間2013年11月15日 20:45キックオフ、ナイトゲーム。フレンドリー・マッチ イタリア×ドイツを上記サイトで見る。イタリア、ミラノ、サン・シーロ。やっぱり冒頭で実況がボナセーラボナセーラ言っている。それよりさきにサポーターの機動隊みたいなのが出場している熱狂的映像。なぜ? そしてなぜかアッレグリの来場するところをインタビューに待ち受ける映像。バロテッリについて聞いているようだね。その次が入場前映像。
 イタリアのユニフォームはプーマで全身青。ドイツのはアディダスで全身白。赤いポイントがある。ドイツ国歌から。ジェローム・ボアテングが居る。そしてイタリア国歌。やっぱり熱唱! プランデッリも熱唱だ。マリオも白い息を吐き唄っている。CMがカットしきれず微妙に残っている。ブッフォンがカピターノ、ラームがキャプテン。

 イタリア4-3-1-2 プランデッリ監督
  1ブッフォン(カピターノ)
  7アバーテ、15バルザッリ、19ボヌッチ、4クリシト
  8マルキージオ、21アンドレア・ピルロ、5モッタ
  18リッカルド・モントリーヴォ
  9マリオ・バロテッリ、10オスヴァルド

 ドイツ4-2-3-1 監督
  1ノイアー
  4ホヴェズ、5フンメルス、20ボアテング、7ヤンセン
  6ケディラ、16ラーム(キャプテン)
  13ミュラー、18クロース、9シュルレ
  19ゲッツェ

 ドイツからのキックオフ、右へ。イタリアのカウンターでマリオがセンターラインからボールを運び、自らミドルシュート。左に外れる。挨拶代わりだね。1分、ドイツのターン。カットされ、ピルロがキープ。戻す。ドイツがカット右へ。2分、イタリアのカウンター。ピルロのロングフィードはオスヴァルドに届かず、カットされ、それをマリオが拾ってファールを誘う。フリーキック。ピルロがキッカーで落ちきれず。3分、ドイツのゴールキック。拾いきれず。イタリアが前へフィード。マリオに通らず。ボールを回す。右から。カットされる。4分、そのまま左を上がり、クロス。ニアで弾かれる。戻すイタリア。右へ回す。アバーテの縦パス。オスヴァルドに通らず。ドイツのターン。右から。5分、中央に回し、右に戻すと誰とも合わず。イタリアのスローイン。組み立て。リッカがセンターラインまで下がる。6分、ピルロの右奥へのパスはアバーテに通らず。ドイツのカウンター。順調にパスを繋ぎあがっていくが、ボックスに入るのを許さず。右のコーナーキック。ショート。再び右のコーナーキック。7分、中央でフンメルスが頭に合わせて、左に行く。ブッフォンが反応するものの、ポストに当たり、そのまま、中に入ってしまう。0-1でドイツの先制。不運だね、イタリアは。8分、ドイツのターン。左から。ミドルフィードはアバーテが拾う。リッカへの縦パス、さらにマリオへの縦パスは通らず。ドイツのターン。9分、左から。右にパスを回す。右に張り、攻める。ミュラーのクロスは弾かれる。右からのコーナーキック。またもヘディングシュート。今度は右に逸れる。10分、ドイツのスローイン。戻す。右からドリブルで上がる。パスで崩しにかかる。中央へ戻し、ミドルシュート。浮く。11分、アバーテのクロスはキーパーがキャッチ。12分、ドイツのターン。中盤でカットし、イタリアが体を入れ替え中央突破をはかるがカットされる。ドイツのターン。右から。戻し気味。相手のラインを引っ張っているかな。13分、イタリアがカットするが一旦、ブッフォンに戻す。カットされケディラが右奥へ運ぶ。いなされる。イタリアのターン。14分、左から。ミドルフィードはマリオに合わず。イタリアが拾い、ピルロに返される。パスを繋ぐ。15分、ピルロの左奥へのパス。合わず。ドイツのターン。左をドリブルで上がる。中央へ戻し、右へ。左へボールが流れ、ボックスへ迫るがアバーテがクリア。16分、マリオが低い位置でロスト。ドイツのターン。戻す。すきをついた右からのケディラのミドルシュートはブッフォンが飛ぶも触れず左のポストに当たり、あわや一点目の再現に。17分、ドイツのターン。18分、イタリアに攻撃が移る。右から。ミドルフィードがこぼれマリオが拾い、ボックス進入しようとするが肩から体を当てられ止められる。ノーファール。19分、ドイツのターン。右から。戻し、左右のサイドに振る。20分、左から。アバーテがいなし、スローインでイタリアボール。しかしセンターラインを越える前にドイツに奪われる。ドイツのターン。21分、右から。左に回り、崩しにかかる。戻し気味のサイドチェンジ。上がる。再び左へ。22分、また右へ。なかなか上がらないドイツ。ピルロがカット。イタリアは右へ。ブッフォンに戻す。23分、短いパスで徐々に上がるイタリア。左へ回る。ピルロのミドルフィードはマリオと合わず。ドイツのターン。右から。24分ゲッツェとバルザッリのマッチアップ、バルザッリのファール。ミドルフィードがボックスの左奥に行って頭で折り返すがブッフォンがキャッチ。それを前に送り、ハイボールで競って、マリオが倒れる。ノーファール。25分、イタリアのターン。組み立て。26分、アバーテから降りてきたマリオへ。そこから左にまわすがマルキージオとクリスチトのコンビネーションが合わず。右からのコーナーキック。弾かれる。右のピルロに零れる。27分、右奥で粘る。カットされるもアバーテがフォローに入り零れたボールを拾い、マークを振り払い、右サイドからボックス進入し、追うディフェンダーと立ちはだかるディフェンダーを前に居るボヌッチとのワンツーで、切り抜けシュート。それが早くバウンドしながら左隅に入る! 1-1でイタリアが追い付く! アバーテは走りながら投げキッス! いやー、この舞台でゴールってすげー。この勢いを是非クラブで! 28分、ドイツのターン。会場はまだ興奮おさまらず。29分、ドイツが右から上がるも続かず。イタリアのターン。マリオがドリブルで粘る。30分、アバーテに回る。パスを左に繋ぐ。左からのクロスは弾かれる。左からのスローインでロスト。ドイツのターン。右を上がる。クロスは眼前で弾かれる。マルキージオのカット。31分、ドイツのターン、バイタル中央のスルーパスが通るも受けきれず。高い位置でのドイツのカットで、シュルレがミドルシュート。バーに当たる! 惜しい。32分、イタリアのターン。リッカの右からのスローイン。右から。33分、ピルロのミドルフィードが弾かれ、零れ、マルキージオのミドルシュートは浮く。ドイツのターン。バイタル中央でポストプレーへのパスはいなされる。34分、イタリアのターン。零れ玉を拾うモッタが豪快に転びファールを誘う。35分、フリーキックは弾かれ、攻防。ピルロの左のマリオへのミドルフィードはオフサイド。ドイツのターン。36分、アバーテがクロス。中で弾かれる。右サイドで倒されフリーキック。37分、キッカーはピルロ。オスヴァルドがヘディングシュートするが右に外れる。イタリアのターン。38分、中央から崩しにかかる。オスヴァルドがドリブルでボックス進入しようとするがいなされる。ハイボールのルーズボール。ドイツが拾い、右から。マリオが降りてきて、颯爽とボールテイク。途中で他の選手がファールに合う。バイタル中央でマリオがボールを得て、体を入れ替え、前を向くが服を引っ張られ倒される。ノーファール。ドイツのカウンター。ボックス左までドイツがいくが、シュートまでいけず。40分、イタリアの組み立て。パスが合わずドイツのターン。左へのサイドチェンジ。カットが相手へのパスになりドイツが左から切り込む。防がれる。マリオが胸トラップするも、前からの選手に取られる。41分、高い位置でドイツがカット、ショートカウンターだがシュートまでいけず。右から。左に回す。グラウンダーのクロスは弾かれる。42分、ドイツのターン。カットされる。イタリアのターン。モッタが運ぶ。左へ。リッカの放り込みのパスは零れる。戻すマリオ。43分、ハイボールの競り合いでイタリアがファールを誘う。ピルロの縦パスがリッカに通る。いけず、一旦、戻す。左へ。ドイツが上がる。バルザッリがドリブルで上がりケディラと低い位置でマッチアップ。ファールを誘う。44分、イタリアのターン。ピルロのロングフィードはオスヴァルドに合わず。1-1で前半終了。
 マリオが審判に何やら言っている。ピッチ内にアドバルーンが上がる。ブッフォンとバルザッリが何やら話している。
 45分、イタリアからのキックオフ。戻してのミドルフィードは合わず。ドイツのターン。イタリアの組み立て。左から。中央のマリオへのパスはカットされる。46分、イタリアのターン。左からのスローイン。シュールレが倒れていて中断。47分、ドイツのターン。48分、キーパーまで戻す。イタリアのターン。前へのフィードは通らず。ドイツのターン。49分、右から、切り込む。アバーテのようなワンツーはいなされ、零れたところでミドルシュートは右に外れる。イタリアのターン。マリオがまた転ぶ。滑っていたがフリーキック。50分、ピルロがキッカー。グラウンダーのパスをマルキージオがボックス左で受けてのシュートはセーブされる。惜しい。51分、イタリアのターン。右からのクロスは合わず。イタリアのターン。上がる。マリオがロスト。ドイツのターン。左から。グランダーのクロスは弾かれる。52分、オスヴァルド→6カンドレーヴァ交替。ドイツの左からのクロスがファーにいくが弾かれる。右からのクロスは方向が定まらず。ケディラが倒れている。リプレイではクロスの後に足を引っかけられたようだ。53分、ラームへのイエローカード。笑っている。何した? イタリアのターン。54分、左奥へ。ロスト。すぐに取り返すイタリア。右に回す。戻す。リッカが入れ替え右で粘る。戻す。右奥のマルキージオへのロングボールはオフサイド。親指を立てる。55分、イタリアのターン。マリオのポストプレー。左に流し、クロス。リッカとマリオが詰めるもシュート前にマリオが足を痛めたように倒れる。零れたところをボックス右からアバーテがシュートするもセーブされる。57分、ドイツのターン。左から。クロス。弾かれる。またドイツ。左から。左奥へ突破を図るが、うまくいかず。イタリアのターン。58分、組み立て。シュールレ→21ロイス交替。ゲッツェ→エジル交替。59分、ドイツのターン。ロイスが左からドリブルで上がる。ファーへパスし、コンビネーション。弾かれる。60分、ドイツの組み立て。ケディラが右に張る。戻す。左に回す。マルキージオがカットして、マリオへパス。ボールを運び、ひきつけマルキージオへパス。バイタル左から、マリオのパスは弾かれる。61分、左からのワンタッチのクロスはファーに行き、マルキージオがボックス内でヘディング。弾かれる。左からのコーナーキック。弾かれる。62分、イタリアのターン。左から。クロスを出すが弾かれる。イタリアが戻す。ドイツのターン。63分、イタリアのハイプレス。奪うが、一旦ブッフォンに戻す。ミドルフィードはマリオに通らず。64分、ドイツのターン。カットし、ピルロに回るときのルーズボールでケディラが倒れる。リプレイではケディラからぶつかっているね。65分、マリオがプランデッリから指示をうけている。ケディラは両肩を組まれ、ピッチ外へ。イタリアのターン。マリオが抜け出すかに見えたがいなされる。左からのスローイン。カンドレーヴァがボールを相手に当て、左のコーナーキック。66分、ケディラの代わりの選手が入る。キックはファーにいくが合わず。67分、ドイツのターン。左から。カットしてイタリアのカウンター。マリオに合わなかったがカンドレーヴァが粘り、一旦、戻す。68分、モッタが前を向きドリブルでいくが倒れる。69分、フリーキック。マリオがキッカー。味方に引っかかる。ドイツのカウンター。ファールで止められる。マルキージオのイエローカード。70分、バルザッリ→24オグボンナ交替。ドイツのフリーキック。頭を合わせるが方向が定まらず。71分、ドイツのターン。左へ。カットしイタリアのカウンター。零れはいバールををボックス内で収めようとするマリオ。うまくいかず。72分、クリシトのクロスは弾かれ零れる。ドイツのカウンター。防がれる。73分、低い位置でボールを回す。左に上がる。左からのクロスは弾かれる。戻す。74分、右奥へ。アバーテが中央のマリオへパス。ドリブルで進むがカットされる。アバーテが足をおさえ倒れる。距離のある右からフリーキック。75分、ファーへいきマリオが合わせられず、拾い戻す。76分、ドイツのターン。ボールを回す。77分、左から。右へ。右からのロングスロー。通りそうになるがいなされる。78分、ドイツのカウンター。バイタルで弾かれる。ドイツのターン。右奥へのサイドチェンジ。弾かれる。79分、右からのスローイン。クロスはあわせきれず。80分、ドイツが左から迫る。ミドルシュートは中で弾かれる。さらに迫る。バイタル中央でカットされる。イタリアのカウンターで止められる。何やらマリオがエキサイトして、相手を小突く。しばし両チームが入り乱れる。リプレイだとモッタの見事な足裁きながらモッタの手が空いての顔に当たって、それに気付かずマリオでフィードした後に中断しているね。82分、ドイツのターン。左から。エジルが左からドリブルでカットイン、ワンツーの後、ミドルシュートはうく。リッカがマークしていたのがきいたか。83分、カットしドイツのターン。右で転ぶ。クリシトのファール。距離の有る右からフリーキック。84分、弾かれる。カウンターにいけず。ゴールキック。85分、ドイツのターン。右へ。カットされるがイタリアンにカウンターを許さず。ドイツのターン。86分、ミュラー→15ベンデラ交替。87分、ドイツのターン。いつのまにかチェルチが入っている。ドイツが右奥へ。クロスは戻ったリッカに弾かれる。右のコーナーキック。88分、ニアで弾かれる。ゴールキック。戻す。組み立て。89分、ドイツが迫る。バイタル中央への横パスが通らず。ハイボールになり、アバーテが頭を当てブッフォンが飛びキャッチ。あわやオウンゴール。90分、ドイツのターン。アディショナルタイム2分、イタリアのターンだがドイツのスローインに。91分、中盤でルーズボール。ドイツが得て、右から。左右サイドに振る。ポストプレーから抜こうとするがカットされる。ボックス内の縦パスが通り、それをカットされるが、バイタル中央に零れシュート。また左ポストに当たり、絶好の位置に二人が詰めていたが、そのせいでシュートをすかす。それをクリアして、1-1で試合終了。

 ブッフォンとユニフォーム交換したのはゲッツェかな? プランデッリのインタビューへ。
 切らずに動画を流していたらアバーテのインタビューがあった。イタリア語だからわからんが。

※次戦・対アフリカ戦(2013年11月19日の雑記)

※イングランドの以降のマッチ・ウェンブリーでの国際親善試合(2013年11月20日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22