本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

ここまで来ると見応えがないというのは贅沢か


※ブラジル、以前のマッチ・イブラ欠場(2012年8月16日の雑記)

CSの朝日ニュースターにて、国際親善試合 ブラジル×中国 エスタディオ ホセ レゴマシエル 2012年9月12日開催を2013年1月6日放送分で見る。解説/実況:中西哲生/中村義昭。ブラジルはカナリアシャツに青パン白ソックス。中国は赤一色。ブラジルの前戦はサンパウロの南アフリカ戦だったそうな。そのためサントスのネイマールへのブーイングが激しかったと説明。

 ブラジル マノ・メネゼス監督
  1ディエゴ・アウヴェス
  2ダニエウ・アウヴェス、3デデ、4ダヴィド・ルイス、6マルセロ
  8ラミレス、5ロムロ
  20フッキ、10オスカー、11ネイマール、7ルーカス

 中国はスペインのカマーチョ監督だそうな。日韓ワールドカップのグループステージで戦ったカードだそうな。
 1分、ブラジルの右サイドのクロスはファーに行き、戻す。3分、ミランへの移籍の噂があったデデと紹介、最終ラインは豪華と中村さん。4分、左からのフリーキックは弾かれる。5分、フッキの短い縦パスにボックス右のオスカーがワンタッチし収め回転しつつ浮いたクロス。それに中央のネイマールが頭で合わせるも左のポストに当たる。惜しい! 6分、ブラジルのボックス左外のフリーキック。ネイマールがキッカー。弾かれ、右のコーナーキック。零れた球をボックス内のファーのルイスが収めようとするも転ばされる。ファールなし。9分、マルセロのクロスにフッキが飛び込むも届かず。10分、ラミレスの縦パスにフッキが突破と思われたが留まる。13分、ネイマールのパスを受けてのオスカーのミドルシュートは浮く。14分、日本×イラク戦の話を中西さんと中村さんがされている。この後のマッチだそうな。

カカはセレソン定着か(2012年10月16日の雑記)

 17分、フッキが右からやや中に入り、グラウンダーの強烈シュートはキーパーが防ぐ。18分、フッキの右からのクロスと思わせておいてループシュートはバーの上。20分、ルーカスの強烈ミドルシュートはキーパーがダブルパンチで弾く。21分、ラミレスの右サイドであがってきてのオスカーとのワンツーでボックス進入。キーパーとディフェンダーが出てきたところにチップ気味のループシュートが入る。1-0でブラジル先生! ラミレスはおしゃぶりパフォーマンス。25分、フッキの右サイドのスルーパスにボックス右でオスカーが飛び出し、それに二人が引っ張られ、そこからのクロスにネイマールが流し込む。ネイマールとルーカスの並んでのダンス。2-0でブラジルが差を付ける。28分、中国のフリーキックは直接狙うが、ブラジルが触れ、左のコーナーキックへ。29分、カウンターでネイマールが右サイドからボックス進入。そのグラウンダーのクロスはキーパーに抑えられる。31分、ネイマールがボックス左奥にドリブル突破し、ショートカウンターにオスカーが足を合わせて流し込むも浮いてクロスバー。惜しい。36分、ブラジルの左からのフリーキックにファーでデデが頭に合わせるもキーパーがセーブ。続く右のクロスにデデが頭に合わせるもディフェンダーが蹴り出す。39分、右からのオスカーのクロスにルイスが頭で合わせるも右上に大きく外れる。40分、カウンターでネイマールがキーパーを前に何回も切り返して、ループシュートするも中国の選手が何人も戻っていてクリア。2-0でブラジル勝ち越しで前半終了。
 47分、マルセロが負傷。プレイ続行のようだ。48分、フッキが右からバイタル中央にドリブルであがり、ボックス左へ飛び込んだルーカスへパスしシュート。確実に決めて3-0。51分ネイマールのドリブル突破はカットされ、一転、中国のカウンター。しかし高い位置でマルセロがカットしネイマールがそこからミドルシュートはクロスバー。零れたボールをバイタル右寄りからフッキが目の前の選手の股を抜きグラウンダーのシュート。それがゴールマウスの右に入り4-0でブラジルが差を付ける。フッキがシャツを脱ぎインターの文字を見せる。53分、マルセロのクロスをゴール前に飛び込んだネイマールが流し込む。5-0でブラジルが差を付ける。55分、アウベスの右からのクロスにネイマールがヘディングシュートしてもキーパー正面。56分、ルイスのロングボールにネイマールへのスルーパスとなりワンタッチで流し込もうとするも右に逸れる。59分、高い位置でボールテイクで、右のオスカーがボックス進入しクロスを出し、ネイマールが流し込む。ネイマールのハットトリック! 6-0でブラジルが差を付ける。ゴール直後キーパーが何か投げる仕草で悔しさを示す。61分、ラミレス→16アロウカ交替。66分、ネイマールがボックス進入するも右のマルセロにパスするもそこでカットされる。69分、中国の左からのコーナーキックにニアで頭をあわせるがキーパーのファインセーブでしのぐ。70分、ルーカスの左からのドリブル突破に左のフッキとのワンツーでいくもオウンゴールでゴールマウス右に流れる。7-0でブラジルが差を付ける。71分、アウベス→14アドリアーノ、ネイマール→19ジョナス交替。74分、マルセロのボックス内進入に肘が飛びペナルティーキックを得る。75分、キッカーはオスカーで確実に決める。8-0でブラジルが大差を付ける。78分、ロムロ→15サンドロ交替。80分、オスカー→9レアンドロ・ダミアン交替。88分、中国がエリア左外でフリーキックを得るも弾かれる。89分、中国が抜け出し右からシュートを打つも左に逸れる。惜しい! アディショナルタイム0分で終了。8-0でブラジルの勝利。

※ブラジル次戦・コルージャの止まるマッチ(2012年9月20日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22