本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年7月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

チャンピオンズリーグ、プレーオフ進出をかけて


※同カード前回・落とせないマッチ(2013年1月6日の雑記)

※前節・ホーム最終節で決めきれるか(2013年5月13日の雑記)

AC Milan - Biglietti Milan online

 セリエA 2012/13 第38節 シエナ×ミランを見る。 2013年5月19日現地時間20:45キックオフのナイトゲーム。シエナ、スタディオアルテミオ・フランキ。解説/実況:三浦俊也/田中雄介。後日、BS12 TwellVの『ACミラン・チャンネル』を見て、追記する予定。解説/実況:野々村芳和/八塚浩

ACミラン・チャンネル2012/2013:BS12 TwellVで無料放送!

 1位ユヴェントス87点、2位ナポリ78点、3位ミラン69点、4位フィオレンティーナ67点、6位ウディネーゼ63点、7位ラツィオ61点、5位ローマ59点、8位カターニア55点、9位インテル54点
 
 シエナ3-5-2

 ミラン4-3-3 アッレグリ監督
  32アッビアーティ
  20アバーテ、17サパタ、76マリオ・ジェペス、2デ・シリオ
  18リッカルド・モントリーヴォ、23アンブロジーニ(カピターノ)、8ノチェリーノ
  19ニアン、45マリオ・バロテッリ、7ロビーニョ

 フィオレンティーナが勝って、ミランが引き分けになるとポイントで並ぶものの直接対決でミランが負けているのでチャンピオンズ・リーグ出場できないよ、と八塚さんが説明。
 ステファン・エル・シャーラウィ先発落ち。コンフェデレーション・カップ出場に黄色信号だし、アッレグリ監督がミランから出ていくという信号なんだろうか。つかジャンパオロ・パッツィーニもスタメンじゃない。笑顔のガッリアーニ映像。田中さんの現地メディア情報によると、シエナのトスカーナ・ダービーの相手はフィオレンティーナで、勝つとライバルをチャンピオンズ・リーグに行かせてしまうので、そこらへん影響するとかで。そして観客席のサリー・ムンタリの映像。(ジャージの上に)パーカー姿のボーヤン・クルキッチだ! そしてジャージ姿のマシュー・フラミニ。というかこの三人が並んで観戦。ガーナ人、スペイン人、フランス人、仲良いな。というか、バロテッリのクレスタがとれた。ただの坊主だ。怪我して出場できないケヴィン・プリンス・ボアテングへの敬意か? あとニアンがクレスタを少し染めている。シエナのユニフォームは白黒縦縞シャツの白パン白ソックス、ミランのは赤黒縦縞シャツに黒パン黒ソックス
 いきなりシエナのコーナーキック。アッビがキャッチ。右からニアンが攻めるもリッカに戻す。1分、左のシリオに行き、ロビーニョにパス。ロビーニョが左のノチェを使ってのワンツーから、ミドルシュートはキーパー正面。少しファンブルする。シエナのターン。右から攻めるもメクセスがあっさりカット。ロビーニョ→マリオと繋ぎ。最後、マリオが自ら強烈ミドルシュート。場内が沸く。キーパーセーブ。2分、ロビーニョの右のコーナーキックで、ニアでニアンが繋ぎ、マリオがスライディングにいくも足が届かず。ファーのサパタに行く前にカットされる。左のコーナーキック。ボックス内左にボールがこぼれ、ノチェがシュートにいくも直前でカット。野々村さんのノチェ評。3分、立ち上がりだけどミランが一方的に攻めていると八塚さん。左サイドからロビーニョのフリーキックにニアへアンブロが飛び込むもカットされる。左のコーナーキックが零れてリッカがスライディングのスルーパスするもとおらず。4分、シリオが左からのクロス。ニアにニアンが飛び込み頭を合わせるが外れる。右にアバーテが抜け出し、マイナス気味のクロスを出し、ボックス中央のフリーのノチェがボレーシュートするも浮かせる。おい、抑えろー! 5分、シエナ左からの攻撃。浮き球が左奥へ。サパタがいなす。ニアンの来シーズンの飛躍を期待すると八塚さん。6分、ボールを回すミラン。あまりプレスに来ないシエナ。サパタのサイドチェンジがシリオへ。しかし戻し、引き出そうとする。7分、ニアンが右コーナーで引き出し、近くのアバーテに零れ、そこからのクロスはファーへ。うまくロビーニョが収まらず、最後、ニアンのオフサイド。8分、なにやら審判が言っているが。なかなかゴールに迫れないミラン。左から。メクセスの左からの縦パスはカットされ、スローイン。左から崩しにかかる。ミランに余裕があると八塚さん。9分、アンブロの強烈ミドルシュートはディフェンダーのお腹へ。痛そう。シエナの右からの攻撃にシリオのミスで変な間があったがクリア。スローインからミドルシュートは浮く。10分、ミランの組み立て。高い位置でトライするシエナ。バロテッリが引き気味ですね、と田中さん。なんでしょうね、あの人(バロテッリ)の余裕は?と八塚さん。左からの攻めはクリアされる。フリダシ。11分、サッカーにおうおうにあるのはこの状態で点がはいらなければ今度はシエナ、と三浦さん。左から崩しにかかるミラン。12分、サイドチェンジ。右から。また左。メクセスがボールを回している。13分、リッカが縦パスを受け、スルーパス。右からニアンが飛び込んだが追い付かず。ニアンが右サイドで囲まれ、スローイン。14分、やはりセリエAはたとえ降格がきまったチームでも守りが堅いわ。15分、リッカがファールを受け、距離のあるところかあるところかあるところフリーキック。壁に当たる。シエナがカウンターにいくが、右サイドでマリオが戻ってカット。バロテッリ、がんばりましたと野々村さん。ニアンから右奥のノチェへのパスは通らず。今日はノチェリーノがトップ下のような感じだと野々村さん。16分、ロビーニョが左からボックス進入し、意表を突いた、グラウンダーのクロス。ファーでニアンがシュートにいくが空振り。おい! 初ゴールは? 17分、左から攻めるシエナ。クロスを出すも弾く。依然、シエナのターン。カウンターで、中央のマリオが浮き球のスルーパスを狙うが方向が定まらず。そしてフィオレンティーナ先制の知らせ。18分、ボールを回すシエナ。左からのクロスをリッカが外に出してしまう。19分、シエナの左からのコーナーキック。ボックス内でサパタに対するオフェンスファール。中盤でカットし、右から攻めるシエナ。ファーへのクロスは、ニアンが戻りカット。20分、左のコーナーキックで依然、続くシエナの攻撃。右のマリオのパスをバイタル手前で受けたロビーニョ。ドリブルでマークを外してのシュートは、良い感じでゴールの左にいくがキーパーのファインセーブ。会場が湧く。21分、左からのコーナーキックは弾かれ攻守交代。最後アッビが拾い組み立て。22分、中盤でマリオが後ろから足払いされる。リプレイではアンブロがボックス内で相手を引っ張ってこかせているところ。シエナのカウンターでマリオが取り返そうとするがファール。とりあえずカウンターはふせげた。24分、シエナのターンで左サイドでニアンのスライディングでファール。ニアンが圧力をかけたところ、アンブロがキャッチするところを狙って足を掛けファール。フリーキック。シエナの左からのフリーキックは一旦、ドリブルで前に出てからの浮き球。それをテルチィがヘディングシュートであっさり直立するアッビの左を通りゴール。1-0でシエナの先制。だめだー。ずるずるいきそう。もちろん希望的観測ではこれでカツが入る。集中力の欠如としか言いようがないと野々村さん。26分、アバーテのクロスにファーにノチェがあわせようとするもカットされる。27分、左から右へ回してのアバーテのクロスは弾かれる。もういちどリッカが回して、右からのアバーテのクロスにマリオが強烈ヘディング。しかし無情にもクロスバー! 28分、左からのロビーニョのコーナーキックにファーでメクセスが合わせるも方向定まらず。29分、ロビーニョが中盤でつぶされ、倒れながらも右のアバーテにパスを出すがオフサイド。30分、右サイドでニアンがあっさりボールロスト。シエナのターン。31分、ミランが攻め上がるが、またもシエナへの攻守交代。そのカウンターを中盤でリッカが粘り、右からのスローインにかわる。32分、ミランの組み立て。アッレグリとロビーニョのいざこざをアッレグリは否定、と八塚さん。33分、リッカに対するファール。距離のあるところからフリーキック。キッカーはもちろんマリオ。ふかす。34分、ゴールキックに高さでせってメクセスが空中で体当たり。イエローってわけじゃないのかな? 35分、ボールを回すシエナ。ニアンが取ってボールを運ぶもカットされ、シエナのショートカウンター。ニアンはしっかり守備をすると野々村さん。左からのミドルシュートはメクセスが頭でクリア。左からのコーナーキックでシエナがボールを回す。36分、アバーテのミドルフィードにロビーニョがスルー。しかし後ろの選手と共有できずシエナボール。37分、再びミランボール。リッカのパスにマリオのヒールパス。しかし直後、ダッシュしたリッカに合わず。マッチ前に仮にシエナが先手をとると難しいゲームになるとステファンが言ったそうで、その通りになったと八塚さん。38分、中盤でリッカがボールをおさめきれず、ハンド。シエナの左からのクロスに飛び込み落とすようなシュートするもサパタがカット。コーナーキック。39分、シエナの左からのクロスに三人通るも素通りで助かる。40分、ロビーニョによる。右からのコーナーキック。弾かれロビーニョのクロスは目前でカット。再びコーナーキック。ボールを回す。シエナがロングボール。カット。41分、左からの崩し。42分、カットされシエナのカウンター。オフサイド。いらいらしてなにやら言っているガッリアーニの映像。アバーテの右からのクロスはカットされる。右からのコナーキック。ロビーニョ。43分、弾かれ、リッカに戻し、そこからのミドルはふかす。44分、ミドルフィードで、マリオがつめるときに服を引っ張られ、相手にイエローカード。絶好の位置でフリーキック。リッカがキッカー。弾かれ零れたところにマリオが拾いに行きファールを誘う。45分、距離の有るところでマリオがキッカー。キーパーのファインセーブ。1-0でシエナがリードで前半終了。こんな展開になるとは思わなかったので、後半、ミラン大変ですねと野々村さん。
 田中さん、リストラ・ミラン、言い過ぎ。パッツォがお着替え。フィオレンティーナは3点リードとのこと。ニアン→11ジャンパオロ・パッツィーニ交替。45分。ボールを回すミラン。シエナへ攻守交代。右からせめるもカット。右から攻める。中央のノチェにボールが零れるが、そこからのパスはカットされる。46分。やはりパッツォが中央ではっている。本当にノチェがトップ下みたくなって、ボールを回している。マリオが右サイドからボックス進入、せめあぐねて、近くに飛び込んだリッカにパスするもオフェンスファール。47分、右から攻めるがカットされる。左からの攻めで中央のノチェにボールが回るもボールロスト。しかしノチェ、今日も調子が悪いな。ロビーニョがドリブルであがり、左奥へシリオを走らせるパス。しかしタイミングが合わずラインを割る。リッカが縦パス後、中盤で足を蹴られる。ミランボール。49分、左のロビーニョからのクロスは遠い。ボールを回す。マリオとリッカのコンビネーションがあわず。50分、シエナのカウンターは左にいき、ミランがいなす。サイドチェンジで左へ。シリオ→ノチェ→中央のロビーニョにいくが、スルーパスはカットされる。51分、そこからのパスがカットされシエナのカウンター。サパタがいなす。シエナの右のコーナーキック。ニアで零す。ゴールキック。サパタのパスが左のノチェが零す。雑。ひどいな。52分、たくさんの人数で守られている中、点で合わせるのはパッツィーニが優れていると野々村さん。中盤に降りてきたパッツォがファールを誘う。縦パスにロビーニョが倒される。53分、ミランボール。リッカ→ノチェ→シリオと左に行き、そこからのクロスは弾かれる。中でマリオのオフェンスファール。54分、右サイドでのマリオのドリブル。ちょっと後ろからチャージされ転ぶ。照れ笑いのマリオ。55分、右からのクロスは目の前のディフェンダーとキーパーにはじかれ左からのスローイン。組み直し。右へ回す。右からメクセスのドリブル。こういう固めた局面ではメクセスの攻撃参加が生きている。右からのスローイン。ロビーニョの左からのクロスにファーのアンブロがヘディングシュートするがその前にアンブロのファール。56分、シエナのカウンターをアンブロが体を入れてカット。ロビーニョがドリブルで切り込むも倒される。57分、ステファン準備。リッカのフリーキックがファーにいくが戻す。そこからの攻めがカットされシエナのカウンター。いなして攻守交代。左のリッカからボックス右奥へ。メクセスがジャンプし足で落とし相手の手に当たるがハンドにならず。58分、マリオが右からのクロス。ファーでアンブロが頭で落とすも貰い手がいない。再びマリオのクロスは弾かれシエナのカウンター。サパタが戻って対応。ミランボール。59分、ノチェ→92ステファン・エル・シャーラウィ交替。どっちもどっちって気がするが。ステファンへの浮き球スルーパスはオフサイド。リプレイだとオンサイドだな。60分、シエナの選手交代。61分、マリオが簡単にボールロスト。シエナのカウンターをアンブロが止めてイエローカード。シエナのターン。仮にここで負けるとミラノ勢の居ない寂しいチャンピオンズリーグになると八塚さん。62分、15分に1本のペースだな…なんだか懐かしい言い回しだが。ツー・ボランチの形と三浦さん。ロビーニョが二列目の真ん中、マリオ二列目の右の4-2-3-1だね。シリオのゴールラインからの戻しのクロスはキーパーキャッチ。64分、バイタル中央からステファンの最終ラインを抜けるミドルシュートはキーパーキャッチ。65分、リッカがバイタル右におどりでてキープしてアバーテにパスそこからのパスが零れる。メクセスの右サイドからのミドルフィードにステファンがラインを抜け出し飛び込み頭を合わせるが、惜しくもバーの上。つか、入れろー! 66分、まだミランのターン。67分、ロビーニョがバイタル中央へ切り込むがカットされる。バイタル前にロビーニョがパスを受け、そこからのパスはカットされる。のろのろとした右へのパスをステファンが戻ってボールテイク。ロビーニョのスルーパスはカットされ、そこからの相手のカウンターに対しアンブロのスライディング。イエローカード。累積で退場。つかこれだけひどいマッチだとひどいとは思わない自分にビックリ。カピターノ腕章はリッカに渡される(※とこれは後日、象徴的なシーンとなる)。68分、そしてボールをパッツォと高さで競って、テルリッツィがイエローカードで退場。一旦、パッツォを吹っ飛ばした後、マリオが人差し指を立てて鼻の前に持っていくのが印象的だった。10人対10人。69分、マリオがキッカーで壁に当たる。ボックス内でルーズボールをせるマリオ。ハイキックのマリオのファール。71分、しかし荒れてきた。シエナのカウンター。アバーテの戻りが早い。左からの崩しで72分、ミドルシュートはゴールマウスの右へ行き、アッビがセーブ。73分、左サイドのステファンとシリオのコンビネーション。シリオの低いクロスは弾かれる。74分、シリオによる左のコーナーキック。シエナの選手が足を吊ったのか中断。シエナの選手の交代。75分、低いボールが右へ零れる。戻す。シリオのミドルフィードをステファンがボックス右で頭で折り返しマリオが詰めるもキーパーが抑える。76分、気付けば7分で1本ペース。メクセス…と思ったら表示間違えでアバーテ→21ケヴィン・コンスタン交替。交替はシリオを出した方が良いかな。野々村さんによるとコンスタンをボランチに置いて、スリーバックとのこと。78分、ポストプレーでマリオが倒れる。フリーキック。79分、キッカーマリオ。枠の左に落ちるが、キーパーセーブ。シエナのカウンター。コンスタンが押さえて、ステファンが戻ってきてカット。コーナーキックへ。しかしスリーバックになっているね。80分、アグラがドリブルで切り込みボックス進入をはたすがシリオがいなす。ラインを割った後、シリオとアグラが何やら言い合う。81分、シリオのクロスにボックス内のマリオが倒される。主演男優賞的な倒れ方だったが、ペナルティキック。ファール判定になったシエナの選手はやってられないって感じで一旦、ユニフォームのシャツを脱ぎかけるがすぐに着戻す。シエナの監督は退席処分。83分、マリオがキッカー。キーパーが右に飛んでからマリオが左に決める! 例のステップ。1-1でようやくフリダシに戻すミラン。アッレグリ監督は見られなかったんですね、今のシーン、と田中さん。気持ちは分かりますと三浦さん。84分、シエナのターン。85分、攻守交代。リッカからコンスタンへのパスでコンスタンが足をかけられ、相手のイエローカード。距離のあるところからフリーキック。リッカがキッカー。86分、一旦、左のステファンに出し、戻される。リッカからの浮き球はボックス右のメクセスに通り、胸トラップしシュート。しかしキーパー飛び出し倒れつつも右の脇で押さえている。と思ったら、メクセスの右のつま先がボールをとらえ、押し込む! 1-2でミランの逆転! メクセスはすぐに右に走って両膝でスライディング。そしてみんなで右コーナーにてメクセスに覆い被さる。うわぁ、嬉しさの余り見ているこっちが泣いちゃったよ。89分、シエナの選手の交代。そしてフェリペにレッドカードが出たと思ったらイエローカードに戻る。ファンが多い理由をこのへんの勝負強さにみる野々村さん。90分、ボールを回すミラン。左サイドで倒されるパッツォ。抗議する。91分、ひたすらボールを回すミラン。アディショナルタイム4分。コンスタンが手で「来いよ」ってやってからドリブルダッシュは突破できず。92分、まだボールを回すミラン。シエナに攻守交代。シエナの左でシリオがスライディング。ひっかけられ転び痛がるもシリオが涼しい顔でスローイン。そこからのカウンターでマリオがボールを運ぶも急がず。試合終了。1-2でミランが勝利! チャンピオンズリーグのプレーオフ進出! 笑顔で出てくるアッレグリ。メクセスにだきつぐニアン。アバーテとロビーニョが抱きついて飛び跳ねる。アッレグリとリッカがハグ。パッツォとコンスタン、アバーテの抱きついてのホッピングの輪が大きくなって、(ファンの贔屓目かステファンが呼び掛けたように見えたが)みんなで観客席に走っていって、ジャンプ。アバーテもステファンもなぜかズボンを脱いでいる。リッカはインナー姿、でもしっかりカピターノ腕章が付いている。それにインナー姿のパッツォが後ろから飛び付く。

※次戦・プレシーズン・マッチの幕開け(2013年7月24日の雑記)

※次節・セリエA開幕2013/2014(2013年8月25日の雑記)

ALLEGRI HAILS MILAN | News | AC Milan

 プレーオフというか、「in the preliminary round of the Champions League」という表現するんだね。

試合後インタビュー:CL予選出場権獲得 | ニュース | AC Milan

 前述の英語版と日本語版を合わせると、インタビューの数が相補関係にあるのかな? ともかくイタリア語が読めないのが口惜しい。

※次戦・イン・ハウス・フレンドリー(2013年7月14日の雑記)

※追記・日本で出世したファラオ(2013年6月12日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22