リンク:『三国志演義』研究 : そのテキスト生成に関する考察(2000年9月)

※前の記事 三国志研究会(全国版)サイト(2020年8月28日)

 2020年8月28日金曜日、前の記事で予告したように下記のサイトを知ったこと。

・三国志研究会(全国版)
http://www.3594.info/

※関連記事 第1回三国志研究会(オンライン全国版)(2020年9月5日)

※新規関連記事 第6回三国志研究会(オンライン全国版 代打)(2021年2月6日)

 そこにリンクしてあるのが、竹内真彦先生の2000年9月の「神戸大学大学院文化学研究科 / 文化構造専攻」の博士論文「『三国志演義』研究 : そのテキスト生成に関する考察」が読める「神戸大学学術成果リポジトリ」だ。同リポジトリでは2007年10月19日にこの論文が公開されたと。

・神戸大学学術成果リポジトリKernel簡易検索
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000003kernel/

※関連記事 リンク:桃園結義始末(未名 第三十六号 2018年3月)

・『三国志演義』研究 : そのテキスト生成に関する考察
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/D1002303

※関連記事 メモ:第4回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2020年2月23日)

※関連記事 リンク:秦律・漢律における殺人罪の類型 (史觀2003年3月25日)

※新規関連記事 リンク:清水市次郎出版『絵本通俗三国志』の挿絵についての考察(第42回 国際日本文学研究集会会議録2019年3月28日)


 オンライで読めるので、いつもだったら上記関連記事にあるように目次を見せるのだけど、今回はさすがに博士論文で量が多いので、割愛で。あと同著者の『最強の男:三国志を知るために』が2020年9月26日に刊行されるとのことだけど、それは実際手にとったときのために記事にするのは控えておこう。

※次の記事 マンガ/漫画/MANGA ―人文学の視点から―(2020年3月31日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5451