三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
352 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【1721】孫堅が劉表を攻めた理由について 190 2005/5/1(日) 21:05 教えて
┣ 【1722】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について 黄虎洞 2005/5/2(月) 1:49
┃┗ 【1725】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について 190 2005/5/3(火) 14:12 感想
┃┗ 【1727】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について 黄虎洞 2005/5/4(水) 11:06
┃┗ 【2309】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について 190 2006/5/2(火) 21:38 教えて
┃┗ 【2310】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について むじん 2006/5/3(水) 0:28
┃┗ 【2315】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について 190 2006/5/7(日) 3:09 感想
┗ 【1732】ツリー修理完了 清岡美津夫 2005/5/10(火) 19:03 管理系

【1721】孫堅が劉表を攻めた理由について
教えて  190  - 2005/5/1(日) 21:05 -

引用なし
パスワード
   初めて書き込みします。
『190』と申します。

表題の件ですが、初平2年(191年)に孫堅が劉表の武将:黄祖を攻撃した事に対しての理由がどうしても分からなく、投稿させて頂きました。

ある時、ふと思いました。
「普通、戦争を始める際は、何かしらの大義名分があるはずだと・・・」

当時、『打倒!董卓』の旗印の元に孫堅は兵を起こしている分けですから、同じく「反董卓」を標榜している劉表に兵を向けると言う事は、孫堅軍の兵士・同盟相手等の孫堅側にたっている人達が何かしら納得する要因がないと、問題のある行為として、以後の孫策・孫権に敵対している勢力から、誹謗・中傷される事があったかと思います。(例:公孫瓚の袁紹に対する上疏文・または有名な陳琳の檄文の内容のような誹謗・中傷等)

私が正史三国志(ちくま学芸文庫版)を見る限り、孫堅が劉表を攻めた事に対する非難・非道を述べた記事あるいは手紙等は発見できませんでした。

もし、上記の孫堅の挙兵理由についての詳細を知っておられる方がいらっしゃいましたら、是非ご教授頂きたく思います。

よろしくお願いいたします。

【1722】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について
 黄虎洞  - 2005/5/2(月) 1:49 -

引用なし
パスワード
   孫堅が荊州の劉表を攻めた理由は、孫堅の意志と言うよりも袁術の意志です。
当時この地方にいた人は、南陽の袁術・荊州の劉表・長沙郡太守の孫堅らですが、
袁術も劉表も一応中央官界で名を成した名門の出です。孫堅は反董卓ほ挙兵の時、
単独行動をとるのではなく、袁術に身を寄せて行動致します。その袁術が劉表と
不和になり、袁術が劉表を攻めるに当たって孫堅を派遣するのです。
因って荊州攻めは袁術の意志ですが、実態は、いささかもてあましてきた孫堅を
劉表討伐と言う名目で追い払う意図が有ったようですし、孫堅の方もこの命令を
利用して自らの地盤を確保しようと狙っていた節が有ります。
要するに、袁術・孫堅それぞれの思惑が絡み合った荊州攻めですが、
その命を下して孫堅を派遣したのは袁術です。

【1725】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について
感想  190  - 2005/5/3(火) 14:12 -

引用なし
パスワード
   黄虎洞さん

早速のご回答ありがとうございます。
190です。

袁術の意思で孫堅が劉表を攻めたとの事でしたが、袁術に補給の大部分を依存していたとはいえ、打倒董卓から打倒劉表に目標を変更した孫堅に違和感があり、袁術・孫堅それぞれの思惑も含め下記に自分なりに孫堅の行動を検証してみました。

◆ 孫堅の発言と行動の矛盾

>孫堅が荊州の劉表を攻めた理由は、孫堅の意志と言うよりも袁術の意志です。

⇒ 袁術の意志に従って行動する際(袁紹の同盟相手である劉表を攻める事)、それ  までの孫堅の発言から矛盾に思う事を下記に記載致します。

発言その@:袁術が孫堅に疑惑を抱き、軍糧を供給しなかった時

「上は国家の為に賊を討ち、下は将軍のご家門の私的な恨みをお慰めする為です。」(破虜伝)

矛盾1) 上記の発言から董卓が討ち取られていない状況下で、劉表に対し兵を向け    ると言う事は、孫堅が董卓に対して挙兵した際の大義名分が失われている    思います。(挙兵の際、直接的あるいは、間接的に孫堅軍を妨害したとされ    「王叡・張咨」を殺害した事については、なおさら非難の対象になったと    思います。)なのに、なぜ袁術の命に従うのか?

発言そのA:袁紹が派遣した予州刺史に、陽人城を奪取された時

「義兵を挙げたのは社稷を救うためなのに、逆賊が破滅しそうになるとおのおのがこんな有様だ。吾は誰と力を合わせればよいのか!」(破虜伝注:呉録)

矛盾2) 上記の発言の際に、「孫堅の目から涙がこぼれた」と呉録では記載されて    います。にも関わらず、なぜ袁術の手先になり劉表に兵を向けたのか?

⇒ 上記から孫堅の発言と行動の一貫性のなさが、証明できると思います。

また、発言@の「袁紹・袁術の復習の為に戦っているのに・・・云々」とあるとおり、袁術が孫堅に疑惑を持ち兵糧を送らない矛盾に対して、孫堅は袁術に噛み付いているにも関わらず、袁紹の同盟相手の劉表を攻める事に対しては、噛み付かず、なぜ命令に従っているのかが腑に落ちません。

では、なぜ?結果的に孫堅の発言と行動に矛盾が出てしまったかを、下記の「孫堅の思惑」と照らし併せながら、推察してみました。


◆ 孫堅が袁術の命に従い、劉表を攻めた動機

>この命令を利用して自らの地盤を確保しようと狙っていた節が有ります。

⇒ 黄虎洞さんの上記の発言を踏まえ、当時の孫堅軍を取り巻く状況(特に兵糧の調  達状況を中心に)をまとめ、結果劉表に対し兵を挙げ自らの地盤を確保しようと  した孫堅の動機を探っていきたいと思います。

[兵糧調達状況]

・孫堅軍が董卓軍との戦争を続ける為には、自軍の兵糧の確保が必須条件
・当時の孫堅軍の補給の大半は、袁術(=南陽軍)に依存
・孫堅軍の補給の一部は、荊州からも調達(←根拠は、下記参照)

[南陽郡からの兵糧調達状況](推測)

袁術が贅沢を極めた影響により、大量の民衆を抱える南陽郡も食料に欠乏した旨 の記述が、確か袁術伝にあったと思います。
よって、南陽郡だけでは戦争を継続するだけの兵糧をまかないきれい状況になったのではないかと推測してみました。
 
[荊州からの兵糧調達状況](推測)

「陽人の戦い」の前、魯陽城出陣の際「長史公仇称に命じ荊州に還らせて軍糧を 督促させることにした。」との記述が破虜伝に見えます。と言う事は、下記@〜C何れかの兵糧調達方法があったと考える事はできないでしょうか?

@ 公仇称を長沙郡に帰し、軍糧を督促させる。(留守を守っているのは孫静?)
A 公仇称を襄陽にいる劉表の元に遣わし、軍糧を督促させる。
B 公仇称を江夏郡太守劉祥の元に遣わし、軍糧を督促させる。
C 公仇称を武陵郡太守曹寅の元に遣わし、軍糧を督促させる。

注) 当時の孫堅を取り巻く人脈・状況から推測してみました。

[孫堅の動機](推測)

・上記@〜Cの補給調達方法の何れかを、劉表により妨害または、補給拠点を奪  取された。(袁紹が派遣した予州刺史に陽人城を奪取されたように)

根拠1) 劉表が呉の人長沙郡太守蘇代を殺害(三国志劉表伝)
根拠2)「荊州牧劉表が袁術の糧道を遮断すると、袁術は軍勢を引率して陳留に進入    し、封丘に屯した。」(三国志武帝紀)

⇒ 根拠2は拡大解釈なのですが、上記の文中に()内の言葉が入ると当時の事象に立体感が出てくるのではないかと思います。

「荊州牧劉表が袁術の糧道を遮断すると、(袁術は孫堅を劉表攻撃に派遣したが、孫堅が死亡した為、朝廷の任命した金尚と共に)袁術は軍勢を引率して陳留に進入し、封丘に屯した。」

注)袁術の糧道を遮断=当時袁術軍の一部である孫堅軍の糧道を遮断
注) 前提条件:南陽郡が枯渇してしまい食料が無い状況

以上により、孫堅は軍を養っていくのに必要な兵量確保(=自らの地盤を確保)の為、袁術の命に従い劉表を攻撃したのではないかと、推察してみました。

【 最後に 】

袁術にせよ孫堅にせよ、劉表を攻めた事に対してのはっきりした大義名分が分からなかったので、当時の動向を踏まえ、袁術の命に従った孫堅の動機を推測してみました。

今までの内容で、まちがっている箇所・あきらかに勘違いしている箇所等があればご指摘頂ければ幸いです。

最後に、今回生まれて初めてネットの掲示板なるものに投稿し、「返信返ってこんかったら凹むな〜」と思っていましたが、黄虎洞さんからすぐに返事を頂きまして、すごいうれしかったです。ありがとうございました。


▼黄虎洞さん:
>孫堅が荊州の劉表を攻めた理由は、孫堅の意志と言うよりも袁術の意志です。
>当時この地方にいた人は、南陽の袁術・荊州の劉表・長沙郡太守の孫堅らですが、
>袁術も劉表も一応中央官界で名を成した名門の出です。孫堅は反董卓ほ挙兵の時、
>単独行動をとるのではなく、袁術に身を寄せて行動致します。その袁術が劉表と
>不和になり、袁術が劉表を攻めるに当たって孫堅を派遣するのです。
>因って荊州攻めは袁術の意志ですが、実態は、いささかもてあましてきた孫堅を
>劉表討伐と言う名目で追い払う意図が有ったようですし、孫堅の方もこの命令を
>利用して自らの地盤を確保しようと狙っていた節が有ります。
>要するに、袁術・孫堅それぞれの思惑が絡み合った荊州攻めですが、
>その命を下して孫堅を派遣したのは袁術です。

【1727】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について
 黄虎洞  - 2005/5/4(水) 11:06 -

引用なし
パスワード
   >【 最後に 】
>
>袁術にせよ孫堅にせよ、劉表を攻めた事に対してのはっきりした大義名分が分からなかったので、当時の動向を踏まえ、袁術の命に従った孫堅の動機を推測してみました。
>
>今までの内容で、まちがっている箇所・あきらかに勘違いしている箇所等があればご指摘頂ければ幸いです。
>

当時の状況を色々推測して自分なりの姿を描き出すのは楽しいことです。またそれが出来るのが三国志の面白さでしょう。
一応当時の状況を述べますと、反董卓軍が組織されたとは言え、内実は呉越同舟で、それぞれが、それを利用して覇権を握ろうと言う意図があります。集まった人々の中で、曹操・袁術・袁紹・劉表らは、過去に後漢王朝の中央官界に身を置いた人々です。かれらは後漢が崩壊に向かっていることは当然知っています。劉表などは、中央の混乱を避けて荊州に自ら出たひとです。因って、最初の義挙が上手く行かないと、彼等はそれぞれ自己の支配権が及ぶ州に依拠して自己勢力の安定と拡大に務めます。幽州や青州・荊州などです。この後、河北では袁紹と曹操が二大勢力となって色々争いますが、江南では劉表と袁術が対立します。袁術は袁紹とも仲違いを起こします。
当時主立った人は大概州刺史の地位を持っております。刺史であれば、その州を中心にして自己勢力の養成が可能になります。曹操が偉くなっても刺史職を手放さなかったり、劉備が後生大事に豫州刺史を持っていたのは、その州に関する限り、行政・軍事などの権限を自由に使えるからです。しかも後漢王朝から与えられた地位です。
その様な中で孫堅が帯びていたのは長沙郡太守の地位に過ぎません。袁術から将軍号を与えられますが、これは単なる便宜的な雜号将軍で、王朝から認定されたものではありません。つまり孫氏は自分の実力で地盤を確保する必要が有るのです。そのため孫策の江南平定と言う軍事行動が出てくるのです。孫權が揚州刺史を配するのは、遙か後のことです。
かような状況の中に在って、自己の生き残りと覇権を確保しようとした孫堅にとって、己の腹の内は別として、袁術の命を奇貨として劉表討伐に向かったのだろうと、愚考致します。
ただし、これも一つの推測に過ぎません。

【1732】ツリー修理完了
管理系  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2005/5/10(火) 19:03 -

引用なし
パスワード
   管理メンバーの清岡です。
[#1730]
↑5日10:30〜9日22:00の間、書き込み自体できなかったんですが、
http://www.skullysoft.com/soft/ssc-board/bbs/main/c-board.cgi?cmd=one;no=75;id=cboardfaq
↑それはこういう現象だったようです。
その二次災害がなにかでここのツリーも壊れていたのですが、修理しました。
(具体的にはここのツリーの構成データをtree1.cgiからtree2.cgiにうつしました。)
190様にはたいへんご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。

【2309】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について
教えて  190  - 2006/5/2(火) 21:38 -

引用なし
パスワード
   どなたか教えて下さい!

頭がこんがらがってしまって・・・

色々『孫堅』に関連する書物やネット上での記述を目にしますが、大体が「孫堅の死」については、初平2年or初平3年(37歳)と記載されています。

裴松之注の『英雄記』では、孫堅の死が「初平4年(193年)正月7日」と記載されていますが、この時期での孫堅の死亡がありえない確固たる理由ってあるんですか?

【2310】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について
 むじん E-MAILWEB  - 2006/5/3(水) 0:28 -

引用なし
パスワード
   こんにちは。

孫策は上表(皇帝への手紙)で「十七歳のとき頼りとする人を喪失しました」と書いています。裴松之は『三国志』討逆伝(孫策伝)の注でこう述べています。

> 『本伝』では孫堅は初平三年に卒去し、孫策は建安五年に卒去したとあり、孫策は死んだとき二十六歳だったと言っている。計算すると孫堅の死亡時、孫策は十八歳だったはずだ。それなのにこの上表では十七歳だったと言っており、符合しない。張ハンの『漢紀』および『呉歴』は、いずれも孫堅が初平二年に死んだとしているが、こちらが正しく、『本伝』が誤っているのである。

周瑜は、孫策と同い年で、建安三年のとき二十四歳だったとあるので(周瑜伝)、孫策が建安五年に二十六歳で死んだというのは正しいです。孫堅が殺されたのは、周瑜・孫策が十七歳だった初平二年のことで間違いありません。

【2315】Re:孫堅が劉表を攻めた理由について
感想  190  - 2006/5/7(日) 3:09 -

引用なし
パスワード
   早速のご回答ありがとうございます。

>周瑜は、孫策と同い年で、建安三年のとき二十四歳だったとあるので(周瑜伝)、孫策が建安五年に二十六歳で死んだというのは正しいです。孫堅が殺されたのは、周瑜・孫策が十七歳だった初平二年のことで間違いありません。

⇒周瑜・孫策が同じ年って事が動かせない以上、初平二年ですか・・・

英雄記の作者が「王粲」他と書いてあったので、荊州にいた事のある「王粲」が、孫堅の死亡時期を間違う筈はないと思ったのですが、見当外れなんですかね・・・

孫堅の死亡時期が初平4年なら、陶謙が孫策を忌み嫌っていた理由(推測)が解けそうだったんですが、残念です。

また、何かありましたらよろしくお願いします。

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
352 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
473,803
(SS)C-BOARD v3.8 is Free