本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2023年2月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
<<   >>

香川抜き(ベンチ外)


※前節・中東の笛(2012年6月12日の雑記)

※前戦・ワールドサッカーコレクションのCM(2012年9月6日の雑記)

 地上波で『2014FIFAワールドカップブラジル アジア地区最終予選 日本×イラク』を見る。日本は香川抜き(ベンチ外)の4-2-3-1。3分、イラクの左のCKは頭で合わせられ、するどいシュートが来るが、川島がダブルパンチで弾く。危ない! 10分、PA外で長友が中央にドリブルしてからの強いミドルシュートはキーパーにダブルパンチで弾かれる。勢いをつけるのに良い。14分、岡崎がPA右で切り返してディフェンダーを外してのファーへのクロスを清武が頭をあわせて強いシュートを打つもキーパーに弾かれ、それを拾って清武がクロスをあげ前田がヘディングするも枠外。清武、惜しい! 20分、イラクの左CKはファーにいって、足でシュート出されるも駒野の足にあたり外へ。24分、駒野が右サイドのスローインで、そこからから岡崎がドリブルでPA進入でショートクロスをあげ、前田が中央でヘディングしゴールマウスの左を突く。1-0。40分、イラクのカウンター速攻で左からディフェンダー越しに右へ絶妙なシュートを放たれるも、川島のファインセーブ! 45分+1分、ゴール前の競り合いの後、遠藤のボレーシュートが見れた。残念ながらディフェンダーに当たり軌道が変わってしまったが。45分、清武が足を踏まれる。大丈夫か? 59分、攻め続ける日本。68分、長友からのスピードを上げたあがりこみのクロスが本田にとおり頭であわせるも惜しくも浮く。72分、よくよく考えたら、後半は左サイドからの攻めが多くなった。79分、左サイドからの清武のクロスは本田がダイビングヘッドにいくが、キーパーのファインセーブに弾かれる。89分、前田→ハーフナー交替。アディショナルタイム3分。そのまま1-0で日本の勝利!

日本代表:苦しい試合でも、すぐに立て直せた熟成度 - 後藤健生コラム

※次戦・最後のカウンター(2012年10月13日の雑記)

※次節・香川不在の中で(2012年11月14日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22