本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年8月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

ブラジルの調子を見てみよう


※ブラジル前戦・6月への前哨戦でもある(※2013年3月21日の雑記)

 テレ朝チャンネル2の2013年4月7日無料放送にてブラジル代表戦2013 国際親善試合 ブラジル×ロシアを見る。2013年3月25日現地時間ナイトゲーム。イングランド、ロンドン スタンフォード・ブリッジ。解説/実況:セルジオ越後/寺川俊平

 肩を組んでロシア国歌熱唱。ブラジルでも肩を組んでいる。こちらも歌っている。ロシアはミランのレジェンド監督でもあるカペッロ監督。

スコラーリ監督
12ジュリオ・セーザル 2ダニエウ・アウヴェス 3チアゴ・シウヴァ(キャプテン) ダヴィド・ルイス 5フェルナンド 6マルセロ 7オスカル 8エルナネス 9フレッジ 10カカ 11ネイマール

 前戦と照らし合わせると背番号は固定制でない感じだね。ブラジルは黄色のシャツに青パン白ソックス、ロシアは赤一色。国旗のデザインの右からタスキ掛けのラインが入ってる。
 左サイドにカカがボールを運ぶと歓声。2分、ロシアの距離のあるフリーキックは強烈で、セザールがファインセーブ。5分、ネイマールが右の低い位置から中央へボールを運ぶがロシアのプレスに合う。8分、ロシアの右のコーナーキックがゴール前に零れるもブラジルがなんとかクリア。9分、再びの右のコーナーキックにロシアの右からの強烈シュートは右に逸れる。10分、ブラジルのターン。左からマルセロがクロス。ボックス内で胸トラップが大きく納めきれず。その前にオフサイド。12分、右のコーナーキックで、中央で頭を合わせ、ファーに送るが、なんとかブラジルが体を入れてシュートまでいかせず防ぐ。14分、ロシアの左からのコーナーキックをブラジルがクリア。零れたところを強烈シュートをくらうがセーブ。16分、ロシアコール。ショートカウンターでカカとのワンツーは戻りでカットされる。17分、マルセロが左サイドを上がりファールを誘う。フリーキック。18分、マルセロがキッカーで合わせきれず零れる。19分、ダヴィド・ルイスのクロスにファーでネイマールらが飛び込み、ネイマールが胸トラップするがシュートまでいけず。20分、フェルナンドの左サイドからのフリーキック。直接狙うも浮く。21分、左からのクロスは、ダヴィド・ルイスが飛び込むもオフサイドポジションなので触らず。23分、ロシアは完全に引いたと寺川さん。26分、カカが入ってポジショニングがかわったと越後さん。ボールをゆっくり回すロシア。ショートカウンターでマルセロが前にパス。ネイマールに通り、そのシュートは外れる。32分、ネイマールがボックス内でキープ、3人に囲まれ潰される。ちょっと引きすぎてますね、と越後さん。34分、ロンドンは気温が1℃だそうな。40分、ロシアのカウンター。左サイドから中央へドリブルで寄せ、その左をオーバーラップしボックス進入。そこからのシュートは左へ外れる。43分、ロシアの右からのミドルシュートは左に外れる。0-0で前半終了。
 ロシアは3枚替えてくる。45分、左サイドよりオスカルのパスを受け、カカがライン際を切り込むもカットされる。左のコーナーキック。46分、弾かれる。50分、ネイマールが右サイドからクロスと思わせて直接狙うもキーパーが反応し、落とす。53分、攻め倦ねるブラジル。55分、カカが中央をドリブルで上がりワンツーを混ぜてボックス進入するもいなされる。コーナーキック。ニアに行くが、ダヴィド・ルイスのシュートは右に逸れる。57分、ネイマールが中央からドリブルで仕掛けるが突破できず、しかし良い位置でフリーキックを得る。58分、ダヴィド・ルイスのシュートが相手の顔面に当たる。しばし中断。63分、右からのクロスをブラジルがファーで落とし、拾ったカカが切り込もうとするもいけず、戻して、マルセロがミドルシュート。それをキーパーが拾う。66分、ロシアは引き分け狙いをしているように見られ、お客さんのフラストレーションが溜まっていると越後さん。オスカル→17フッキ交替。68分、(ポジションは)カカが右に出て、ネイマールが中央、と越後さん。69分、今は弱いロシアという印象があると越後さん。ネイマールがドリブルでバイタル左に戻りターンしてのミドルシュートはキーパー正面。71分、エルナレスにイエローカード。72分、ロシアが左サイドから短いパスをつないでボックス進入。シュートを放つも弾かれ、零れた球をすぐにシュートに行かずボックス内で短いパスをつないで、シュートがさらに弾かれ、零れた球をついに入れ込む! 0-1でロシアの先制! 73分、まさに弱いチームが守って守ってワンチャンスを得るサッカーだったと越後さん。75分、左サイドからフッキが切り込み戻しのパスにマルセロがボックス内左に飛び込んでのワンタッチでのシュートは左に逸れる。77分、カカ→19ジエゴ・コスタ交替。83分、フッキがマークを外し、左からのクロスにフレッジが飛び込もうとするが間に体を入れられる。85分、負傷によりロシアの選手交替。89分、左でのマルセロのショートパスにフッキが中央に出て、その間にマルセロがボックス左に進入。フッキからのスルーパスが通り、ボックス左からショートクロスを出す。フレッジがオフサイド、ギリギリの所で飛び出しニアで流し込む。1-1でブラジルがおいつく! フレッジがそのまま走っていきマルセロに抱きつく。アディショナルタイム3分。そして試合終了、1-1で引き分け。

※ブラジル次戦・ブラジル国内組のマッチ(※2013年4月7日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22