三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
610 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【478】三国志の皇帝の呼び名について ポコ 2003/12/10(水) 0:58
┣ 【481】代名詞で呼ぶんでしょうね 清岡美津夫 2003/12/11(木) 18:48 多分…
┃┣ 【486】漢文はサッパリなのですが…… 白崎ゆきと 2003/12/13(土) 1:59 多分…
┃┃┗ 【509】Re:漢文はサッパリなのですが…… 清岡美津夫 2003/12/18(木) 22:18 感謝♪
┃┣ 【487】Re:代名詞で呼ぶんでしょうね むじん 2003/12/13(土) 10:52
┃┗ 【491】そうか ポコ 2003/12/14(日) 9:13
┗ 【2775】Re:三国志の皇帝の呼び名について 清岡美津夫 07/3/26(月) 23:53

【478】三国志の皇帝の呼び名について
 ポコ E-MAIL  - 2003/12/10(水) 0:58 -

引用なし
パスワード
   あの、何の本かは忘れてしまったのですが、皇帝の呼び名ありますよね。
霊帝とか、献帝とか。
あれって、その皇帝が死んだ後に、つけられる呼び名って書いてあったような気がしたんですけど、リアルタイムでは皇帝のことを呼ぶときなんて読んでいたのでしょう?
今、正史の三国志を読んでいるのですが、書いてありません。(まだ一巻の途中ですが…)

どなたか知っている方、教えていただけないでしょうか?

【481】代名詞で呼ぶんでしょうね
多分…  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/12/11(木) 18:48 -

引用なし
パスワード
   二人称は「陛下」(後漢書の傅燮伝に載っている上書とかをみると。)、三人称は「天子」(後漢書の皇甫嵩伝をみると。)になるんでしょうかね。
他にも呼び方はあるんでしょうかね。

【486】漢文はサッパリなのですが……
多分…  白崎ゆきと E-MAIL  - 2003/12/13(土) 1:59 -

引用なし
パスワード
   友人の結婚式の準備に追われたり、車で事故ったりで、
なんかすっかりご無沙汰してます。
事故は物損で保険も出たのでスムーズに和解まで行きましたが、やっぱりやるもんじゃないですねぇ

■ ポコさん
おっしゃるとおり、孝霊帝や孝献帝というのは死後に贈られた諡(おくりな)です。

最近、辮髪サイトの宣和堂さんが褒めていらしたので、
梅原郁著『皇帝政治と中国』という本を読んでいるのですが、
皇帝の諡号や廟号、年号による呼び方についてはこの本の最初で解説されていますよ。
題からも分かるように三国志の本ではありませんから興味が湧かないかもしれませんが、
分かりやすくて質の高い優れた中国史の概説書という点ではオススメです。
もしよろしければどうぞ。

それはさておき、ご質問の件ですが今上(きんじょう)だと思います。
日本も明治以降は一世一元なので、ほとんど使われない言葉になってますが、
一応今の日本語でも今上天皇(=平成天皇)という風に使うんですよ。

■ 清岡美津夫さん
> 三人称は「天子」(後漢書の皇甫嵩伝をみると。)になるんでしょうかね。
三国時代だと「皇帝=天子」という状態なんですけど、もともとは皇帝と天子は別のものなんですよ。
そんなわけで天子を今上皇帝の三人称といわれると違和感があります。細かいことですけど……。

> 他にも呼び方はあるんでしょうかね。
陛下以外では、主上や上、聖上、聖主などの言葉で今上を指してたように思います。

#山越のレスは明日にでも……。

【487】Re:代名詞で呼ぶんでしょうね
 むじん E-MAILWEB  - 2003/12/13(土) 10:52 -

引用なし
パスワード
   こんにちは。

あとは「国家」「朝廷」「至尊」などがありますね。
「陛下」は杜恕伝、「国家」は魯粛伝、「至尊」は甘寧伝にあります。

【491】そうか
 ポコ E-MAIL  - 2003/12/14(日) 9:13 -

引用なし
パスワード
   なるほど。
色々、呼び名があるみたいですね。
僕的に、陛下というのが聞きなれているので、陛下にしようかな。

返信ありがとうございました。

【509】Re:漢文はサッパリなのですが……
感謝♪  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/12/18(木) 22:18 -

引用なし
パスワード
   ▼白崎ゆきとさん:
>> 三人称は「天子」(後漢書の皇甫嵩伝をみると。)になるんでしょうかね。
>三国時代だと「皇帝=天子」という状態なんですけど、もともとは皇帝と天子は別のものなんですよ。
>そんなわけで天子を今上皇帝の三人称といわれると違和感があります。細かいことですけど……。

なるほど、「今上」ってのは初耳でした。ありがとうございます。
さっそく史書を見てみると、「今上帝」とか、でていますねー

そうですね、私も「天子」って書いたときは「皇帝=天子」じゃないしね、って心の中で、自分で自分に突っ込み入れてました(苦笑)

【2775】Re:三国志の皇帝の呼び名について
 清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2007/3/26(月) 23:53 -

引用なし
パスワード
   ▼ポコさん:
>あの、何の本かは忘れてしまったのですが、皇帝の呼び名ありますよね。
>霊帝とか、献帝とか。
>あれって、その皇帝が死んだ後に、つけられる呼び名って書いてあったような気がしたんですけど、リアルタイムでは皇帝のことを呼ぶときなんて読んでいたのでしょう?
>今、正史の三国志を読んでいるのですが、書いてありません。(まだ一巻の途中ですが…)
>
>どなたか知っている方、教えていただけないでしょうか?

軽く三年前の書き込みへのレスな上に新情報は何もないので、sageで。
今、東京大學東洋文化研究所漢籍善本全文影像資料庫にある『漢蔡中郎集六卷 嘉靖二十七年序任城楊賢刊本』収録の『独断』を見ているんですが、
http://cte.main.jp/newsch/article.php/253
その冒頭に

漢天子正號曰皇帝自稱曰朕臣民稱之曰陛下其言曰制詔史官記事曰上

とあって、臣民が皇帝を呼ぶときは「陛下」ということですね。

ついで下記のようなページを見かけました。
http://resources.emb.gov.hk/~chinjour/76/7612.htm
<sage>

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
610 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
472,726
(SS)C-BOARD v3.8 is Free